「親密なテロリズムや暴行に類似」親の疎外感と強制的な虐待

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「親密なテロリズムや暴行に類似」親の疎外感と強制的な虐待

親と子の虐待的な親密関係は強制的に支配する虐待と類似しているようです。
研究者は、家庭裁判所において両者は同列に扱われるのが妥当だと述べます。

Parental alienating behaviors are those in which a parent tries to baselessly turn a child against the other parent, usually during a divorce or separation, through actions like bad-mouthing, lying, guilting or rewarding.

参照元:https://natsci.source.colostate.edu/parental-alienation-partner-abuse-two-sides-of-same-coin-says-csu-social-psychologist/
– コロラド州立大学 Colorado State University. 09 Sep, 2021 –

虐待的な親密な関係は、時に力の不均衡を特徴とし、加害者は被虐待者の経済的、社会的、その他の選択肢を制限することで、被虐待者に対するコントロールを維持します。

これは、強制的な支配として知られており、深刻な身体的虐待が行われている場合にはバッテリーと呼ばれています。

しかし、加害者が夫婦の子供を支配の武器として使った場合はどうなるのでしょうか。

コロラド州立大学の社会心理学者であるジェニファー・ハーマン氏は、科学的な調査によってこの問題を認識させることにキャリアの大半を費やしている。

親の疎外行動とは、通常、離婚や別居の際に、親が悪口を言ったり、嘘をついたり、罪悪感を与えたり、報酬を与えたりすることで、子供を根拠なく相手の親に反感を抱かせようとする行動のことです。

このような行動は、子供が不当な理由や真実ではない理由で親に反感を抱く「親疎外」につながります。

ハーマン氏らは、子供が虐待や育児放棄などの正当な理由で親との関係を断つ疎外感と、疎外感を区別することが重要であると指摘しています。

疎外感は、親としてふさわしいのに、そうでないと偽って描かれた親と子供が関係を断つ場合に生じる。

CSUのハーマン准教授らの研究は、親疎外の影響を受けた家族の力関係に、長年の相互依存理論を適用した初めての研究で、専門誌『Personal Relationships』に掲載されました。

相互依存理論とは、対人関係を分類するためのアプローチで、各人の結果がどのように他の人の行動に依存しているかに焦点を当てています。

人間関係の中で、人はどのようにして、また、どのような理由で特定の選択をするのか、そして、他者への依存がどのようにして人間関係におけるパワーの不均衡を生み出すのかを定義しています。

パワーの非対称性

ハーマンの大学院生であるケイトリン・グラブとイリノイ大学の研究者クリストファー・マニオテスが共同で行った研究は、子供から疎外されている父親50人と母親29人への詳細なインタビューに基づいています。

これらの家族のほとんどは、両親の間に力の非対称性を示しており、親疎外と強制的に支配する虐待は似ており、同じコインの裏表のようなもので、家庭裁判所の手続きでは同じように扱われるべきだという主張を強調しているとハーマン氏は言います。

ハーマン氏は続けます。

「私たちの調査結果によると、親の疎外行動は、状況的な夫婦間の暴力など、より一般的なタイプの虐待よりも、強制的に支配する暴力、親密なテロリズム、暴行に近いことがわかりました。親の疎外行動は虐待であり、子供を守るための法律や政策に含まれるべきである。」

疎外感を持つ親が、嫌がらせや脅迫、威嚇などの支配的な戦略を用いることで、力の不均衡が生じます。

その結果、相手の親は、自分の行動の選択肢が限られていると感じ、子どもを失うのではないか、自分が傷つくのではないかと不安になり、力を失ってしまいます。

調査対象となった状況の約80%は、力の非対称性を伴うもので、その中には、力の弱い親に狭い選択肢しか与えない「チキンゲーム」とも言えるようなものもありました。

また、このような非対称性は、加害者である親が子供の第一親権または単独親権を持っている場合に最も多く見られることがわかりました。

また、ハーマン氏らの研究によると、親の疎外感はほとんど性別に関係なく、父親も母親も、手口は違ってもほぼ同じ割合で親の疎外感を感じていることがわかりました。

この性別による違いは、ストーカー行為や身体的・性的虐待など、他の虐待行為に関する国の統計と一致しています。

ハーマン氏は話します。

「他の多くのタイプの虐待者には、性別による違いは見られません。」

子供たちの苦しみ

親の疎外は本質的にはパートナーの虐待ですが、子どもたちも苦しんでいます、とハーマン氏は言います。

最近発表された論文で、ハーマンは、疎外された子供たちが耐えている損失について、子供時代の経験、大家族、地域社会、活動、人間関係などを含めて論じています。

このテーマに関する数年間の研究で、ハーマン氏は、親疎外は虐待する親が児童虐待の疑いを逃れるために使う言い訳だと考える人々から、山のような批判を受けてきました。

ハーマン氏は、共著者である弁護士・法医学心理学者のデモステネス・ロランドス氏とともに、今年初めに発表した論文で、こうした主張に反論しています。

ハーマン氏は、親疎外が家族や子ども、そして社会全体にもたらす問題について、信頼性と認識を高める研究を今後も発表していく予定です。

今年初め、ハーマンはCSUの14’er awardを受賞しました。

この賞は、大学全体で授与されるプロボスト賞(Provost’s Awards for Faculty Excellence)の1つです。

14’er awardは、独自のビジョン、創造性、気概を示した優れた業績を表彰するものです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「親密なテロリズムや暴行に類似」親の疎外感と強制的な虐待