ジュネーブ大学の、ゲームを用いて感情、表情、生理学的反応を調査する試み

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ゲームを用いて感情、表情、生理学的反応を調査する試み

ジュネーブ大学が、ゲームを用いて人の感情、表情、生理学的反応を調査しました。

ゲームには、感情を揺れ動かすようなイベントを準備したり、報酬や動機づけに関わるような組み込みが工夫されて搭載されています。

Emotions are complex phenomena that influence our minds, bodies and behaviour. A number of studies have sought to connect given emotions, such as fear or pleasure, to specific areas of the brain, but without success. 

参照元:https://www.unige.ch/communication/communiques/en/2020/un-jeu-video-pour-comprendre-lorigine-des-emotions/
– ジュネーブ大学 Université de Genève. December 4, 2020 –

感情は、私たちの心、体、行動に影響を与える複雑な現象です。

多くの研究は、恐怖や喜びなどの与えられた感情を脳の特定の領域に結び付けようとしましたが、成功しませんでした。

いくつかの理論モデルは、感情がイベントによって引き起こされる複数の精神的プロセスの調整を通じて現れることを示唆しています。

これらのモデルには、動機付け、表現、内臓のメカニズムの同期を介して、適応した感情的反応を調整する脳が含まれます。

この仮説を調査するために、ジュネーブ大学(UNIGE)の研究チームは、機能的MRIを使用して脳活動を研究しました。

彼らは、ゲームの進行に応じてさまざまな感情を喚起するために特別に開発されたビデオゲームをプレイしている間のボランティアの感情、表情、および生理学的反応を分析しました。

PLOS Biologyは、さまざまな感情的要素が脳全体に並列に分布する複数のニューラルネットワークを動員し、それらの一時的な同期が感情的な状態を生成することを示しています。

体性感覚と運動経路は、この同期に関与する2つの領域であり、それによって、感情がイベントへの適応応答を可能にするために行動指向の機能に基づいているという考えを検証します。

ほとんどの研究では、受動的刺激を使用して感情の出現を理解しています。

通常、脳波や画像を使用して脳の反応を記録しながら、恐怖、怒り、喜び、悲しみを呼び起こす写真、ビデオ、または画像をボランティアに提示します。

目標は、各感情の特定のニューラルネットワークを特定することです。

UNIGE医学部の基礎神経科学科(NEUFO)およびスイス情動センターの博士研究員であるJoanaLeitão博士は話します。

「問題は、これらの領域が異なる感情で重なっているため、特定されていないことです。さらに、これらの画像は感情をよく表していますが、それらを呼び起こさない可能性があります。」

いくつかの神経科学理論が感情の出現をモデル化しようと試みましたが、これまで実験的に証明されたものはありません。

UNIGEの研究チームは、感情は「主観的」であるという仮説に同意しています。

同じ状況に直面した2人の個人は、異なる感情を経験する可能性があります。

Leitão博士は説明します。

「特定のイベントは、視点が異なるため、各人が同じように評価することはありません。」

コンポーネントプロセスモデル(CPM)として知られる理論モデル(CISAの引退した創設ディレクターであるクラウスシェラー教授によって考案された)では、イベントが生物に複数の応答を生成します。

これらは、認知評価(新規性または目標または規範との一致)、動機付け、生理学的プロセス(発汗または心拍数)、および表現(笑顔または叫び)の要素に関連しています。

感情的な反応を引き起こす状況では、これらの異なるコンポーネントは互いに動的に影響を及ぼします。

感情的な状態に対応するかもしれないのは彼らの一時的な同期です。

ジュネーブの神経科学者は、このモデルの適用性を評価するためにビデオゲームを考案しました。

Leitão博士は説明します。

「目的は、さまざまな形の評価に対応する感情を呼び起こすことです。参加者は、単純な画像を表示するのではなく、ビデオゲームをプレイして、評価が必要な状況に置かれ、前進して報酬を獲得できるようにします。」

ゲームは有名なパックマンに似たアーケードゲームです。

プレイヤーはコインを手に取り、「ナイスモンスター」に触れ、「ニュートラルモンスター」を無視し、「悪者」を避けてポイントを獲得し、次のレベルに進む必要があります。

このシナリオには、CPMモデルの4つのコンポーネントを異なる方法でトリガーする状況が含まれます。

同時に、研究者たちは画像を介して脳の活動を測定することができました。

頬骨の筋肉を分析することによる顔の表情; 質問による感情; 皮膚および心肺測定による生理学。

ジュネーブを拠点とする研究者は話します。

「これらのコンポーネントはすべて、脳全体に分散したさまざまな回路を含んでいます。画像データを計算モデリングと相互参照することで、これらのコンポーネントが時間の経過とともにどのように相互作用し、どの時点で同期して感情を生成するかを判断できました。」

結果はまた、大脳基底核と呼ばれる脳の深部の領域がこの同期に関与していることを示しています。

この構造は、複数の皮質領域間の収束点として知られており、各皮質領域には、特殊な感情、認知、または感覚運動のプロセスが備わっています。

他の領域には、感覚運動ネットワーク、後部島、前頭前野が含まれます。

NEUFOの准教授であり、調査の上級著者であるPatrikVuilleumier氏は結論付けます。

「体性感覚と運動ゾーンの関与は、感情を、身体がイベントへの適応反応を促進することを可能にする行動の準備メカニズムと見なす理論の仮定と一致します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » ジュネーブ大学の、ゲームを用いて感情、表情、生理学的反応を調査する試み

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -