チョコレート摂取による体重増減の鍵を握るのは「摂取する時間帯」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

チョコレート摂取による体重増減の鍵を握るのは「摂取する時間帯」

閉経後の女性は、朝の時間帯にチョコレートを大量に摂取すると、脂肪が燃焼し、血糖値が下がるようです。

Eating chocolate in the morning or in the evening can influence hunger and appetite, microbiota composition, sleep and more;

参照元:https://www.brighamandwomens.org/about-bwh/newsroom/research-briefs-detail?id=3926
– Brigham and Women’s Hospital June 27, 2021 –

閉経後の女性を対象とした新しい研究によると、朝の限られた時間帯にチョコレートを集中的に食べることで、体の脂肪を燃焼し、血糖値を下げる効果があることがわかりました。

ブリガム大学の研究者は、1日のさまざまな時間帯にミルクチョコレートを食べることの効果を調べるために、スペインのムルシア大学の研究者と共同研究を行いました。

閉経後の女性19名を対象に、朝(起床後1時間以内)と夜(就寝前1時間以内)に100gのチョコレートを摂取するという無作為化比較クロスオーバー試験を実施しました。

チョコレートを摂取しない場合と比較して、体重増加やその他の様々な指標を比較しました。

  • 朝または夜にチョコレートを摂取しても、体重増加にはつながりませんでした。
  • 朝または夜にチョコレートを食べると、空腹感や食欲、マイクロバイオータの構成、睡眠などに影響を与えることがわかりました。
  • 朝の時間帯にチョコレートを大量に摂取すると、脂肪を燃焼させ、血糖値を下げる。
  • 夕方/夜のチョコレートは、翌朝の安静時および運動時の代謝を変化させる。

Scheer博士とGaraulet博士は、The FASEB Journalに掲載された新しい論文の共同レスポンディング・オーサーを務めています。

Scheer博士は話します。

「今回の研究成果は、何を食べるかだけでなく、いつ食べるかが、体重調節に関わる生理的メカニズムに影響を与えることを明らかにしました。」

Garaulet博士は話します。

「今回の実験では、摂取カロリーを増やしても体重は増えませんでした。この結果は、チョコレートが自由摂取エネルギーを減少させることを示しており、これまでの研究で観察された空腹感、食欲、甘いものを食べたいという欲求の減少と一致しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » チョコレート摂取による体重増減の鍵を握るのは「摂取する時間帯」

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -