なぜ幸福な10代の経験は、飲酒と薬物接種を遠ざけるのか

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

なぜ幸福な10代の経験は、飲酒と薬物接種を遠ざけるのか

テイラーアンドフランシスグループの研究チームは、約2,000人の米国の高校生のアンケート調査を実施しました。調査の結果、子供時代の幸せな思い出を持つ10代の若者は、飲酒量が少なく、薬物の摂取量が少なく、学習を楽しむ可能性がある事を発見しました。

The findings, based on data from nearly 2,000 US high school students, show a link between how pupils feel about the past, present and future and their classroom behavior. This in turn influences their grades and risk of substance misuse, according to the study.

参照元:https://newsroom.taylorandfrancisgroup.com/drink-and-drug-risk-is-lower-among-optimistic-pupils-with-happy-memories-says-study/
– テイラーアンドフランシスグループ Taylor & Francis Group. 25th January 2021 –

概要:

  • 研究チームは、約2,000人の米国の高校生からのアンケート調査を実施
  • 内容は、生徒が過去、現在、未来についてどのように感じているかと、教室での行動について
  • 補足:既に実証済の情報
    • 子供の頃や他の時期にバランスの取れた生活をしている10代は、飲酒や麻薬を控える傾向がある
    • そのような10代は、さらに学問的に達成する可能性が高い
    • それらの事実は、悲観的な見通しを持つ人々と比較した結果である
  • 今回の研究の目的は、薬物乱用と学習に対する行動について
  • それらが、過去、現在、未来の学生の感情によりどう影響するか
  • 研究に含まれた生徒の半分以上(53%)は女性
  • アンケート内容は、
    1. 子供時代がどれほど懐かしいか、
    2. 人生の現在の幸福レベル、
    3. そして将来の幸福をどれだけ楽しみにしているか
    4. 過去30日間の大量飲酒を含むマリファナとアルコールの習慣
    5. 平均的な学業成績
  • 研究チームは以下の要素も取り入れて分析
    • 生徒のモチベーションレベル
    • 生徒が授業にどれだけ注意を払い、耳を傾けたかなど行動
  • 過去、現在、未来に対する前向きな姿勢は、飲酒、暴飲、薬物摂取リスクが低くなる事が判明
  • 過去、現在、または将来の自分の人生について悲観的または否定的な考え方や感情を示している人は逆
  • 著者ら研究チームの主張:
    • 多くの10代の若者がオンライン学習に苦しみ、精神的に苦しみ、飲酒や麻薬に目を向けている
    • 生徒がより前向きな考え方を身につけ、学習意欲を高めて、大量飲酒やマリファナの使用を減らすのを助けるように、教師と保護者に呼びかける

査読付きジャーナルAddictionResearch&Theoryに掲載された調査によると、子供時代の幸せな思い出を持つ10代の若者は、飲酒量が少なく、薬物の摂取量が少なく、学習を楽しむ可能性があります。

約2,000人の米国の高校生からのデータに基づく調査結果は、生徒が過去、現在、未来についてどのように感じているかと、教室での行動との関連を示しています。

研究によると、これは順番に彼らのグレードと薬物乱用のリスクに影響を与えます。

Covid-19により、多くの10代の若者がオンライン学習に苦しみ、精神的に苦しみ、飲酒や麻薬に目を向けているため、今すぐ行動が必要だと著者は述べています。

彼らは、生徒がより前向きな考え方を身につけ、学習意欲を高めて、大量飲酒やマリファナの使用を減らすのを助けるように、教師と保護者に呼びかけています。

米国インディアナ州のパデュー大学のジョン・マーク・フロイランド氏は話します。

「学校はしばしば学生にとってストレスと不安の原因のように思われます。これにより、授業に参加しなかったり、成績が下がったり、薬物乱用のリスクが高まります。多くのティーンエイジャーはまた、Covid中にオンライン学習に従事していないか、関与レベルが低くなっています。しかし、教師が時間をかけて彼らとより前向きな関係を築くと、彼らは熱心な学習者になる可能性が高く、飲み物や薬を使用しない可能性が高くなります。彼らは、学習しているすべてが本当に価値があることを生徒が理解できるように支援できます。」

子供の頃や他の時期に対してバランスの取れた態度をとっているティーンエイジャーは、飲酒や麻薬を控え、学問的に達成する可能性が高いことが研究によってすでに示されています。

これは、悲観的な見通しを持つ人々と比較されます。

この研究の目的は、薬物乱用と学習に対する行動が、過去、現在、未来についての学生の感情によってどのように影響を受けるかを確立することでした。

データは、サンフランシスコベイエリアの高校の1,961人の生徒が記入した評価とアンケートに基づいています。

研究に含まれた生徒の半分以上(53%)は女性でした。

研究の著者は、子供時代にどれほど懐かしいか、人生の現在の幸福レベル、そして将来の幸福をどれだけ楽しみにしているかを評価した生徒からの反応を調べました。

彼らはまた、過去30日間の大量飲酒を含むマリファナとアルコールの習慣、および平均的な学業成績を分析しました。

彼らは、モチベーションレベルと、ティーンエイジャーがどれだけ注意を払い、耳を傾けたかなどのレッスンでの行動を分析しました。

統計的手法は、これらすべての異なる要因間の関連を評価し、アルコールとマリファナの誤用の主要な予測因子を確立するために研究者によって使用されました。

一般に、この研究では、過去、現在、未来に対する前向きな姿勢により、青少年はアルコール使用、暴飲、マリファナのリスクが低くなることがわかりました。

過去、現在、または将来の自分の人生について悲観的または否定的な考え方や感情を示している人には、逆のことが当てはまりました。

この理由は、内容と楽観的な見通しが、彼らがやる気を起こさせ、学ぶ機会に焦点を合わせて行動する可能性を高めたためです。

他の調査結果には、男子よりも行動への関与のレベルが強い女子、および大麻を使用する可能性が最も高い飲酒した学生が含まれます。

この研究では、前向きな態度、学生の関与のレベル、およびそれらの実質的な誤用の間の長期的な関係は調べられていません。

著者らは、これは将来の研究分野であると述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » なぜ幸福な10代の経験は、飲酒と薬物接種を遠ざけるのか

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)