下痢止め薬ロペラミドが癌細胞を死滅に追いやる

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

下痢止め薬ロペラミドが癌細胞を死滅させる効果

ゲーテ大学の研究チームは、止瀉薬でも使われることが多いロペラミドが、神経膠芽腫細胞株の細胞死を誘発するために使用できる事を発見しました。

オートファジーを引き起こすロペラミドが癌細胞を死滅させるこの研究結果は、研究者たちはさらなる研究が必要である事を述べていますが、癌治療薬に大きな手助けとなる事に大きな期待が寄せられます。

In cell culture, loperamide, a drug commonly used against diarrhoea, proves effective against glioblastoma cells. A research team at Goethe University has now unravelled the drug’s mechanisms  of action of cell death induction and – in doing so – has shown how this compound could help attack brain tumours that otherwise are difficult to treat.

参照元:https://aktuelles.uni-frankfurt.de/englisch/anti-diarrhoea-drug-drives-cancer-cells-to-cell-death/
– ゲーテ大学フランクフルト Goethe University Frankfurt.

すでに2年前にゲーテ大学小児科実験癌研究所のSjoerdvan Wijk博士が率いる研究グループは、止瀉薬ロペラミドが神経膠芽腫細胞株の細胞死を誘発するために使用できることを示す証拠を発見しました。

彼らは現在、その作用機序を解読し、そうすることで、新しい治療戦略の開発のための新しい道を開いています。

特定の種類の腫瘍細胞では、ロペラミドの投与により、体内のタンパク質合成の重要なステップに関与する細胞小器官である小胞体(ER)にストレス応答が生じます。

小胞体のストレスはその分解を引き起こし、続いて細胞の自己破壊を引き起こします。

オートファジー依存性細胞死として知られるこのメカニズムは、細胞が過剰に活性化されたオートファジーを受けるときに発生します。

通常、オートファジーは正常な代謝プロセスを調節し、損傷した細胞成分や余分な細胞成分の貴重な部分を分解してリサイクルし、栄養素が不足している場合などに細胞の生存を確保します。

ただし、特定の腫瘍細胞では、オートファジーの過剰活性化により、細胞材料が大量に破壊されるため、生存できなくなります。

vanWijk氏は話します。

「細胞株を使った私たちの実験は、オートファジーが神経膠芽腫の脳腫瘍の治療をサポートできることを示しています。膠芽腫は、子供と大人の非常に攻撃的で致命的なタイプの癌であり、化学療法に対する反応が悪いだけです。したがって、新しい治療アプローチが緊急に必要とされています。

van Wijk氏が率いる研究グループは、小胞体ストレス応答と小胞体の分解(網状貪食)を関連付ける重要な要因を特定しました。

van Wijk氏は話します。

「活性化転写因子ATF4は、小胞体ストレス中と影響下の両方で大量に産生されます。ロペラミド、それは小胞体膜の破壊、ひいては小胞体の破壊を引き起こします。」

van Wijk氏は対照の結果について説明します。

「逆に、ATF4をブロックすると、ロペラミドを添加した後に死ぬ腫瘍細胞培養の細胞ははるかに少なくなります。さらに、研究グループは、電子顕微鏡下でロペラミド処理細胞のER破片を検出することができました。ER分解、つまり網状貪食は、膠芽腫細胞の死滅に目に見えて寄与します。」

チームはまた、ロペラミドがオートファジーのみを引き起こし、胚性マウス線維芽細胞などの他の細胞では細胞死を引き起こさないことを示しました。

通常、ロペラミドは、下痢の治療薬として服用すると、腸内の特定の結合部位に結合し、腸に取り込まれないため、無害です。

ロペラミドによって誘発された神経膠芽腫細胞の死は、この重症型の癌の治療のための新しい治療アプローチの開発に役立つ可能性があります。

vanWijkは話します。

「しかし、私たちの発見はまた、神経障害や認知症、その他の種類の腫瘍など、ER分解が破壊される他の疾患の治療に刺激的な新しい可能性を開きます。ただし、ロペラミドを膠芽腫やその他の疾患の治療に実際に使用するには、さらなる研究が必要です。将来の研究では、たとえば、ロペラミドがどのように脳に輸送され、血液脳関門を通過できるかを調査する必要があります。ナノ粒子は実行可能な選択肢かもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 下痢止め薬ロペラミドが癌細胞を死滅に追いやる

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)