研究者らが訴える「太陽光のガイドラインの改訂」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

研究者らが訴える「太陽光のガイドラインの改訂」

以前の研究ではUVR照射による生体外ビタミンD利益を正確に予測するものではないようです。
研究者らは、ビタミンDの生体外波長依存性を簡単に体系的に修正することを推奨しています。

Previously published solar exposure guidelines for optimal vitamin D synthesis based on a study of skin samples may need to be revised,

参照元:https://www.kcl.ac.uk/news/sunlight-exposure-guidelines-may-need-to-be-revised-researchers-warn
– キングス・カレッジ・ロンドン King’s College London. 27 September 2021 –

本日、PNAS誌に掲載された新しい研究結果によると、皮膚サンプルの研究に基づいた最適なビタミンD合成のための以前に発表された太陽熱暴露ガイドラインは、修正する必要があるかもしれません。

キングスカレッジ・ロンドンの研究者らは、NIHR Guy’s and St Thomas’ Biomedical Research Centreの支援を受けて、太陽光の下でヒトの皮膚がビタミンDを生成するために最適な紫外線(UVR)の波長を検証しました。

日光のUVRは、日焼けや皮膚がんの原因となりますが、健康な骨の発育と維持に不可欠なビタミンDの最も重要な供給源です。

日光浴に関する公衆衛生上のアドバイスは、リスクとベネフィットの両方を考慮しています。

日光浴による潜在的なリスクとベネフィットを計算するのは簡単ではありません。

なぜなら、紫外線暴露による健康被害は、太陽のUVRスペクトル内の波長によって大きく異なるからです。

例えば、太陽のUVRに含まれる短波長のUVBは5%以下ですが、日焼け反応の80%以上はこのUVBが原因です。

日光浴による健康被害には、それぞれ固有の波長依存性があります。

特定のUVB波長とビタミンD産生との関連性は、30年以上前に皮膚サンプル(ex vivo)で決定されました。

しかし、この所見はあまり確立されておらず、その正確性については疑問視されています。

このような疑念は、最適な太陽熱暴露のためのリスク/ベネフィットの計算を危うくします。

キングス・カレッジ・ロンドンのアントニー・ヤング教授率いる研究者たちは、75人の健康な若いボランティアを対象に、異なる量のUVBを含む5種類の人工的な紫外線源に部分的または全体的にさらされる前、最中、後に、血中ビタミンD濃度を測定し、ビタミンDの合成を含む日光浴の利点と、日焼けや皮膚がんのリスクとの間のトレードオフを検討しました。

そして、その結果を昔の生体外ビタミンD研究から予測される結果と比較したところ、以前の研究はUVR照射による利益を正確に予測するものではないことがわかりました。

著者らは、ビタミンDの生体外波長依存性を簡単に体系的に修正することを推奨しています。

この新しい研究は、太陽光による紫外線暴露のリスクベネフィット計算の多くが、ビタミンDの波長依存性の修正版を用いて見直さなければならないことを意味しています。

アントニー・ヤング教授は話します。

「今回の研究は、太陽熱暴露によるリスクとベネフィットの計算を再評価する必要があることを示しています。UVRの基準を定めている世界的な技術委員会であるCommission internationale de l’éclairageでは、ビタミンDの波長依存性を再評価するために本論文の結果を議論することができるので、今回の研究結果はタイムリーです。我々のグループのさらなる研究により、リスクとベネフィットの計算が決定されるでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 研究者らが訴える「太陽光のガイドラインの改訂」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)