夜間労働者の血糖値上昇を防ぐ「昼間のみの食事」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

夜間労働者の血糖値上昇を防ぐ「昼間のみの食事」

昼間の食事が夜勤の健康リスクを下げるかもしれません。
夜ご飯を食べず、昼間のみ食事を摂る方が、夜間に労働する人の血糖値上昇を防ぐ可能性があります。

while eating only during the daytime might prevent the higher glucose levels now linked with a nocturnal work life.

参照元:https://www.nhlbi.nih.gov/news/2021/study-finds-daytime-meals-may-reduce-health-risks-linked-night-shift-work
– National Heart, Lung and Blood Institute 米国心臓・肺・血液研究所. December 3, 2021, –

米国国立衛生研究所(NIH)が支援する小規模な臨床試験で、多くのシフトワーカーが行っているように、夜間に食事をすると血糖値が上昇する可能性があること、一方で、昼間にのみ食事をすると、現在、夜間の労働生活と関連している血糖値の上昇を防ぐことができる可能性があることがわかりました。

本研究で得られた知見は、過去の研究で糖尿病、心臓病、肥満のリスクが高いとされているシフトワーカー(食料品の仕入れ担当者、ホテル従業員、トラック運転手、救急隊員など)の健康状態を改善するための新たな行動介入につながる可能性があると著者らは述べています。

今回の研究は、このような食事のタイミングに関する介入の有益な効果をヒトで初めて実証したものであり、Science Advances誌のオンライン版に掲載されています。

本研究は、米国国立衛生研究所(NIH)傘下の米国国立心肺血液研究所(NHLBI)を中心に実施されました。

NHLBIのNational Center on Sleep Disorders Research(国立睡眠障害研究センター)のディレクターであるMarishka Brown博士は話します。

「今回の研究は、公衆衛生上の懸念事項であるシフトワークに伴う代謝への悪影響に対する介入の可能性を示す、厳密かつ高度に制御された実験室での研究です。今回の結果を確認し、これらの知見の生物学的裏付けを解明するための追加研究を期待しています。」

今回の研究では、19人の健康な若者(女性7人、男性12人)が参加しました。

参加者は事前準備を行った後、14日間の実験室での対照実験に無作為に割り当てられました。

この実験では、夜間の仕事を想定し、2種類の食事スケジュールのいずれかを選択しました。

一方のグループは夜間労働者の典型的な食事スケジュールを模して夜間に食事をし、他方のグループは昼間に食事をしました。

そして、これらの食事スケジュールが体内のサーカディアンリズムに与える影響を評価しました。

サーカディアンリズムとは、睡眠と覚醒のサイクルだけでなく、代謝を含む身体機能のほぼすべての側面を24時間周期で制御する内部プロセスのことです。

研究チームは、夜に食事をすると、糖尿病の危険因子である血糖値が上昇するのに対し、昼間に食事を制限すると、その影響を防ぐことができることを発見しました。

具体的には、夜間に食事をした人の平均血糖値は、夜勤のシミュレーションで6.4%上昇したのに対し、昼間に食事をした人は有意な上昇が見られませんでした。

研究リーダーのFrank A.J.L. Scheer博士(ハーバード大学医学部教授、ボストンのBrigham & Women’s HospitalのMedical Chronobiology Programディレクター)は話します。

「今回の研究は、耐糖能異常と夜間労働の模擬体験による概日リズムの乱れという複合的な悪影響に対する対策として、食事のタイミングを利用することを示した初めてのヒトの研究です。」

研究者らは、今回観察された効果のメカニズムは複雑であると述べています。

彼らは、夜間の食事が模擬的な夜勤中のグルコースレベルに影響を与えるのは、サーカディアン・ミスアライメントによるものだと考えています。

それは、中枢の概日「時計」(脳の視床下部にある)と、行動上の睡眠/覚醒、明暗、絶食/摂食のサイクルとの間に生じるミスタイミングに相当し、それが全身の末梢の「時計」に影響を及ぼす可能性があるという。

今回の研究では、特に、中枢の概日時計と断食・摂食サイクルとのタイミングのずれが、グルコース値の上昇に重要な役割を果たしていることがわかりました。

さらに、昼間の食事が夜勤中の血糖値に及ぼす有益な効果は、これらの中枢と末梢の “時計 “がよりよく一致することによってもたらされる可能性が示唆されました。

ドイツ・ケルン大学核医学部門の研究者であるSarah L. Chellappa(M.D.、Ph.D.)は話します。

「この研究は、血糖値などの健康状態を左右する食事のタイミングが重要であるという考えを補強するものであり、夜間労働者は通常、勤務中に夜間に食事をするため、関連性があります。」

Chellappa氏は以前、ブリガム&ウィメンズ・メディカル・クロノバイオロジー・プログラムで Scheer博士と共に働いていました。

今回得られた知見を実用的で効果的な食事のタイミングに反映させるためには、実際のシフトワーカーを対象とした、典型的な職場環境での研究を含め、さらなる研究が必要であると研究者らは述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 夜間労働者の血糖値上昇を防ぐ「昼間のみの食事」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)