マチュピチュが高所にある「合理的な」理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

マチュピチュが高所にある「合理的な」理由

アンデス山脈のウルバンバ谷の麓にある、15世紀のインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」は、標高2430mの場所にあり「空中庭園」の通り名で有名です。マチュピチュ含むインカ帝国の都市は高所にあり、また、その都市が「X」字にクロスしたような構成だったり、「/」字に縦断されたような構成になっているのかずっと謎のままでした。

Using a combination of satellite imagery and field measurements, Menegat mapped a dense web of intersecting fractures and faults beneath the UNESCO World Heritage Site. His analysis indicates these features vary widely in scale, from tiny fractures visible in individual stones to major, 175-kilometer-long lineaments that control the orientation of some of the region’s river valleys.

参照元:https://www.geosociety.org/GSA/News/pr/2019/19-38.aspx

マチュピチュの古代インカの聖域は、別名「空中庭園」とも呼ばれとても有名です。

インカ帝国自体は、1533年にスペインによる侵略で滅亡してしまいました。

が、インカ含むアンデス文明は文字を持たないので、なぜマチュピチュ等の都市があのような高所に建設されたかは謎に包まれたままでした。

ブラジルのリオグランデドスル連邦大学の地質学者であるRualdo Menegat氏が、インカが意図的にマチュピチュを建設したことを示唆する詳細な地質考古学的分析の結果を発表しました。

マチュピチュは、いくつかの都市と同様に地殻変動が発生する場所にあります。

調査によると、その答えは建築物の下にある地質学的断層に関連している可能性があります。

Rualdo Menegat氏は言います。

「マチュピチュの聖域がある場所は偶然ではありません。基質が破壊されなければ、高山にそのような場所を建設することは不可能でしょう。」

Menegat氏は、衛星画像と現場測定の組み合わせを使用して、ユネスコ世界遺産の下で交差する割れ目と断層の細かい網をマッピングしました。

Rualdo Menegat氏の分析によると、個々の石に見られるような小さな割れ目からこの地域のいくつかの川の谷の方向を制御する長さ175 kmの主要なリニアメントまで、規模が大きく異なります。

Menegat氏は、これらの断層と破壊が、いくつかのセットで発生することを発見しました。

そのうちのいくつかは、過去800万年の間に中央アンデス山脈の隆起に関与した主要な断層帯に対応していました。

これらの断層のいくつかは北東-南西の方向に向いており、他の断層は北西-南東の方向にに向いているため、マチュピチュの下で交差する場所で集合的に「X」字型を作成します。

Menegat氏のマッピングは、聖域の都市部門と周辺の農地と個々の建物と階段、これらすべてのが主要な断層の傾向に沿って方向付けられていることを示しています。

Menegat氏は説明します。

「レイアウトは、建設物の下にある骨折マトリクスを明確に反映しています。オリャンタイタンボ、ピサック、クスコを含む他の古代インカの都市も、断層の交差点に位置しています。それぞれが、建設物の地質学的断層の主な方向を正確に表しています。」

Menegat氏の結果は、建設物の下層にある断層とネットワークが、伝説的な石細工と同じようにマチュピチュの建設に不可欠であることを示しています。

このモルタルのない石積みは、石が完全に組み合わされています。

Menegat氏は説明します。

「マスターストーンワーカーとして、インカは断層帯の豊富な建築材料を利用しました。そこでの激しい破砕は、岩をこれらの同じ弱点の平面に沿って壊す傾向があり、それはそれらを彫るのに必要なエネルギーを大幅に減らしました。」

Menegat氏によれば、個々の石の成形を支援することに加えて、マチュピチュの断層ネットワークはインカの他の利点をしようした可能性があります。

中でも最も重要なのは水源でした。

Menegat氏は説明します。

「この地域の構造断層は、雪解け水と雨水を直接現場に運びます。このような高所に聖域を建設するということは、この高山環境では、般的な一番危険である雪崩や地滑りから建設物を隔離するという利点もあります。」

マチュピチュの根底にある断層と割れ目も、この地域で蔓延している激しい暴風雨の際にサイトを排水するのに役立ちました。

Menegat氏は説明します。

「聖域を建設するための努力の約3分の2は、地下排水路の建設に関係していました。既存の骨折マトリクスはこのプロセスを助け、その保存方法を説明するのに役立ちました。マチュピチュは、インカ文明が砕けた岩の帝国であったことをはっきりと示しています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » マチュピチュが高所にある「合理的な」理由