「想定より低い」青銅器時代(BC3900 – 1000年頃)の遊牧民の機動力

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「想定より低い」青銅器時代(BC3900 – 1000年頃)の遊牧民の機動力

移動を生業に生計を立てる遊牧民の機動力は、想定していたよりもずっと低かったようです。

Bronze Age pastoralists in what is now southern Russia apparently covered shorter distances than previously thought. It is believed that the Indo-European languages may have originated from this region, and these findings raise new questions about how technical and agricultural innovations spread to Europe. An international research team, with the participation of the University of Basel, has published a paper on this topic.

参照元:https://www.unibas.ch/en/News-Events/News/Uni-Research/Bronze-Age-herders-were-less-mobile-than-previously-thought.html

青銅器時代(BC3900 – 1000年頃)インド・ゲルマン民族の先祖と推察される遊牧民とその家族は、コーカサスの斜面と北の草原を横切って移動し、羊や山羊、牛を伴っていたと推察されます。

インド語族とワゴン・国産馬や金属兵器などは、インド・ゲルマン民族がもたらしたと考えられています。

技術移転は、これら遊牧民の長距離移動と、貿易接触に基づいており中東とヨーロッパを結びつけていると考えられていました。

研究チームは、遊牧民が本当に長距離移動したのかという調査に乗り出します。

そのため、青銅器時代の社会の食事を再現・再構築しました。

それらは、コーカサスの高原と、北に隣接する草原にある古墳と、平らな墓地からの骨格遺物に基づき分析しました。

研究チームは、8つの場所から採取した150人の骨格遺骨から、骨コラーゲン中の炭素と水素の同位体組成を分析しました。これら遺物は5000 – 500年ほどの間のものです。

研究チームは、150人の遺骨の同位体組成のデータと、50匹の動物の骨コラーゲンの同位体比および、当時の地元の植生と比較しました。

通常、骨コラーゲンの同位体比は、人が食べる主な食事の同位体比を反映するためです。

結果、彼らの食は遺体が見つかった土地に基づいていたものがほとんどでした。


共著者のサンドラ・ピピラーは説明します。

「コミュニティは、明らかにそれぞれの生態学的領域にとどまり、草原、森林草原、またはそれ以上の地域を切り替えませんでした。」

青銅器の終わりまで、彼らの食事は栽培された穀物に基づいていたそうです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » 「想定より低い」青銅器時代(BC3900 – 1000年頃)の遊牧民の機動力