人生の満足度を高める「野菜と果物の摂取と運動」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

人生の満足度を高める「野菜と果物の摂取と運動」

野菜と果物の摂取、および運動が幸福度を高めるようです。
野菜と果物の摂取および運動のようなライフスタイルは、健康上のメリットがあるだけでなく、人生の満足に正の因果関係があるようです。

New research led by the University of Kent and University of Reading has found that fruit and vegetable consumption and exercise can increase levels of happiness.

参照元:https://www.kent.ac.uk/news/science/29718/fruit-vegetables-and-exercise-can-make-you-happier
– ケント大学 University of Kent. 16 September 2021

ケント大学とレディング大学の共同研究により、野菜と果物の摂取と運動が幸福度を高めることが明らかになりました。

ライフスタイルと幸福度の関連性はこれまでにも明らかにされており、健康的な食生活や運動を推奨する公衆衛生キャンペーンによく用いられてきましたが、Journal of Happiness Studiesに掲載された新しい研究結果によると、ライフスタイルと人生の満足度にも正の因果関係があることがわかりました。

今回の研究は、一般的な相関関係ではなく、幸福感と野菜や果物の摂取、運動がどのように関係しているのか、その因果関係を解明した初めての研究です。研究者のAdelina Gschwandtner博士(ケント大学経済学部)、Sarah Jewell博士、Uma Kambhampati教授(ともにレディング大学経済学部)は、道具変数法を用いて、幸福感からライフスタイルへの影響を除外しました。

その結果、人々を幸せにするのは、むしろ果物や野菜の摂取や運動であり、その逆ではないことがわかりました。

調査結果によると、個人の満足を遅らせる能力と自制心がライフスタイルの決定に大きな役割を果たし、それが幸福感にプラスの影響を与えることがわかりました。

また、男性はより多くの運動をし、女性はより多くの果物や野菜を食べていることがわかりました。

生活習慣病は、世界的に見ても、病気や死亡の主要な原因であることはよく知られており、英国はヨーロッパで最も高い肥満率を誇っていることから、今回の調査結果は、公衆衛生政策に大きな影響を与える可能性があります。

Gschwandtner博士は話します。

「長期的な目標を強化するために計画的な自己を支援する行動ナッジは、健康的なライフスタイルの維持に特に役立つと思われます。より良いライフスタイルが、健康だけでなく幸せにもつながるのであれば、それは明らかにWin-Winの状況です。」

Kambhampati教授は補足します。

「近年、より健康的なライフスタイルの選択へのシフトが大きくなっています。野菜や果物を多く食べたり、運動をしたりすることで、健康上のメリットだけでなく、幸福度も高まることがわかったのは大きな進展です。この結果は、環境や持続可能性に関する政策キャンペーンにも役立つでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 人生の満足度を高める「野菜と果物の摂取と運動」