芸術的な認知能力を持っていた「ネアンデルタール人の遺跡から装飾」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

芸術的な認知能力を持っていた「ネアンデルタール人の遺跡から装飾」

ネアンデルタール人は芸術的な認知能力を持っていた可能性があります。

The researchers conclude that, in fact, Neanderthals, genetically the closest relative to modern humans, had remarkable cognitive abilities.

参照元:https://www.uni-goettingen.de/en/3240.html?id=6325
– ゲッティンゲン大学 University of Göttingen. 05.07.2021 –

19世紀に初めて化石が発見されて以来、ネアンデルタール人のイメージは原始的なヒト科の動物というものでした。

ネアンデルタール人が道具や武器を効率的に作ることができることは、以前から知られていました。

しかし、ネアンデルタール人は、装飾品や宝石、さらには芸術品も作ることができたのでしょうか?

ゲッティンゲン大学とニーダーザクセン州遺産局が率いる研究チームは、ハルツ山地のユニコーン洞窟(Einhornhöhle)から出土した新しい遺物を分析しました。

その結果、遺伝的に現生人類に最も近い親戚であるネアンデルタール人には、実は驚くべき認知能力があったと結論付けました。

この研究結果は、『Nature Ecology and Evolution』誌に掲載されました。

科学者たちは、ウニコルヌ・フォサイル協会と協力して、2019年からハルツ山地のウニコルヌ洞窟で新たな発掘を行ってきました。

彼らは初めて、洞窟の廃墟となった入り口部分で、ネアンデルタール人時代の文化的な遺物の保存状態の良い層を発見することに成功しました。

狩りで保存された遺物の中で、目立たない足の骨がセンセーショナルな発見となりました。

骨に付着していた土を取り除くと、6つの切り込みが角張っていることがわかりました。

発掘リーダーであるニーダーザクセン州遺産局のディルク・レーダー博士は話します。

「すぐに、これは動物を屠殺したときにできたものではなく、明らかに装飾的なものだとわかりました。」

この彫刻された切り込みは、ゲッティンゲン大学の木材生物学・木材製品学科で3D顕微鏡を使って分析することができました。

科学的に比較するために、チームは現在の牛の足の骨で実験を行いました。

その結果、柔らかくなった骨の表面に石器で模様を彫るためには、まず骨を煮る必要があり、その作業には約1.5時間かかることがわかりました。

発見された小さな古代の足の骨は、オオジカ(Megaloceros giganteus)のものであることが判明した。

このプロジェクトに関わっているブラウンシュヴァイク工科大学のアンティエ・シュヴァルブ教授は話します。

「ネアンデルタール人が、巨大な角を持つ印象的な動物の骨を彫刻に選んだのは、おそらく偶然ではないでしょう。」

キール大学ライプニッツ研究所のチームは、放射性炭素年代測定技術を用いて、この彫刻された骨の年代を5万1千年以上とした。

ネアンデルタール人が彫ったであろう物体の直接の年代測定に成功したのは、これが初めてのことです。

これまでフランスでは、最後のネアンデルタール人がいた時代の装飾品がいくつか知られていました。

しかし、これらの出土品は約4万年前のもので、この頃にはすでにヨーロッパの一部に広まっていたため、解剖学的に現代人が作ったペンダントのコピーではないかと考えられています。

バーデン・ヴュルテンベルク州のシュヴァーベン・アルブにある現代人の洞窟遺跡からは、装飾品や小さな象牙の彫刻が残されており、これらもほぼ同じ時期に発見されました。

プロジェクトリーダーであるゲッティンゲン大学先史学・古代史学部のトーマス・ターバーガー教授とニーダーザクセン州遺産局は話します。

「ユニコーン洞窟からの新発見がこれほど昔のものであるということは、ネアンデルタール人が、現生人類がヨーロッパに到着する数千年前に、すでに独自に骨に模様を描き、おそらく記号を使ってコミュニケーションをとることができたことを示しています。つまり、ネアンデルタール人の創造的な才能は、独自に発展したに違いないのです。ユニコーン洞窟から出土した骨は、ニーダーザクセン州最古の装飾品であり、中央ヨーロッパにおけるネアンデルタール人時代の最も重要な出土品のひとつです。」

ニーダーザクセン州のビョルン・テュムラー科学大臣は話します。

「ニーダーザクセン州の考古学者は、常に歴史書を書き換えるような発見をしています。今回、ユニコーン洞窟の研究により、ネアンデルタール人が現代人の到来以前から精巧なデザインを制作していたことが明らかになりました。先史時代のイメージを一変させる重要な新発見です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » 芸術的な認知能力を持っていた「ネアンデルタール人の遺跡から装飾」

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -