ラグビーは「脳構造の変化に関連している可能性が高い」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ラグビーは「脳構造の変化に関連している可能性が高い」

ラグビーをすることは脳構造の変化と関連している可能性があるようです。

The results revealed that 23 percent of all of the rugby players showed abnormalities to their cell axons (the ‘wires’ of brain cells), or small tears in blood vessels.

参照元:https://www.imperial.ac.uk/news/227013/professional-rugby-associated-with-changes-brain/
– インペリアル・カレッジ・ロンドン Imperial College London. 22 July 2021 –

成人のエリートラグビーへの参加は、脳の構造の変化と関連している可能性があります。

これは、44人のエリートラグビー選手を対象とした研究で得られた知見であり、その約半数がプレー中に軽度の頭部外傷を負ったばかりでした。

この研究は、Drake Rugby Biomarker Studyの一環として、インペリアル・カレッジ・ロンドンが主導して行われたもので、Brain Communications誌に掲載されました。

研究の結果、かなりの割合のラグビー選手に、白質の異常の兆候が見られたことに加え、白質の体積が時間とともに異常に変化していることがわかりました。

白質は、脳の「配線」であり、脳細胞同士のコミュニケーションを助ける役割を果たしています。

研究チームは、プロラグビーが脳の健康に及ぼす長期的な影響については、今後さらに調査が必要だとしています。

インペリアル大学脳科学部の上級著者であるデビッド・シャープ教授は話します。

「頭部外傷の発生率が比較的高く、予防への関心が高まっているにもかかわらず、ラグビーの参加が長期的に及ぼす影響を調査した研究はほとんどありません。スポーツによる頭部損傷が脳に及ぼす影響をより客観的に測定し、個々の選手の評価や管理に役立てる必要があります。」

「最新の磁気共鳴画像を用いた我々の研究では、プロのラグビー選手が参加すると、従来の脳スキャンでは見落とされていた脳の構造的変化が生じることが示唆されています。現段階では、これらの変化が長期的な臨床的影響を与えるかどうかは明らかではありません。ラグビーのキャリアで繰り返される頭部損傷の長期的な影響を理解し、個人のリスクをより正確に評価する方法を提供するためには、さらなる研究が必要です。」

この研究は、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンとの共同研究で、ドレイク財団が資金を提供して開始しました。

ドレイク財団は、この先駆的な研究のために学術界とスポーツ界を結びつけ、さらに、国立衛生研究所インペリアル・バイオメディカル・リサーチ・センター、英国認知症研究所、ラグビーフットボール協会からも支援を受けています。

ドレイク財団のCEOであるローレン・プリング氏は話します。

「ドレイク財団は、この重要な研究へのRFU、ラグビークラブ、研究チームの支援に感謝します。現在のところ、これらの脳構造の異常がもたらす長期的な影響は不明であり、さらなる研究が必要です。しかし、さまざまなスポーツにおける既存の証拠や、ラグビー選手が40代で脳疾患と診断された最近の事例と合わせて考えると、選手の長期的な脳の健康に関して懸念すべきことが浮かび上がってきます。」

