「早死にリスクが50%以上減少」1日に7000歩以上歩く驚愕の効果

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「早死にリスクが50%以上減少」1日に7000歩以上歩く驚愕の効果

一日の歩数が増えると、全く歩かない中高年者と比べて全死因の早死にリスクが半分以下になるようです。
研究チームの解析した情報によると、1日10000歩以上はリスク低減は横ばいだったようです。

Walking at least 7,000 steps a day reduced middle-aged people’s risk of premature death from all causes by 50% to 70%, compared to that of other middle-aged people who took fewer daily steps.

参照元:https://www.umass.edu/news/article/steps-day-matter-middle-age-not-many-you-may-think
– マサチューセッツ大学アマースト校 University of Massachusetts Amherst. September 8, 2021 –

1日に7,000歩以上歩くと、1日の歩数が少ない他の中高年者と比べて、全死因による早死にのリスクが50~70%減少しました。

マサチューセッツ大学アマースト校の身体活動疫学者である筆頭著者Amanda Paluchは、1日10,000歩以上歩いても、あるいはもっと速く歩いても、それ以上のリスクの減少は見られなかったと述べています。

JAMA Network Open誌に掲載された今回の研究結果は、ウォーキングのような健康と長寿に役立つ簡単で身近な身体活動について、エビデンスに基づくガイドラインを策定するための取り組みの進展を示すものです。

よく言われる「1日1万歩」は、科学的に確立されたガイドラインではなく、数十年前に日本の歩数計のマーケティングキャンペーンの一環として生まれたものだと、公衆衛生・健康科学部のPaluch助教授(運動学)は言います。

Paluch助教授らが始めてみたかったのは、ひとつの疑問でした。

健康のためには、1日にどれくらいの歩数が必要なのでしょうか?

Paluch助教授は話します。

「これは、公衆衛生上のメッセージや、臨床医と患者のコミュニケーションのために、とても重要なことです。」

研究者たちは、1985年に開始され、現在も継続中のCARDIA(Coronary Artery Risk Development in Young Adults)研究のデータを利用しました。

38歳から50歳までの約2,100人の参加者は、2005年または2006年に加速度計を装着しました。

その後、約11年間にわたって追跡調査が行われ、2020年と2021年に結果データの解析が行われました。

参加者は、歩数が少ない(1日あたり7,000歩以下)、中程度(7,000~9,999歩)、多い(10,000歩以上)という3つの比較グループに分けられました。

Paluch助教授は話します。

「歩数が増えれば増えるほど、死亡率のリスクが徐々に減少することがわかります。7,000歩から10,000歩の間では、かなりの健康効果が見られましたが、10,000歩を超えてもさらなる効果は見られませんでした。」

「4,000歩の人は、5,000歩になることに意味があります。そして、5,000歩から6,000歩になると、約10,000歩までは全死亡率のリスクが増加的に減少します。」

今回の研究では、いくつかの特徴があり、特に興味深い情報となっています。

まず、これまでの歩数調査は高齢者を対象としたものが多かったのですが、本研究では中高年を対象としていることです。

この研究結果は、人々がより長く健康を維持し、参加者の一部が経験したような早死にを避けるための方法を示唆し始めることができます。

Paluch助教授は話します。

「平均寿命までに死亡することを防ぐことは、とても重要なことです」とPaluchは言う。「1日の歩数が早死にと関連する可能性を示したことは、この分野への新たな貢献です。」

今回の研究では、男性と女性、黒人と白人が同数ずつ参加しています。

1日に7,000歩以上歩いている人の死亡率は、座りがちな人に比べて、女性と黒人で最も低かった。

しかし、死亡した人のサンプルが限られていたため、統計的に有意な性差や人種差を測定するには、より多くの多様な集団を研究する必要があるとPaluch氏は注意を促しています。

Paluch助教授は、1日の歩数が健康に与える影響や、ウォーキングがさまざまなライフステージでどのような効果をもたらすかについて、今後も研究を続けていきたいと考えています。

Paluch助教授は話します。

「今回は、全死亡という1つの結果だけを調べました。興味のある結果によって、関連性は違って見えるかもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「早死にリスクが50%以上減少」1日に7000歩以上歩く驚愕の効果

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)