2000万年以上前、体長2M以上の待ち伏せ捕食型ワームが海底に居た

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

2000万年以上前、体長2M以上の待ち伏せ捕食型ワームが海底に居た

サイモンフレイザー大学の研究チームは、生痕化石より体長2メートル程の捕食性ワームが住んでいたとされる巣穴を、台湾近くの海底より発見しました。通常見つかる海底ワームの巣穴の直径は数十センチメートルで、この度の発見は新たなモデルという事になります。

Simon Fraser University researchers have found evidence that large ambush-predatory worms—some as long as two metres—roamed the ocean floor near Taiwan over 20 million years ago. The finding, published today in the journal Scientific Reports, is the result of reconstructing an unusual trace fossil that they identified as a burrow of these ancient worms.

参照元:http://www.sfu.ca/sfunews/stories/2021/01/giant-sand-worm-discovery-proves-truth-is-stranger-than-fiction.html
– サイモンフレイザー大学 Simon Fraser University. January 21, 2021 –

概要:

  • 2,000万年以上前、体長2メートル以上の待ち伏せ捕食性ワームが台湾近くの海底を歩き回った証拠を発見
  • 生痕化石は台湾沿岸近くの岩場で発見
  • 待ち伏せ型ワームの通常の生痕化石は長さが数十センチメートル程度
  • 今回発見された生痕化石は長さ2メートルかつ直径2〜3センチメートル
  • 上部の巣穴の周りに、独特の羽のような構造も発見
  • 以前に研究された生痕化石は、そのような特徴は確認されなかった
  • 台湾北東部の中新世初期(2200万〜2000万年前)に保存された319の標本を調査した
  • 生痕化石の形態モデルを構築

サイモンフレイザー大学の研究者は、2,000万年以上前に、大きな待ち伏せ捕食性ワーム(2メートルにもなるものもある)が台湾近くの海底を歩き回ったという証拠を発見しました。

ジャーナルScientificReportsに発表されたこの発見は、これらの古代のワームの巣穴として彼らが特定した異常な生痕化石を再構築した結果です。

研究の筆頭著者であるSFU地球科学博士課程の学生であるYu-YenPan氏によると、生痕化石は台湾沿岸近くの岩場で発見されました。

生痕化石は、生痕化石として知られる研究分野の一部です。

YenPan氏は話します。

「私は一見この怪物の巣穴に魅了されました。通常は長さが数十センチメートルしかない他の生痕化石と比較して、これは巨大で、長さ2メートル、直径2〜3センチメートルでした。上部の巣穴の周りの独特の羽のような構造も独特でした。以前に研究された生痕化石は、同様の特徴を示していません。」

YenPan氏とSFUEarthSciencesのShahinDashtgard教授は、これらの古代の巨大なワームPennichnusformosaeの家に名前を付けた国際チームの一員です。

YenPan氏は彼女の修士課程を修了しながら作業を開始しました。

台湾北東部の中新世初期(2200万〜2000万年前)に保存された319の標本を調査した後、この生痕化石の形態モデルが構築されました。

YenPan氏は話します。

「シャヒンは、海洋生物学者、海洋写真家、水族館の飼育係に連絡して、巣穴を生物学的類似物と比較するように勧めました。これにより、この生痕化石は巨大な待ち伏せ捕食性ワームによって生成されたという結論に達することができました。」

大きくて略奪的な現代のオニイソメは、「サンドストライカー」と呼ばれることもあり、触角で獲物を感知し、強力な顎で獲物をつかみ、巣穴に後退します。

それが穴を掘るとき、その体は穴全体を占めます。

これは、ペニクヌスで観察された長さ2メートルの穴を説明しています。

さらなる分析により、上部の巣穴の周りに高濃度の鉄が存在することが明らかになり、研究者は、ワームが粘液を分泌して、各給餌後に巣穴の壁を強化および再構築すると信じています。

現代のオニイソメの巣穴の開口部はペニクヌスのそれと似ており、海底の下で生きている獲物を後退または引っ張ると、堆積物が巣穴に崩壊したことを示唆しています。

海洋捕食性ワームは古生代初期(4億年以上前)から存在していましたが、その軟組織体は腐敗し、その存在の痕跡はほとんど残っていません。

Pennichnus formosaeは、地下の待ち伏せ捕食者によって生成された最初の既知の生痕化石であると考えられており、研究者はこの古代のサンドストライカーの行動についてさらに学ぶ貴重な機会を得ることができます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 2000万年以上前、体長2M以上の待ち伏せ捕食型ワームが海底に居た