クジラの数の減少をクジラの歌から察知

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

クジラの減少を、クジラの歌から察知

ハワイ大学がクジラの大合唱の音響レベルを調査し、音響レベルの減退がクジラの数の減少に関連している事を発見しました。

Using autonomous acoustic recorders called an “Ecological Acoustic Recorder,” researchers calculated root-mean-square sound pressure levels (RMS SPL), a metric of the average amount of acoustic energy (how loud the soundscape is) per day.

参照元:https://www.hawaii.edu/news/2020/12/18/hawaii-humpback-whale-population/
– ハワイ大学マノア校 University of Hawaii at Manoa. December 18, 2020 –

北太平洋のザトウクジラの約8,000〜12,000頭が、季節ごとにハワイ諸島の浅瀬を訪れて繁殖します。

この間、成熟した男性は「歌」と呼ばれる精巧な音響ディスプレイを生成します。

これは、12月から4月にかけて水中の周囲の音の主な発生源になります。

2015-16年に始まった異常に少ないクジラの数の報告に続いて、ハワイ大学マノア校の研究者は、ハワイ諸島ハンプバッククジラ国立海洋保護区、海洋科学研究所、ウッズホール海洋研究所と協力して、長い間記録された歌の合唱を調べました。

2014年9月から2019年5月までのクジラの個体数の代用として、マウイ島沖の6か所での期間パッシブ音響モニタリングしました。

調査結果はEndangered SpeciesResearchに掲載されました。

「EcologicalAcousticRecorder」と呼ばれる自律型音響レコーダーを使用して、研究者は1日あたりの平均音響エネルギー量(音の大きさ)の指標である二乗平均平方根音圧レベル(RMS SPL)を計算しました。

シーズン中、RMSSPLレベルはクジラの渡りパターンを反映しています。

クジラが群島周辺の海域に到着し始める11月から1月に始まり、2月と3月にピークに達し、その後、クジラが高緯度の餌場に戻り始める4月から5月に減少します。

研究者は、このパターンの全体的な違いと、年ごとのRMSSPLレベルの月平均を比較しました。

海洋生物学の博士課程の候補者であり、ハワイ海洋生物学研究所の研究助手であり、論文の筆頭著者であるアンケ・キューグラー氏は話します。

「2014-15シーズンと2017-18シーズンの間、この4年間の間に、場所に応じて、2月と3月のピーク月に全体的なコーラスレベルが-3〜-9dBの継続的な減少が見られました。2018-19シーズンにのみレベルが再び上昇し、せいぜい2015-16に達し、一部のレコーディングサイトでは2014-15レベルにさえ達しました。さらに、季節パターンに変化が見られ、ピークは初期と中期にシフトしました。 2月下旬から3月上旬まで。全体として、合唱レベルはシーズンのピーク時に大幅に低下しただけでなく、クジラも以前より早く島を出発したように見えました。」

音響エネルギーが50%以上減少しました。

水上コミュニティからの事例報告が2015-16年に最初にクジラの数が少ないことを示したとき、これは北太平洋でのエルニーニョ現象と一致しました。

研究者たちは、コーラスのレベルが2018-19年に跳ね返るようになる前に、その後の2シーズンで減少傾向が見られるとは予想していませんでした。

さらに、音響エネルギーの-6 dBの減少は、50%の減少を意味します。

これは自動的にクジラの数の半分に変換されるわけではありませんが、他の研究者はマウイ島沖の母子ペアとハワイ島沖のクジラ全体の数を視覚的に評価し、同時に同様の規模の減少が見られたことを報告しました。

キューグラー氏は話します。

「ハワイの「明確な人口セグメント」は、数十年の人口増加後の持続可能なレベルを想定して、2016年に絶滅危惧種法から除外されました。しかし、地球規模の変化に照らして、潜在的な負の変化を早期に検出し、緩和を実施し、必要に応じてハワイの海域内の保護措置を調整するために、継続的な監視が必要です。」

ザトウクジラは、社会、特に現代のハワイ文化において独特の場所を占めるカリスマ的なメガファウナと見なされています。

さらに、ホエールウォッチングはハワイの重要な経済的資源です。このように、ザトウクジラはいわゆる「象徴種」です。

彼らは、彼らや彼らが生息地を共有する他の種、そして彼らの移住地域に対する脅威や地球規模の変化の影響についての認識を高めるのを助けることによって、地域全体の生態系の大使種になる可能性を秘めています。

キューグラー氏は話します。

「ハワイ大学は1970年代から海洋哺乳類研究の世界的リーダーであり、この種の研究を行い、影響力の大きい海洋哺乳類研究の伝統を継続することで、大学は世界有数の研究大学の1つとしての地位を維持することができます。さらに、この共同プロジェクトは、UHのNOAAとの既存の長期的なつながりを強調し、強化します。NOAAとハワイ諸島ハンプバッククジラ国立海洋保護区との緊密なパートナーシップと協力のおかげで、この研究を行うことができました。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » クジラの数の減少をクジラの歌から察知

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -