生涯にわたりプラスの影響を与える学問「 有意に低い脳退化の兆候 」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

生涯にわたりプラスの影響を与える学問「 有意に低い脳退化の兆候 」

素晴らしい教育は、生涯にわたって恩恵をもたらすようです。
ある種の脳の変性が、学問をする人の脳では減少している可能性があります。

Their brains are better able to compensate age-related cognitive and neural limitations.

参照元:https://www.media.uzh.ch/en/Press-Releases/2021/Aging-of-the-Brain.html
– チューリッヒ大学 University of Zurich. 22 December 2021 –

良い教育や生涯学習の恩恵は、老齢期にも及ぶ。

長期的な研究の最初の発見は、ある種の変性プロセスが学問をする人の脳で減少していることを示すものです。

彼らの脳は、加齢に伴う認知や神経の限界をよりよく補うことができるのだ。

良い教育は、成功したキャリアに着手し、人格を開発するための優れた方法です。

しかし、教育もまた、年を取るにつれて脳に良い影響を与えることができるのでしょうか?

チューリッヒ大学神経心理学教授のルーツ・イェンケ氏が率いる大学研究優先プログラム「Dynamics of Healthy Aging」の研究チームは、この疑問について長期的な調査を実施しました。

研究者たちは、200人以上の高齢者を7年以上にわたって追跡調査しました。

研究参加者は、認知症に罹患しておらず、平均からそれ以上の知能を持ち、非常に活発な社会生活を送っています。

彼らは、定期的に磁気共鳴画像法を用いて、神経解剖学的および神経心理学的な検査を受けました。

複雑な統計解析の結果、学歴が加齢による脳の変性に良い影響を与えることを示すことができました。

白い斑点と黒い穴

筆頭著者のイザベル・ホッツ氏は、博士論文の中で、いわゆるラクーンや白質高濃度化を研究するために、新しい自動化手法などを用いています。

これらの変性過程は、デジタル画像上で「黒い穴」や「白い点」として現れました。

その理由はまだわかっていませんが、気づかないうちに生じた小さな脳梗塞、血流の低下、神経経路や神経細胞の消失が関係している可能性があります。

特に、脳の重要な部位に変性が起こると、認知能力が制限される可能性があります。

その結果、7年間にわたり、学歴のある高齢者では、こうした脳の退化の典型的な兆候の増加が有意に低いことが明らかになりました。

ホッツ氏は話します。

「さらに、学歴のある人は、文字や数字、パターンを照合する際、より速く、より正確に情報を処理することができました。精神的な処理能力の低下は、全体的に少なかったのです。」

予備軍を活用する

今回の発見は、教育が脳の老化に良い影響を与えるという、他の研究グループの初期の発見を追加するものです。

また、これまでの研究から、精神的な処理速度は、脳内の神経ネットワークの完全性に依存することが示唆されています。

これらのネットワークが影響を受けた場合、精神的な処理速度は低下します。

教育が脳の自然な退化を抑えるという因果関係は今のところ見つかっていませんが、少なくとも次のような可能性はありそうです。

イェンケ氏は話します。

「高い教育水準にあることで、神経ネットワークや認知ネットワークが生涯にわたって増加し、いわば蓄えができているのではないかと考えています。高齢になると、脳は障害が発生しても、それを補うことができるようになります。また、高齢になっても活発な脳は、変性の影響を受けにくいという可能性もあります。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 生涯にわたりプラスの影響を与える学問「 有意に低い脳退化の兆候 」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)