2017年7月から2019年9月にかけて行われた本研究では、41人の男性選手と3人の女性選手を評価しました。

全員がMRIと呼ばれる一種の脳スキャンを受け、その後、約半数が1年後に2回目のMRIスキャンを受けました。

この研究では、帯磁率重み付け画像と拡散テンソル画像と呼ばれる2つの高度なMRIを使用しました。

これにより、血管や白質の構造を見ることができました。

この研究は、プロのラグビー選手のMRI画像の長期的な変化を評価した初めての試みです。

ラグビー選手は、衝突を伴わないスポーツの選手や、選手ではない個人と比較されました。

ラグビー選手グループのうち21人は、軽度外傷性脳損傷と呼ばれる軽度の頭部外傷を負った直後に評価されました。

英国のプロラグビーユニオンでは、脳震盪を引き起こすことが多いこの種の頭部外傷は、試合中に報告される最も一般的な外傷で、5人に1人がこの外傷を負っています。

科学者たちは、脳スキャンを分析して脳の白質の変化を調べ、それを衝突しないスポーツの選手と非選手とで比較しました。

その結果、ラグビー選手の23%に、細胞軸索(脳細胞の「配線」)の異常や、血管の小さな裂け目が見られました。

これらの裂け目は、微小出血と呼ばれる脳内の小さな水漏れの原因となります。

これらの変化は、最近頭を打ったことのある選手にもない選手にも見られました。

さらに、ラグビー選手全体の白質体積に予想外の変化が見られたことも、今回のスキャンで明らかになりました。

この変化は、これらの異常が脳の結合に及ぼす長期的な影響を示している可能性があります。

しかし、このような脳構造の変化の意味を理解するには、さらなる研究が必要です。

また、研究チームは、選手たちに記憶力テストなどの評価を行ってもらい、脳機能を分析しました。

その結果、脳の構造に異常のある選手は、異常のない選手に比べて成績が悪くないことがわかりました。

研究チームは、脳の健康への長期的な影響を調べるには、長期的な研究が必要だと付け加えています。

また、脳の健康への影響を評価する際には、スポーツ参加による他の健康効果も考慮する必要があると付け加えています。

本研究の主執筆者であるインペリアル大学脳科学部のKarl Zimmerman氏は話します。

「エリートラグビーの参加に伴う脳の変化が個人レベルでどのような意味を持つのかは不明ですが、一部の選手の脳にこのような変化が見られるのは明らかに気になります。ただし、成人のプロラグビーユニオンやリーグの選手を対象とした今回の結果は、地域やユースレベルでプレーする選手とは直接比較できないことに留意する必要があります。」

「スポーツや運動に参加することで、死亡率や認知症などの慢性疾患が減少するなど、総合的な健康効果が得られることはよく知られています。今後は、現役および引退したラグビー選手を対象とした長期的な研究を行い、参加が長期的な脳の健康に与える影響を調べる必要があります。」

ラグビーフットボール協会(RFU)のメディカルサービスディレクターであるサイモン・ケンプ博士は話します。

「RFUは、選手の福祉を継続的に向上させるために、頭部への衝撃や脳震盪の短期、中期、長期的な影響についての理解を深めることに全力で取り組んでいます。私たちは、知識の向上に役立つ研究を歓迎しています。そのため、ドレイク財団ラグビーバイオマーカー研究の開始時から、特に選手のリクルートを促進するために、学術機関と積極的に協力してきました。」

「この研究では、これらの高度な画像技術で見られる脳の変化について、個々の長期的な影響がどのようなものであるかは不明ですが、これをさらに調査することは明らかに優先事項です。さらに理解を深めるために、RFUはプレミアシップ・ラグビーや独立した専門家と協力して、30~55歳の引退した男女のエリートラグビー選手の脳の健康状態を個別に評価し、管理するための専門的な臨床サービスを提供します。統合研究プログラムでは、エリートラグビーに参加したことのある人の脳の問題のリスク、原因、評価、管理について検討します」。

本研究は、UCLクイーン・スクエア神経学研究所の臨床・運動神経科学部門のUCL研究者であるエティエンヌ・ラバース博士とヒュー・モリス教授との共同研究で行われました。

Huw Morris教授は話します。

「頭部外傷のメカニズムとその結果、そして選手の評価に最適なアプローチについては、まだまだ学ぶべきことがあります。今回のインペリアルとUCLの共同研究では、ロンドン中の脳科学の専門家が集まりました。ドレイク財団は、英国におけるこの分野の研究の先駆者であり、この研究を実施するにあたり、財団、選手、医療チーム、クラブ、RFUの支援に大変感謝しています。この研究と、長期的な影響を理解することで、最終的にコンタクトスポーツの安全性が向上することを期待しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ラグビーは「脳構造の変化に関連している可能性が高い」

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -