自己免疫疾患治療の早期介入のメリット

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

自己免疫疾患治療の早期介入のメリット

複雑な自己免疫疾患に、女性に多く発症する全身性エリテマトーデス(SLE)があり、進行すると、自身の臓器や血管を傷つけます。
研究チームは、自己免疫疾患患者への治療の早期介入の大きなメリットについて語ります。

Dr. Werner and her team have now demonstrated that targeting and temporarily removing B cells, which are not only involved in producing autoantibodies but can also influence other cells by presenting self-antigens or using messenger substances, has a major impact on how the disease progresses.

参照元:https://www.fau.eu/2021/09/17/news/research/the-earlier-the-better/
– フリードリヒ・アレクサンダー・エアランゲン=ニュルンベルク大学 Friedrich-Alexander-Universität Erlangen-Nürnberg.

複雑な自己免疫疾患の一例として、女性に多く発症する全身性エリテマトーデス(SLE)があります。

この病気が進行すると、体の免疫システムが皮膚、血管、腎臓などの内臓を攻撃します。

重度の臓器障害を防ぐためには、早期の介入が重要です。

治療法としては、体内の免疫系を抑制する方法や、自己反応性細胞を除去するなどの標的療法があります。

しかし、これまでは、さまざまな種類の治療のタイミングが、その後の病気の進行にどのように影響するかは不明でした。

今回、FAU遺伝学講座のAnja Werner博士を中心とする研究チームは、この問題を詳細に調査しました。

Werner博士は話します。

「私たちの目的は、誤った免疫反応をできるだけ正確に、できるだけ早い段階で標的にすることでした。多くの自己免疫疾患は、実際に病気が発症する何年も前に自己寛容性が失われていることを特徴としています。例えば、自己抗体が産生され、それが後の病気の活動段階で臓器を攻撃して破壊することがあります」

これまで、このような早期の、場合によっては一時的な自己寛容性の喪失が、後の病気のバイオマーカーとして機能するかどうかについては、限られた研究しか行われていませんでした。

今回、Werner博士らは、自己抗体の産生に関与するだけでなく、自己抗原の提示やメッセンジャー物質の使用によって他の細胞に影響を与えることができるB細胞を標的として一時的に除去することが、病気の進行に大きな影響を与えることを実証しました。

遺伝学講座のファルク・ニマーヤーン教授は話します。

「確立された治療法による早期の一時的な介入が、その後の自己免疫疾患の進行にこれほど劇的な影響を与えるとは、非常に驚きました。この治療法は、治療を受けた動物の免疫系をリセットする役割を果たし、自己抗体の産生を抑制するだけでなく、重篤な臓器障害を予防したり、大幅に遅らせたりすることができたように思えます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 自己免疫疾患治療の早期介入のメリット

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)