「ロックダウン中の子供を護る」イングランドの教師による実践的なサポート

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「ロックダウン中の子供を護る」イングランドの教師による実践的なサポート

ロックダウン中の子供への悪影響を回避するため、イングランドの小学校教師は様々なサポートをしています。

teachers providing a range of practical and emotional support alongside academic assistance to parents to try and negate perceived disadvantages in home circumstances.

参照元:https://aru.ac.uk/news/parent-teacher-relationship-vital-to-home-schooling
– アングリア・ラスキン大学 Anglia Ruskin University. 2 December 2021 –

イングランドの小学校教師を対象とした調査では、学校閉鎖期間中の保護者と小学校との関係の重要性が強調されています。

教師は、家庭環境による不利益を否定するために、保護者に対して学業面での支援に加えて、実用面や精神面での様々なサポートを提供しています。

2020年3月から年度末まで、そして2021年1月からは学校が閉鎖され、生徒たちはオンラインで授業を受けることになりました。

これにより、生徒が学習に集中できるようにするために、保護者が責任の一端を担うことが期待されます。

また、他の人と同じような学習機器や設備を利用できない低所得家庭の生徒が直面する不利益を最小限に抑えるための努力も求められます。

アングリア・ラスキン大学(ARU)の学者が率いる研究チームは、2000年6月から7月にかけて、全国の271人の小学校教師を対象に調査を行い、さらに今年4月には、2021年1月からの第2次廃校を比較するために、より少数の集団を対象に追跡インタビューを実施しました。

参加者は、経済的・社会的に不利な状況にあると判断された学校の生徒数に応じて政府から学校に提供される追加資金であるピューピル・プレミアムの水準が異なる学校で勤務した。

ピューピル・プレミアムの低い学校では、不利な立場にあると考えられる子どもの数が少なく、ピューピル・プレミアムの高い学校では多くなっていました。

教師の大多数(84%)は、学校閉鎖によって家庭環境が原因で不利益を被った児童がいると感じていました。

研究者たちは、すべての教師が、自分で作成したものや他の情報源を利用して、保護者が家庭で使用するためのリソースを提供していることを発見しました。

しかし、生徒数が少ない学校の生徒は、生徒数が多い学校の生徒に比べて、すべてのリソースを利用することができました。

一方で、中所得の家庭では、パンデミックの間、ホワイトカラーの職業に就いて自宅で仕事をしている人が多く、家庭学習に取り組む時間を確保するのに苦労していました。

今回の調査では、パンデミック時に小学校の教師が子どもとその親に対して、学習面だけでなく、実践面や精神面でも幅広いサポートを行ったことが明らかになりました。

教師たちは、オンライン通話や家庭訪問などを通じて、より定期的に保護者と連絡を取り合い、その結果、子どもたちの家庭生活をより深く理解し、信頼関係を築くことができたと感じています。

教師の多くは、食費に困っている家庭の子どもたちに朝食を提供するために慈善団体と協力したり、食料品のハンパーを作ったり、さらにはローンを提供するなど、他の手段で家庭をサポートしている例を挙げました。

また、教師の中には保護者を対象に、教材の使い方を指導したり、保護者の自信を高めるための特別なセッションを設けた人もいました。

主著者のサラ・スピア博士(ARUの経営学部長)は話します。

「COVID-19のパンデミックは、多くの人々にとって困難でストレスの多い時期であり、社会経済的な困難を引き起こしたり、悪化させたりした家庭もありました。」

「今回の調査では、中間所得層の親の学校教育への参加は、親の仕事の責任が大きな障害となっていることがわかりました。親のどちらか、あるいは両方が働いている可能性が高く、長時間労働やプレッシャーのかかる仕事をしていると、子どもの家庭学習をサポートする時間がほとんど取れません。」

「この問題は、第二次閉塞期になると、より多くの親が働くようになり、子どもの学習に対する期待が高まったことで、さらに悪化しました。裕福な家庭だけが、個人授業や集中的なプライベートスクールなど、こうしたプレッシャーを和らげるリソースを利用することができました。」

「今回の調査では、教師と保護者の関係が緊密になることで、保護者が直面している困難をより深く理解できるようになり、その結果、教師は子どもたちが取り残されないように、これまで以上に努力するようになったことが明らかになりました。先生方は、このような関係の強化が将来的にはより良い取り組みにつながると期待しており、保護者会をオンラインで開催して出席率の向上を図るなどしています。」

「将来的に学校が閉鎖された場合、学校は家庭での学習の必要性を決定する際に保護者と相談し、地域の家庭にも受け入れられるようにしなければなりません。学校は、テクノロジーへのアクセスに特に注意を払い、保護者の学校教育への参加能力や能力を考慮する必要があります」と述べています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「ロックダウン中の子供を護る」イングランドの教師による実践的なサポート

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)