その瞑想は間違い?「マインドフルネスを間違って適用する人々」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

その瞑想は間違い?「マインドフルネスを間違って適用する人々」

近年マインドフルネスは絶大な人気を誇っています。
しかし、マインドフルネスの概念を理解しながらも間違った適用をしている人々がいるようです。

Mindful awareness is about both accepting and engaging with life’s challenges, and that’s what popularized concepts of mindfulness tend to miss, new research has found.

参照元:https://uwaterloo.ca/news/media/despite-understanding-concept-mindfulness-people-are
– ウォータールー大学 University of Waterloo. NOVEMBER 8, 2021 –

マインドフルな気づきとは、人生の課題を受け入れることと関わることの両方であり、それはマインドフルネスの一般的な概念が見落としがちな点であることが、新しい研究で明らかになりました。

研究者たちは、マインドフルネスの一般的な概念を調査したところ、ほとんどの一般人が、マインドフルネスを問題を受動的に受け入れることと混同していることがわかりました。

この誤解は、問題に取り組むという重要な作業を無視していると科学者たちは指摘しています。

マインドフルネスは、仏教の修行を起源とし、臨床研究によってストレスや関連する健康障害を軽減する可能性が確認されたことから、人気が高まっています。

本プロジェクトの共同執筆者であり、ウォータールー大学の社会心理学教授であるIgor Grossmann氏は話します。

「マインドフルネスを科学的に理解するには、単なるストレス解消にとどまらず、ストレス要因に積極的に関わることが必要です。実際、ストレス要因に関わることが、最終的にはストレス解消につながります。より具体的には、マインドフルネスには、”気づき “と “受容 “という2つの主要な要素が含まれています。」

Grossmann氏らは、マインドフルネスの概念を人々がどのように理解し、日常生活に適用しているかを評価するために、批判者の主張と一般的なマインドフルネスの解釈を比較しました。

その結果、多くの人が「受容」と「受動」や「回避」を混同していることがわかりました。

研究チームは、マインドフルネスの意味を、英語におけるマインドフルネスという言葉の意味の分析、広く使われているマインドフルネス指標の結果のメタ分析、知恵や効果的な感情調整の指標との関連性の実証的な検証という3つのパートに分けて、広範な実証プロジェクトを行いました。

ライアソン大学の組織行動学の助教授であるEllen Choi氏は話します。

「その結果、マインドフルネスには関わり合いがあることを人々は概念的に理解しているようですが、一般の人々はその話を聞いていないことがわかりました。今回の結果は、一般の人々は気づきとは何かを理解しているかもしれないが、次のステップである受容はよく理解されていないかもしれず、問題に関与する可能性を制限していることを示唆しています。」

Grossmann教授は、ソーシャルメディアを例に挙げ、アルゴリズムによって憎しみに満ちたコンテンツが増えている今、他者の視点に配慮する能力がかつてないほど重要になっていると述べています。

「マインドフルネスは、私たちを取り巻く分断を簡単に解決するものではないかもしれませんが、受容の実践を含む正確な理解は、真摯な議論と真のつながりの再出現の先駆けとなるかもしれません。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » その瞑想は間違い?「マインドフルネスを間違って適用する人々」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)