ストレス対処能力を高める散歩方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ストレス対処能力を高める散歩方法

筑波大学の研究チームが、より高いストレス対処能力を持っている人たちの習慣について調査しました。

20歳から60歳までの6,000人以上の日本人労働者に関するデータを使用した調査で、森林や緑地を週に1度以上散歩する人達は、ストレス対処能力に長け、回復力が早いことがわかりました。

The study used survey data on more than 6,000 Japanese workers between 20 and 60 years old. It found stronger SOC among people who regularly took walks in forests or greenspaces.

参照元:https://www.tsukuba.ac.jp/en/research-news/20210113140000.html
– 筑波大学 University of Tsukuba. Jan 13, 2021 –

仕事は非常に多くのストレスを引き起こし、それが世界的な公衆衛生問題になっています。

精神的および肉体的健康に対するストレスの影響も生産性を損ない、経済的損失をもたらす可能性があります。

新しい研究では、森林や緑地を定期的に散歩する働く人々は、より高いストレス対処能力を持っている可能性があることがわかりました。

Public Health in Practiceに掲載された研究では、筑波大学の笹原真一郎教授が率いる研究者が、労働者の「一貫性」(SOC)スコア、人口統計学的属性、および森林/緑地の歩行習慣を分析しました。

SOCは、意味(人生の意味の感覚を見つけること)、理解可能性(ストレスを認識して理解すること)、および管理性(ストレスに対処する準備ができていると感じること)の3つの要素で構成されます。

研究によると、高等教育や結婚などの要因がSOCを強化する可能性があり、喫煙と運動をしないことでSOCが弱まる可能性があります。

SOCが強い人は、ストレスに対する回復力も高くなります。

この調査では、20歳から60歳までの6,000人以上の日本人労働者に関する調査データを使用しました。

森林や緑地を定期的に散歩する人々の間で、より強いSOCが見つかりました。

笹原教授は話します。

「SOCは、ストレスを認識して対処するための精神的能力を示しています。職場のストレスを焦点とする問題として、SOCを高める日常の活動を特定することには明らかな利点があります。私たちはそれを見つけたようです。」

人々は自然に安らぎを感じ、日本のような国では、自然に簡単にアクセスできない都市の緑地の人気が高まっています。

これは、都市の多くの労働者が木々の間を簡単に散歩できることを意味します。

研究者は、森林/緑地の歩行の頻度に基づいて、調査回答者を4つのグループに分けました。

次に、歩行活動を年齢、収入、婚姻状況などの属性と比較し、回答者のSOCスコア(弱、中、強にグループ化)と比較しました。

SOCが強い人は、少なくとも週に1回は、森林と緑地の両方の歩行と有意な相関関係を示しました。

この重要な発見は、環境だけでなく社会経済的にも、都市の緑化の大きなメリットを示唆しています。

笹原教授は説明します。

「私たちの研究は、森や緑地を少なくとも週に1回散歩することで、人々のSOCを強化できることを示唆しています。森林/緑地ウォーキングは、特別な設備やトレーニングを必要としない単純な活動です。メンタルヘルスを改善し、ストレスを管理するための非常に良い習慣になる可能性があります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ストレス対処能力を高める散歩方法

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)