「時間が早く過ぎる「時間圧縮」効果」バーチャルリアリティゲームプレイ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「時間が早く過ぎる「時間圧縮」効果」バーチャルリアリティゲームプレイ

バーチャルリアリティでゲームをプレイすると、時間が思ったよりも早く過ぎてしまう「時間圧縮」という効果が生じます。

Participants were asked to stop playing the game whenever they felt like five minutes had passed. Since there were no clocks available, each person had to make this estimate based on their own perception of the passage of time. 

参照元:https://news.ucsc.edu/2021/05/virtual-reality-time-compression.html
– カリフォルニア大学サンタクルーズ校 University of California – Santa Cruz. May 12, 2021 –

カリフォルニア大学サンタクルーズ校の心理学研究者らは、バーチャルリアリティでゲームをプレイすると、時間が思ったよりも早く過ぎてしまう「時間圧縮」という効果が生じることを発見しました。

当時、認知科学を専攻していたGrayson Mullen氏は、心理学教授のNicolas Davidenko氏と協力して実験を計画し、バーチャルリアリティがゲームプレイヤーの時間感覚に与える影響が、従来のモニターの場合とどのように異なるかを検証しました。

その結果は現在、学術誌「Timing & Time Perception」に掲載されています。

Mullen氏は、バーチャルリアリティと従来の方法の両方でプレイできる迷路ゲームをデザインし、研究チームはこのゲームをテストするためにカリフォルニア大学サンタクルーズ校の大学生41名を募集しました。

参加者は両方の形式でプレイし、研究者は各学生がどちらのバージョンのゲームから始めるかをランダムに決定しました。

どちらのバージョンも基本的には同じですが、迷路の内容が若干異なるため、フォーマット間での繰り返しはありません。

参加者は、5分が経過したと思ったらゲームをやめるように言われました。

時計はないので、各自が自分の時間感覚に基づいて判断することになります。

これまでのバーチャルリアリティにおける時間感覚の研究では、事後的に体験談を聞くことが多かったのですが、今回の実験では、その場で起きていることを把握するために、バーチャルリアリティ体験の中に時間を記録するタスクを組み込むことにしました。

研究チームは、各参加者がゲームをやめたときの実際の経過時間を記録したところ、参加者の時間に対する認識と現実の間にギャップがあることがわかりました。

その結果、バーチャルリアリティ版のゲームを最初にプレイした参加者は、従来のモニターで始めた学生に比べて、5分経過したと感じるまでに平均72.6秒長くプレイしていたことがわかりました。

つまり、バーチャルリアリティでは、従来のフォーマットに比べて28.5%も多くの時間をプレイしていたのです。

この時間圧縮効果は、最初にバーチャルリアリティでゲームをプレイした参加者にのみ見られました。

これは、ゲームの形式にかかわらず、参加者が1回目のプレイで見積もった時間に基づいて2回目のプレイの時間を判断したためだと考えられます。

しかし、第1ラウンドで観察された時間の圧縮が、他の種類のバーチャルリアリティ体験やより長い時間間隔に変換できるのであれば、この効果の仕組みを理解する上で大きな前進となるでしょう。

バーチャルリアリティでの時間圧縮については、実際に体験した人からの非公式な説明が多くありますが、まだ活発な研究が行われています。

特に有名な先行研究では、バーチャルリアリティによる時間圧縮を応用して、化学療法患者が感じる治療期間を短縮するというものがありますが、その実験では、バーチャルリアリティと従来のスクリーン形式を比較していません。

Mullen氏は話します。

「今回初めて、ゲームをしているということだけではなく、何を見ているかというコンテンツの問題でもないということが明確になりました。”この時間圧縮効果に貢献しているのは、従来のスクリーンではなくバーチャルリアリティであるという事実なのです。」

時間圧縮は、不快な医療行為に耐えたり、長時間のフライトで時間をつぶしたりするなど、ある状況では役に立つかもしれませんが、別の状況では有害な結果をもたらす可能性があります。

Mullen氏は話します。

「バーチャル・リアリティ・ヘッドセットがより長時間快適に装着できるようになり、より没入感のあるゲームが作られるようになっても、バーチャル・カジノのように、自分がどれだけの時間を費やしているのかわからず、ついついプレイしてしまうようなことは避けた方がいいと思います。」

ゲーム中毒に関する研究によると、ゲームプレイ中に時間を忘れてしまうと、プレイヤーの睡眠サイクルや気分に悪影響を及ぼすことがわかっています。

バーチャルリアリティではこれらの影響がより顕著になる可能性がありますが、Mullen氏によると、ゲームデザイナーは、ゲームプレイ中に一定の間隔で表示される時計を組み込むなどして、そのリスクを最小限に抑えることができるといいます。

また、バーチャルリアリティが時間の圧縮に貢献していると思われる理由を解明することも重要です。

Mullen氏は論文の中で、バーチャルリアリティの中ではプレイヤーの身体意識が希薄になることに関連した1つの可能性を述べています。

この論文の共著者でありアドバイザーでもある心理学のニコラス・ダビデンコ教授は、その理由を次のように説明しています。

「バーチャルリアリティでは、下を向いたときに、通常なら体があるはずの場所に何もないか、体の模式図が見えるかもしれませんが、それが自分の体のようには感じられないでしょう。私たちは、心拍などの体のリズムに頼って、脳が時間の経過を把握しているのではないかという説があります。バーチャルリアリティで体の感覚が鮮明でない場合、この時間管理メカニズムのパルスを見逃している可能性があります。」

今後、この理論を検証する実験を行うことで、バーチャルリアリティ技術が発展していく中で、デザイナーが時間圧縮によるメリットを最大化し、弊害を最小化するための新たな知見が得られるかもしれません。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 「時間が早く過ぎる「時間圧縮」効果」バーチャルリアリティゲームプレイ

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -