軽度な問題を含む子供達のスクリーンタイム「社会的メリットがある?」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

軽度な問題を含む子供達のスクリーンタイム「社会的メリットがある?」

ゲームやテレビ視聴などでスクリーンを眺める子供達への影響を調べた最大規模の研究結果が発表されました。
注意・睡眠障害や成績低下の影響はわずかで、うつ病などの心疾患リスクとの関連性は見当たりませんでした。

School-aged children who spend more time in front of screens are only slightly more likely to have attention disorders, disturbed sleep or lower grades and are no more likely to suffer from depression and anxiety. Meanwhile, they tend to have more close friends.

参照元:https://www.colorado.edu/today/2021/09/09/do-screens-really-hurt-kids-not-much-and-they-may-have-some-benefits
– コロラド大学ボルダー校 University of Colorado Boulder. Sept. 9, 2021 –

スクリーンの前で過ごす時間が長い学齢期の子どもたちは、注意力障害、睡眠障害、成績低下の可能性がわずかに高く、うつ病や不安症にかかる可能性も高くないことが、スクリーンタイムが青少年に与える影響を調べたこれまでの最大規模の研究の1つで明らかになりました。

9月8日にPLOS ONE誌に掲載されたこの研究では、これまで非難されてきたスクリーン機器の潜在的な利点も明らかになりました。

画面を見る時間が長い子どもほど、親しい友人が多いというのです。

心理学・神経科学部門の博士課程に在籍するKatie Paulich氏は話します。

「今回の研究結果は、私たちがスクリーンに注意を払うべきであることを示唆していますが、スクリーンタイムが本質的に青少年に有害ではない可能性もあります。」

今回の研究では、行動遺伝学研究所のPaulich研究員らが、米国で実施された子どもの健康と脳の発達に関する最大規模の長期研究である、現在進行中の「思春期の脳と認知の発達に関する研究」のデータを評価しました。

研究チームは、9歳と10歳の子供11,800人の多様な全国サンプルから得られた情報を分析しました。

その中には、スクリーンタイムに関するアンケート、行動上の問題や成績に関する親からの報告、メンタルヘルス評価などが含まれていました。

その結果、男子は女子に比べて1日あたり約45分多くスクリーンを使用しており、最大で週末には5時間近く、平日には4時間使用していることがわかりました。

また、男子と女子では画面の使い方が異なり、男子はビデオゲームに2倍の時間を費やし、女子はソーシャルメディアに多くの時間を費やしていました。
(このデータはCOVID-19が流行する前に収集されたもので、宿題やオンライン学習に関連するスクリーンタイムは含まれていません。)

これまでに行われた小規模な研究と同様に、今回の研究でも、スクリーンの前で過ごす時間が長い子どもは、睡眠時間が短く、成績が悪く、外在化行動(ADHD、行動障害、反抗挑戦性障害など)が多い傾向にあることがわかりました。

しかし、子どもの生活を形成する他の要因と比較すると、スクリーンタイムの影響はごくわずかでした。

例えば、子どもの社会経済的地位は、こうした行動の結果に2.5倍の影響を与えていました。

評価されたすべての影響のうち、スクリーンタイムは、測定された結果の子供間の変動の約2%しか占めていませんでした。

「行動遺伝学研究所のJohn Hewitt所長は話します。

「近年、スクリーンタイムが子どもにとって有害であることを示唆する論文が数多く発表されていますが、そのような悪影響を過大評価していることを示唆するレビューもいくつかあります。今回の調査では、スクリーンタイムと悪影響との間には確かに関係があるが、それは大きくもなく、悲惨なものでもないことがわかりました。」

今回の研究では、スクリーンタイムといくつかの精神的健康や行動上の問題との間に関連性が認められましたが、Paulich氏は、スクリーンタイムがそれらの問題を引き起こすということではないと強調しています。

むしろ、その逆もあり得るそうです。

例えば、攻撃的な行動や注意力不足の傾向がある子供を持つ親は、子供を座らせてビデオゲームをさせる傾向があるかもしれません。

また、他の理由で眠れない子どもは、スマートフォンで時間をつぶすかもしれません。

Paulich氏は、さらなる研究が必要であるとしながらも、スクリーンタイムの量よりも、その種類が重要である可能性もあると述べています。

例えば、これまでの研究では、誰かと一緒にプレイするビデオゲームは人間関係を深める効果があり、特に男子はより多くプレイする傾向があることがわかっています。

一方、一人で番組を見まくることは悪影響を及ぼす可能性があります。

今回の研究では、9歳と10歳の若者を対象としているため、この結果が必ずしも年長者に当てはまるとは限りません。

研究者たちは、このグループを長期的に追跡調査する予定です。

米国小児科学会は、5歳未満の子どものスクリーンタイムに関するガイドラインを定めているが、それ以上の年齢の子どものスクリーンタイムの「許容レベル」については、経験的に確立された閾値はまだないと著者は指摘します。

4人の父親であるHewitt所長は話します。

「どのようなデバイスで、どのような活動をして、何が置き換えられているのか、また、子どもの特性にもよると思われます。子供が1日に数時間デバイスを使うことを過度に心配しないよう、親にアドバイスします。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 軽度な問題を含む子供達のスクリーンタイム「社会的メリットがある?」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)