「寝ている間に記憶を強化する」匂いを使った記憶方法

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「寝ている間に記憶を強化する」匂いを使った記憶方法

テスト勉強やプレゼンの資料、何かを記憶しなければならない、という局面は生きているといろいろとあると思います。
何度繰り返しても、全然記憶に定着しない!と、嘆く時代はもしかしたら劇的に変化するかもしれません。

A new joint study by Tel Aviv University (TAU) and Weizmann Institute of Science researchers has yielded an innovative method for bolstering memory processes in the brain during sleep.

参照元:https://www.laboratoryequipment.com/561569-New-Sleep-Method-Strengthens-Brain-s-Ability-to-Retain-Memories/

概要:

  • テルアビブ大学(TAU)とワイツマン科学研究所の共同研究
  • 研究内容は、睡眠中の脳の記憶過程を強化する方法
  • 実験参加者は、コンピュータの右側、左側に映し出された単語を記憶
  • 実験参加者はEEG(脳波測定器)をつける
  • 記憶後、単語がコンピュータの左右のどちらにあったかテスト
  • コンピュータの左にあった単語を覚える時は、脳の「右半球」の電気活動が活発であった
  • 反対も然り
  • さらにテストの後、参加者には昼寝をしてもらう
  • 昼寝中の参加者の片方の鼻腔に、薔薇の香りをかがせ続ける
  • EEGでその時の脳波の譲歩も収集し続ける
  • 昼寝中に薔薇の匂いを嗅がせた方の鼻腔の反対の脳の電気信号が活発である事を確認
  • 起床後参加者は、 再度、単語がコンピュータのどちら側にあったかテスト
  • 匂いの影響を受けた側に提示された単語をよく覚えていたという結果が出る

実験参加者は、コンピュータの右側、左側に映し出された単語を記憶するよう求められました。

記憶作業が終わった後、単語がコンピュータの左右のどちらにあったか、という内容のテストを受けます。

参加者に取り付けられたEEGは、参加者がコンピュータの左にあった単語を覚える時は、脳の「右半球」の電気活動が活発である、というエビデンスを出力します。

反対も然りです。

テストの後、参加者には昼寝をしてもらいます。

昼寝中の参加者の片方の鼻腔に、薔薇の香りをかがせ続けました。

EEGは、 その時の情報も収集し続けます。

昼寝中に薔薇の匂いを嗅がせた方の鼻腔の反対の脳、 つまり、 左の鼻の孔ならば、脳の右半球が、 右の鼻の孔ならば、脳の左半球の電気信号が活発でした。

起床後参加者は、 再度、単語がコンピュータのどちら側にあったかテストを受けました。

匂いの影響を受けた側に提示された単語を、 よく覚えていたという結果が出ました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 「寝ている間に記憶を強化する」匂いを使った記憶方法