「世界から昆虫数が減少?」世界の光害は25年間で49%増加している

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「世界から昆虫数が減少?」世界の光害は25年間で49%増加している

世界の光害が増加し、昆虫の減少などにつながっていると言われています。
世界の光害は25年間で少なくとも49%以上増加しています。

Global light pollution has increased by at least 49% over 25 years, new research shows.

参照元:https://www.exeter.ac.uk/news/homepage/title_877183_en.html
– エクセター大学 University of Exeter. 14 September 2021 –

世界の光害は、25年間で少なくとも49%増加していることが、新たな研究で明らかになりました。

この数字は、人工衛星から見える光のみを含んだものであり、科学者たちは、実際の増加率はかなり高いのではないかと推測しています。

全世界では最大270%、一部の地域では400%に達するとみられています。

エクセター大学が主導したこの研究では、1992年から2017年までの光の放出を調査しました。

その結果、地域によって傾向は異なりますが、ほぼすべての地域で発光量が増加しており、技術の向上によって光害が減少したことを示す証拠は限られています。

エクセター大学ペンリン・キャンパス(コーンウォール州)にある環境・持続性研究所のアレハンドロ・サンチェス・デ・ミゲル博士は話します。

「人工光の世界的な広がりは、自然の夜間環境を侵食していますこの研究は、光害が世界的な問題となっていることを示すだけでなく、光害がますます悪化していることを示す明確な証拠でもあります。」

この研究では、固体発光ダイオード(LED)技術への移行による「隠れた影響」が浮き彫りにされています。

LEDは従来のランプ技術よりも多くの青色光を放出しますが、衛星センサーはこの青色光を感知できないため、排出量を過小評価してしまいます。

これを補正すると、屋外照明から放出される電力の実際の増加分、つまり光害の増加分は270%にも上る可能性があると著者は述べている。

今回の調査では、アジア、南米、オセアニア、アフリカで光害が継続的に増加していることがわかりました。

ヨーロッパでは、2010年頃まで増加していた光が横ばいになり、北米では減少しているようです。

しかし、研究者たちは、青色を多く含むLEDへのシフトが、ほとんどの地域で光害が増加しているという事実を覆い隠していると言います。

Sánchez de Miguel博士は話します。

「英国を例にとると、広範囲に渡って行われているLEDへの切り替えの効果を無視すると、光害が最近減少しているという誤った印象を受けます。」

「しかし、この効果を補正すると、光害は実際に増加しており、しかも非常に顕著になっている可能性があります。」

「一般的に言われていることとは異なり、”広色域 “のLED街路灯の設置は、多少の省エネ効果をもたらす可能性はあるものの、光害を増加させ、蛾などの生物への影響も大きくなっています。」

国際ダークスカイ協会のエグゼクティブ・ディレクター、ラスキン・ハートリー氏は話します。

「過去25年間、固体LED照明への移行に伴い、世界的に光害が急激に増加しています。この傾向を逆転させるための協調的な行動がなければ、自然環境への影響は加速し、生物多様性の危機をさらに悪化させ、エネルギーを浪費し、全世代が永久に薄明かりの中で育つことになるでしょう。」

現在、街灯などによる光害が自然環境に大きな影響を与えることが多くの研究で明らかになっています。

昆虫の個体数が大幅に減少したのも、こうした光害が一因であると考えられます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » 「世界から昆虫数が減少?」世界の光害は25年間で49%増加している

News & Popular

- 新着記事 と 人気記事 -

福関連記事
- 世界中の「福」に関する科学論文を集めました -