「抗生物質関連の下痢を防ぐ」プロバイオティクスBB-12

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「抗生物質関連の下痢を防ぐ」プロバイオティクスBB-12

プロバイオティクスヨーグルトを食すと、抗生物質投与で変化する腸内細菌叢の有害な作用から保護されるようです。
研究者はプロバイオティクスBB-12が抗生物質関連の下痢を防ぐメカニズムについて話します。

Eating yogurt containing a particular strain of a well-studied probiotic appears to protect against harmful changes in the gut microbiome that are associated with antibiotic administration.

参照元:https://www.medschool.umaryland.edu/news/2021/Probiotic-Containing-Yogurt-Protects-Against-Microbiome-Changes-That-Lead-to-Antibiotic-Induced-Diarrhea-Study-Finds.html
– メリーランド大学医学部 University of Maryland School of Medicine. September 15, 2021 –

よく研究されているプロバイオティクスの特定の株を含むヨーグルトを食べることは、抗生物質投与に関連する腸内細菌叢の有害な変化から保護するようです。

これは、メリーランド大学スクールオブメリーランド(UMSOM)、メリーランド大学スクールオブファーマシー(UMSOP)、ジョージタウン大学メディカルセンターの研究者らが実施した新しい無作為化臨床試験の結果であり、このほど学術誌「Nutrients」に掲載されました。

この研究では、プロバイオティクスであるビフィズス菌BB-12を含むヨーグルトが、大腸内の細菌群集を維持する上で、プラセボよりも優れた働きをすることがわかりました。

この研究結果を受けて、NIHは追加の追跡調査を実施しました。

本研究の共同リーダーであるクレア・フレイザー博士は話します。

「今回の発見は、プロバイオティクスであるBB-12が抗生物質関連の下痢を防ぐメカニズムについて、重要な知見を提供するものです。BB-12に関して得られた新たな知見は、本研究で用いたマルチオミクスの手法を反映したものです。これは、各研究代表者が異なる専門性を持ってこの共同研究に参加したからこそ可能だったのです。」

この研究では、42人の健康なボランティアが、BB-12を含むヨーグルトを1日1食分と、抗生物質アモキシシリン・クラブラン酸塩の標準的な1週間のレジメンを無作為に割り当てられました。

抗生物質の投与を終えた後も、1週間、毎日ヨーグルトを摂取し続けました。

さらに20人の被験者を対照群とし、プロバイオティクスを含まないヨーグルトを2週間毎日摂取し、同じ抗生物質を服用するように無作為に割り当てました。

その結果、抗生物質を摂取したすべての被験者において、微生物が産生する有益な代謝物である短鎖脂肪酸の酢酸レベルが低下しました。

しかし、酢酸レベルの低下は、BB-12を添加したヨーグルトと比較して、プラセボヨーグルトを摂取した被験者の方が有意に大きかったとのことです。

また、BB-12を摂取した被験者の酢酸レベルは、30日後にはベースラインレベルに戻りましたが、プラセボを摂取した被験者ではベースライン以下のレベルにとどまりました。

抗生物質を服用している人の約5人に1人は、抗生物質が健康な腸内細菌叢を破壊することにより、抗生物質関連の下痢を発症します。

患者は、下痢を発症した後、早期に薬の服用を中止することがあり、その場合、元々の感染症が持続する可能性があります。

また、ごく一部の患者さんでは、生命を脅かすようなC. difficile菌による感染症を発症する可能性があります。

C. difficile菌は腸内に生息することがありますが、通常はマイクロバイオーム内の善玉菌によって抑制されています。

本研究の共同リーダーであるジョージタウン大学医学部家庭医学科教授兼研究プログラムディレクターのダニエル・メレンスタイン医学博士は話します。

「本研究で良好な結果が得られた重要な理由は、ボランティアが抗生物質の投与を開始した日にプロバイオティクスを投与したタイミングにあると考えられます。抗生物質による症状が進行する前の、できるだけ早い段階でプロバイオティクスを開始することで、プロバイオティクスのメカニズムが発現する機会が増え、最終的にはより有益な臨床結果が得られる可能性があります。」

研究者らは、この疑問をさらに掘り下げ、プロバイオティクスを摂取するのに最も適した時期を決定するための追跡調査を計画しています。

研究の共同リーダーである薬学准教授兼 UMSOP 質量分析センター エグゼクティブ ディレクターのモーリーン・ケイン博士は話します。

「この素晴らしい臨床研究は、BB-12 の効果を評価する上で重要なエンドポイントである酢酸の質量分析による定量化によって実現しました。」

分子量に応じて分子を検出する質量分析ベースのアプローチにより、アセテートの量を正確かつ精密に測定することができました。

また、患者から採取した生体サンプルに含まれる他の短鎖脂肪酸の量も測定することができました。

メリーランド大学薬学部の教授兼学部長である Natalie D. Eddington 氏 (PhD, FAAPS, FCP) は話します。

「薬学部の質量分析センターは、その専門知識をさまざまな研究やプロジェクトに提供しており、このテクノロジーの大きな価値を実証しています。17台の質量分析計を使って、私たちの教員、スタッフ、大学院生は、基礎生物学や医学から技術開発やトランスレーショナルリサーチに至るまで、さまざまな発見に貢献しています。」

本研究は、米国国立衛生研究所の国立補完・統合医療センターから、賞番号R61AT009622の支援を受けています。

また、メリーランド大学薬学部の質量分析センター (SOP1841-IQB2014) からも追加支援を受けました。

メリーランド大学医学部のJohn Z. and Akiko K. Bowers Distinguished Professor and Dean, UM Baltimore, Executive Vice President for Medical Affairs, E. Albert Reece, MD, PhD, MBA は話します。

「私たちの研究者は、高度なテクノロジーを使用して治療の背後にあるメカニズムを真に理解することで、患者の治療を向上させることを目指しています。この重要なプロジェクトで、薬学部とその優秀な教授陣と協力できることを嬉しく思います。」

「健全なマイクロバイオームを維持するためにプロバイオティクスがどのように作用するかを理解するための学際的なアプローチは、この分野を発展させ、最終的に患者さんが抗生物質による衰弱した副作用を回避するために非常に重要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「抗生物質関連の下痢を防ぐ」プロバイオティクスBB-12

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)