ストレスホルモンが多い成人は「血圧は正常なのに心血管疾患に罹患しやすい」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ストレスホルモンが多い成人は「血圧は正常なのに心血管疾患に罹患しやすい」

血圧とストレスホルモンの量の関連について研究が行われました。
血圧は正常ですがストレスホルモンの多い成人は高血圧になりやすく心血管疾患になりやすいようです。

Adults with normal blood pressure and high levels of stress hormones were more likely to develop high blood pressure and experience cardiovascular events compared to those who had lower stress hormone levels,

参照元:https://newsroom.heart.org/news/elevated-stress-hormones-linked-to-higher-risk-of-high-blood-pressure-and-heart-events?preview=dafe
– 米国心臓協会 American Heart Association. September 13, 2021 –

血圧が正常でストレスホルモン濃度が高い成人は、ストレスホルモン濃度が低い成人と比較して、高血圧を発症し、心血管イベントを経験する可能性が高いことが、米国心臓協会誌「Hypertension」に本日掲載された新しい研究で明らかになりました。

これまでの研究で、日常的なストレス要因への累積的な曝露や外傷性ストレスへの曝露が、心血管疾患のリスクを高めることが明らかになっています。

また、「心と体のつながり」に関する研究も増えており、人の心が心血管の健康、心血管リスク因子、心血管疾患イベントのリスク、さらには長期的な心血管予後にプラスまたはマイナスの影響を与えることが示唆されています。

本研究の著者である京都大学の井上康介助教授(社会疫学)は話します。

「ストレスホルモン “であるノルエピネフリン、エピネフリン、ドーパミン、コルチゾールは、ライフイベント、仕事、人間関係、経済状況などのストレスによって増加します。ストレスは、高血圧や心血管イベントのリスクに寄与する重要な要因であることが確認されました。」

井上助教は、京都大学の社会疫学助教授であり、カリフォルニア大学ロサンゼルス校フィールディング公衆衛生大学院の疫学部門にも所属しています。

井上助教は続けます。

「これまでの研究では、既存の高血圧患者におけるストレスホルモンレベルと高血圧または心血管イベントとの関係に焦点が当てられていました。しかし、高血圧症ではない成人を対象とした研究は不足していました。」

「一般の成人に対するストレスの影響を調べることは、高血圧やCVDイベントを予防するためにストレスホルモンの定期的な測定を検討する必要があるかどうかについての新たな情報を提供する意味でも重要です。」

研究対象者は、米国の6つの地域社会の6,000人以上の男女を対象とした動脈硬化の危険因子に関する大規模な研究であるMulti-Ethnic Study of Atherosclerosis(MESA)のサブスタディであるMESAストレス1試験に参加しました。

MESA試験3および4(2004年7月~2006年10月に実施)の一環として、ニューヨークおよびロサンゼルスの施設から血圧が正常な白人、黒人、ヒスパニック系の参加者を募り、サブスタディ「MESAストレス1」を実施しました。

このサブスタディでは、ストレスに反応するホルモンであるノルエピネフリン、エピネフリン、ドーパミン、コルチゾールの濃度を分析しました。

ホルモンレベルは、12時間の夜間尿検査で測定されました。

このサブスタディには、48歳から87歳までの成人412人が参加しました。

約半数が女性で、54%がヒスパニック系、22%が黒人、24%が白人であった。

参加者はさらに3回(2005年9月から2018年6月の間)、高血圧の発症や、胸痛、動脈開通手術の必要性、心臓発作や脳卒中などの心血管イベントについて追跡調査されました。

ノルエピネフリン、エピネフリン、ドーパミンは、カテコールアミンと呼ばれる分子で、心拍数、血圧、呼吸などの不随意の身体機能を調節する自律神経系の安定性を維持します。

コルチゾールは、ストレスを感じたときに分泌されるステロイドホルモンで、ストレス反応を調整する視床下部-下垂体-副腎軸によって制御されています。

井上助教は話します。

「これらのホルモンはすべて副腎で産生されますが、循環器系に影響を与える役割やメカニズムが異なるため、高血圧や心血管イベントとの関係を個別に検討することが重要です。」

ストレスホルモンとアテローム性動脈硬化症の発症との関係を分析した結果、次のことがわかりました。

中央値6.5年の追跡期間中、4種類のストレスホルモンの濃度が2倍になるたびに、高血圧の発症リスクが21~31%増加しました。
中央値で11.2年の追跡期間中、コルチゾールレベルが2倍になるたびに、心血管イベントのリスクが90%増加した。心血管イベントとカテコールアミンとの間には関連性はありませんでした。

井上助教は話します。

「心理社会的ストレスは個人的なものであり、その影響は個人ごとに異なるため、研究するのは困難です。今回の研究では、尿検査という非侵襲的な方法を用いて、このようなストレスが、高血圧や心血管イベントを予防するために追加のスクリーニングが必要な人を特定するのに役立つかどうかを調べました。」

「次の重要な研究課題は、ストレスホルモンの検査を増やすことが役立つかどうか、またどのような集団において役立つかということです。現在、ストレスホルモンの測定は、原因不明の高血圧やその他の関連疾患が疑われる場合にのみ行われています。しかし、追加のスクリーニングが高血圧や心血管イベントの予防に役立つのであれば、これらのホルモンレベルをより頻繁に測定したいと思うかもしれません。」

この研究の限界は、研究開始時に高血圧症であった人が含まれていないことであり、これにより研究集団はより大きくなったと思われます。

また、尿検査のみでストレスホルモンを測定しており、他のストレスホルモン測定用の検査を行っていないことも限界です。

共著者は、Tamara Horwich医学博士、Roshni Bhatnagar医学博士、Karan Bhatt医学博士、Deena Goldwater医学博士、Teresa Seeman医学博士、Karol E. Watson医学博士です。

本研究は、米国国立衛生研究所の心臓・肺・血液研究所、米国国立衛生研究所のBarbara Streisand UCLA Women’s Health Program、UCLAのToffler Award、Honjo International Foundation Scholarshipから資金提供を受けて実施されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » ストレスホルモンが多い成人は「血圧は正常なのに心血管疾患に罹患しやすい」