5つの性格特性からみる「性格が仕事に及ぼす影響」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

5つの性格特性からみる「性格が仕事に及ぼす影響」

性格が仕事のパフォーマンスに影響することがあるのでしょうか?
5つの大きな性格特性–良心性、外向性、開放性、同意性、神経症–の複数のメタ分析を組み合わせ、それらが仕事のパフォーマンスに及ぼす影響を調査しました。

Can your personality affect your job performance? It depends on the job, according to a new study by management and psychology researchers.

参照元:https://news.uark.edu/articles/58565/personality-traits-predict-performance-differently-across-different-jobs
– アーカンソー大学 University of Arkansas. Dec. 13, 2021 –

性格が仕事のパフォーマンスに影響を与えることはあるのでしょうか?

経営学と心理学の研究者による新しい研究によると、それは仕事によって異なります。

アーカンソー大学サム・M・ウォルトン経営学部のマイケル・ウィルモット助教授は話します。

「過去の研究では、性格特性が仕事のパフォーマンスに与える影響について一般的に述べられていましたが、これらの関係の詳細は、本当に仕事によって異なります。異なる仕事におけるパフォーマンスをより深く見ていくと、より興味深い発見が存在します。」

ウィルモット助教授とミネソタ大学心理学教授のDeniz Ones氏は、5つの大きな性格特性–良心性、外向性、開放性、同意性、神経症–の複数のメタ分析を組み合わせ、それらが仕事のパフォーマンスに及ぼす影響を調査しました。

メタアナリシスとは、複数の独立した知見を統計的手法で体系的に統合し、全体的な効果を算出するために用いられるプロセスです。

研究者たちは、事務職、カスタマーサービス、ヘルスケア、法執行機関、管理職、軍人、専門職、販売職、熟練・半熟練職の9つの主要な職業グループにおいて、これらの性格特性の関係を指数化しました。

また、仕事の複雑さや、職業専門家が評価する、これらの性格特性と仕事の要求との関連性も考慮されました。

ウィルモット助教授とOnes教授は、全体として、性格特性と業績の関係は、9つの主要な職業グループ間で大きく異なることを見出しました。

これらの違いの主な原因は、職種の複雑さに関係していました。

良心的な性格特性は、すべての仕事において業績を予測しました。

しかし、その効果は、認知的要求が低い仕事と中程度の仕事で強く、認知的要求が高い仕事では弱いものでした。

外向性は、中程度の認知的複雑性をもつ仕事においてより強かった。

他の特性は、特定の職業に関連した場合に、より強い効果を示しました。

例えば、医療関係の仕事では快楽性が、営業や管理職では外向性がより良い効果を示しました。

全体として、中程度の複雑さを持つ仕事は、性格特性によって仕事の成果を予測する上で理想的であることが示唆されました。

また、研究者らは、この実証結果を、職業専門家による性格特性と職務遂行能力との関連性の評価と比較しました。

その結果、専門家の評価はほぼ正確であることがわかった。大多数の職業グループ、具体的には77%において、最も高く評価された2つの特性は、メタ分析で明らかになった最も高い予測特性を持つ2つの特性と一致したのです。

ウィルモット助教授は話します。

「これらの発見は、性格と業績の関係をより深く理解しようとする学者や、従業員の才能の識別や選抜システムを磨いている組織にとって有益なものです。また、正しい職業を選ぼうとする個人、さらには社会全体にとっても有益であり、社会全体がより良い職業パフォーマンスという集団的利益を享受することになるでしょう。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 5つの性格特性からみる「性格が仕事に及ぼす影響」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)