「脳回路の分離もせず共通の基盤を持つ」恐怖と不安

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「脳回路の分離もせず共通の基盤を持つ」恐怖と不安

恐怖と不安は異なるものであり、異なるきっかけで、脳の回路も厳密に分離されていると考えられています。しかしメリーランド大学の研究によると、恐怖と不安は脳内で共通の基盤を持っている事がわかりました。

However,  Shackman says their new study adds to a rapidly growing body of new evidence suggesting that this old mode is wrong. “If anything, fear and anxiety seem to be constructed in the brain using a massively overlapping set of neural building blocks,” he said. 

参照元:https://umdrightnow.umd.edu/news/umd-led-study-shows-fear-and-anxiety-share-same-bases-brain
– メリーランド大学 University of Maryland. OCTOBER 19, 2020 –

米国で最も一般的な精神疾患である「不安」は、COVID-19の大流行により、新たな高みへと押し上げられています。

米国疾病予防管理センターは、8月下旬の時点で、米国の成人の3人に1人、18~29歳の41%という驚異的な割合で、臨床的に重大な不安症状を経験していると推定しています。

このたび、UMDが主導した研究結果によると、不安の基本的な神経科学について、長年受け入れられてきた考え方が間違っていることがわかりました。

UMDの心理学准教授であるAlexander Shackman氏と、韓国・ソウルの延世大学の心理学准教授であるJuyoen Hur氏が率いる国際研究チームの報告によると、恐怖と不安は重複する脳回路を反映しているという新たな証拠が得られました。

この研究結果は、一般的な科学的説明に反しており、大きな理論的再検討の必要性を強調しています。

本研究は、Journal of Neuroscience誌に掲載されました。

UMDの神経科学・認知科学プログラムのコア・ファカルティであり、2018年にUMDのBrain and Behavior Initiativeからシード・グラント賞を受賞したシャックマン氏は話します。

「近年、脳画像研究者や臨床医は、この区別を拡張し、恐怖と不安は異なる神経ネットワークによって編成されていると主張しています。」

しかし、シャックマン氏によると、今回の研究は、この古い考え方が間違っていることを示唆する新しい証拠が急速に増えていることを示しています。

シャックマン氏は話します。

「恐怖と不安は、どちらかというと、重なり合った神経構成要素を使って脳内で構築されているようです。」

一般的な科学理論では、恐怖と不安は異なるものであり、異なるきっかけで、脳の回路も厳密に分離されていると考えられています。

恐怖は、ある危険に対する一瞬の反応であり、大脳皮質のしわくちゃな突起の下に埋もれている小さなアーモンド型の領域である扁桃体によって制御されていると考えられています。

一方、不安は、脅威が不確かな場合に生じる、不安と興奮の持続的な状態であり、隣接する末梢線条体床核(BNST)が制御していると考えられています。

しかし、シャックマン氏らは、この2つの脳領域が、特定の脅威にも不確実な脅威にも同じように敏感であることを示唆しています。

研究チームは、メリーランド・ニューロイメージング・センターの最先端のニューロイメージング技術を用いて、被験者が不快な画像や音と組み合わせた痛みを伴うショックを受けることを予測している間の神経活動をfMRIで定量化し、「メリーランド・スレット・カウントダウン」と名付けました。

この “脅威 “のタイミングは、「3、2、1…」といった従来のカウントダウン・タイマー、あるいはランダムな数字の羅列によって伝えられました。

あるいは,ランダムな数字の羅列(例:「16,21,8」)で合図した.いずれの条件においても、脅威の予測は、扁桃体やBNSTを含む、驚くほど類似した脳領域のネットワークを利用しました。

また、さまざまな条件で比較したところ、両者は統計的に区別できないほどの反応を示しました。

研究チームは、確実な脅威と不確実な脅威(=「恐怖」と「不安」)を待つ間に働く神経回路を調べました。

その結果、どちらの種類の脅威の予測でも、扁桃体やBNSTなど、脳の中核領域の共通のネットワークが使われていることが明らかになりました。

これらの結果は、米国国立精神保健研究所(National Institute of Mental Health)が、不安障害やうつ病などの一般的な精神疾患の原因となる脳回路を解明するために採用している研究領域基準(Research Domain Criteria: RDoC)に重要な疑問を投げかけています。

現在のRDoCは、「確実な脅威と不確実な脅威は、それぞれ扁桃体とBNSTを中心とした回路で処理される」という考え方を具体化したものです。

シャックマン氏は、RDoCの「厳密な分離」モデルが世紀末に収集されたデータに基づいていることを強調し、「今こそ、RDoCを更新する時です。」と語ります。

シャックマン氏は続けます。

「今こそRDoCをアップデートし、科学の現状を反映させるべきです。私たちの研究だけでなく、げっ歯類やサルを対象とした一連のメカニズム研究や、ヒトのイメージングに関する文献の新たなメタアナリシスなど、すべての研究が同じ基本的な科学的教訓に集約されています。つまり、確実な脅威と不確実な脅威は、共通の脳領域ネットワーク、コモンコアによって処理されるということです。」

RDoCの枠組みは、米国における精神医学研究のためのNIMHの戦略的計画の王冠として、研究者、製薬会社、民間の慈善団体、海外の資金提供機関など、生物医学の幅広い関係者に影響を与えています。

シャックマン氏は、RDoCが、米国内外における恐怖や不安に関する研究の設計、解釈、査読、資金提供のあり方に多大な影響を与えていると指摘します。

シャックマン氏は話します。

「不安障害は、世界の公衆衛生や経済に大きな負担をかけており、その数は増加の一途をたどっています。本研究のような研究が、より優れた情動モデルの構築に役立ち、最終的には、衰弱した不安やうつ病と闘う世界中の何百万人もの子供や大人のために、より効果的な介入戦略の開発を早めることができると期待しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 「脳回路の分離もせず共通の基盤を持つ」恐怖と不安