持続可能かつ健康的な食生活を維持できる「ブルーフード(水産物)」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

持続可能かつ健康的な食生活を維持できる「ブルーフード(水産物)」

健康的な食生活と持続可能、かつ公平に皆に配ることができて足りない場所に多い場所から配る事もできる食べ物として「ブルーフード」が優れているようです。
ブルーフードとは「水産物」の事です。

uncovered how fisheries and aquaculture can play a greater role in delivering healthy diets and more sustainable, equitable and resilient food systems around the world.

参照元:https://www.news.ucsb.edu/2021/020398/blue-food-revolution
– カリフォルニア大学サンタバーバラ校 University of California – Santa Barbara. September 15, 2021 –

水産食品分野における前例のないレビューにより、世界中で健康的な食生活と、より持続可能で公平かつ弾力性のあるフードシステムを実現するために、漁業と水産養殖がいかに大きな役割を果たせるかが明らかになりました。

Nature誌に掲載された5つの査読付き論文は、今後数十年の間に、栄養失調に対処し、フードシステムの環境負荷を低減し、生活を豊かにするために、水産物(ブルーフード)の広大な多様性を活用する機会があることを強調しています。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校ブレン環境科学・経営学部の海洋生態学者であるベン・ハルパーンは、水生食品の環境面での持続可能性、小規模生産者の成長の可能性、水生食品システムが直面している気候変動のリスクについて、同僚とともに検討しました。

ハルパーン氏は話します。

「今回初めて、幅広い魚介類に関する何百もの研究から得られたデータをまとめて、この疑問に答えようとしました。ブルーフードは全体的に非常に優れており、持続可能な食のための素晴らしい選択肢を提供します。」

今回の調査では、ブルーフードの世界的な需要は2050年までに約2倍になると予測され、その需要は主に捕獲漁業ではなく養殖業の増加によって満たされると考えられます。

イノベーションへの投資と漁業管理の改善により、消費量はさらに増加し、栄養失調にも大きな影響を与える可能性があります。

例えば、「高成長」モデルのシナリオでは、供給量が1,550万トン(8%)増加し、価格が低下することで、特に低所得者層における栄養不足のケースが1億6,600万件減少することが示されています。

カリフォルニア大学SBのNational Center for Ecological Analysis & Synthesisの責任者でもあるハルパーン氏は続けます。

「小規模漁業者、つまり世界各地で漁業を営む個人や小さな船は、世界の水産物システムの大部分を占めており、その姿や漁法は驚くほど多様です。この多様性が、海を持続的に管理するための機会と課題の両方を生み出しています。私たちはこの多様性を解明し、より良い管理の指針としました。」

ブルーフードは、栄養面でのメリットや持続可能性の向上の可能性という点で、陸上の動物由来の食品よりも高い順位にあることがわかりました。

ブルーフードの多くの種は、重要な栄養素を豊富に含んでいます。

鶏肉と比較して、トラウトはオメガ3脂肪酸が約19倍、カキやムール貝はビタミンB-12が76倍、鉄分が5倍、鯉はカルシウムが9倍となっています。

ブレン・スクールの海洋生態学者であるクリストファー・フリー助教授は、カリフォルニア大学SBの海洋科学者であるジェイコブ・ユーリッチ氏と共同で、ブルーフードの栄養学的可能性を調査した研究を発表しました。

フリー助教授は話します。

「今回初めて、水産物の生産量を増やすことが世界の人々の健康にどのような意味を持つかを知ることができました。水産食品が消費者にとってより安価になることで、鶏肉、牛肉、乳製品などの陸上の食品からの移行が進むだろうと予測しています。水産食品が栄養不足の解消に役立つことを知り、それを初めて包括的に示したことで、私たちはとても興奮しました。」

ブルーフードの栄養面でのメリットは、特に女性にとって重要であり、調査対象国の約3倍の国で、消費量の増加により男性よりも恩恵を受けることがわかりました。

水産養殖で生産されるティラピア、サケ、ナマズ、コイなどの主な魚種の環境フットプリントは、平均して、最も環境負荷の低い陸上の肉である鶏肉と同程度であることがわかりました。

また、イワシやカタクチイワシなどの小型浮魚種、二枚貝、海藻類などは、すでに鶏肉よりも低いストレス要因となっています。

このセクターの効率を高め、環境負荷を低減するためにさらなる投資を行えば、ヨーロピアンバス、ヒラメ、タイ、ミルクフィッシュなど、あまり飼育されていない種も含めて、セクター全体に利益をもたらすことができます。

今回の調査では、気候変動によるリスクが最も高いブルー・フード・システムは、人々が最も頼りにしている地域や、気候変動への対応・適応能力が最も低い地域に位置していることが分かりました。

ハルパーン氏は続けます。

「気候変動は、食料を含め、人類にさまざまなリスクをもたらしています。ブルー・フードも同様で、酸性化や海水の温暖化など、独自のリスクを抱えています。しかし、すべての食品が同じようにこれらのリスクにさらされているわけではありません。私たちの研究では、さまざまな青い食品が気候変動によって異なるリスクにさらされる場所、方法、理由を明らかにしています。」

この5つの論文は、スタンフォード大学のCenter for Ocean Solutions & Center on Food Security and the Environment、ストックホルム大学のStockholm Resilience Centre、EATを中心とした100人以上の主要な研究者からなるBlue Food Assessment (BFA)が作成したシリーズの第一弾です。

BFAの共同議長であり、ストックホルム・レジリエンス・センターの副科学部長であるベアトリス・クローナ氏は話します。

「ブルーフードは一般的に考えられているよりもはるかに多様であり、人々が口にするブルーフードの大部分を提供しているにもかかわらず、見落とされがちな小規模漁業者のコミュニティもまた同様です。」

BFAの共同議長であり、スタンフォード大学のCenter on Food Security and the Environmentの創設ディレクターであるRosamond Naylor氏は話します。

「生態系、経済、健康への恩恵をもたらすブルーフード部門を最大限に開発している国は、たとえあったとしてもほとんどありません。この評価は、意思決定者がトレードオフを評価し、解決策を実行するための科学的基盤を提供することを目的としており、地域から地球規模までの改善されたフードシステムにおいて、ブルーフードが重要な役割を果たすことになります。」

EATのサイエンスディレクターであるFabrice DeClerck氏は話します。

「BFAアセスメントは、ブルーフードの多様性を強調しています。ブルーフードの可能性を実現するために、政策立案者は、小規模生産者や女性、その他の疎外されたグループの参加、ブルーフードが依存する天然資源の管理強化、気候変動への耐性を高めるための投資など、より良いガバナンスを導入する必要があります。」

スタンフォード・センター・フォー・オーシャン・ソリューションズの共同ディレクターであるジム・リープ氏は話します。

「2030年の持続可能な開発目標の達成期限まであと9漁期となり、緊急性が高まっています。この研究は、政策立案者、企業、金融機関、漁業者、消費者がブルーフードの大きな可能性を活用して、目標達成に貢献するのに役立ちます。」

世界では2,500種以上の魚類、貝類、水生植物、藻類が食用として捕獲または養殖されており、1億人以上に生活と収入を、10億人に生活を提供しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 持続可能かつ健康的な食生活を維持できる「ブルーフード(水産物)」