嫌いな音楽は、なぜ嫌い?「音楽が嫌いな3つの大きな構成」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

嫌いな音楽は、なぜ嫌い?「音楽が嫌いな3つの大きな構成」

嫌いな音楽と言うのは一つや二つあるもです。
研究者たちは、人が音楽を嫌いになる理由を考察しました。

Disliking certain kinds of music is just as constitutive of personal taste as is liking other kinds; and because it influences music-related behavior, this has consequences for our everyday lives.

参照元:https://www.aesthetics.mpg.de/en/the-institute/news/news-article/article/disliking-music-what-s-the-point.html
– マックス・プランク・ゲゼルシャフト Max-Planck-Gesellschaft. 16. February 2022 –

テクノ・パーティにメタル・ヘッドが現れる……ありえないでしょ?

そうですね。ある種の音楽が嫌いなことは、他の音楽が好きなことと同様に、個人の趣味嗜好を構成するものです。

このたび、ドイツのフランクフルトにあるマックス・プランク経験美学研究所(MPIEA)の研究者たちが、人が音楽を嫌いになる理由のいくつかを調査しました。

この研究成果は、オープンアクセス・ジャーナル「PLOS ONE」に掲載されました。

これまでの音楽嗜好に関する研究では、ごく一部の例外を除き、特定の種類の音楽に対する嗜好に焦点が当てられてきました。

今回、科学者チームは初めて、音楽に対する嫌悪感を明確に調査しました。5つの年齢層からなる21人の参加者に大規模なインタビューを行い、それぞれの嫌いな音楽の具体的な理由を明らかにしました。

主任研究員のジュリア・メリルは説明します。

「最も多く挙げられたのは音楽のスタイルで、アーティスト、ジャンルと続きます。参加者の理由をより詳細に調べたところ、音楽の嫌いな部分を説明するための5つの主要な基準点を特定することができました。音楽そのもの、歌詞、パフォーマンス、アーティスト、そしてそれを聴く人たちです。」

研究者はこれらの根拠を、第一に、楽曲の構成や歌詞などの対象に関する理由、第二に、感情や身体への影響、自己イメージとの不一致などの対象に関する理由、第三に、個人の社会環境とそれに共通する(内集団)、または個人が属していないと感じる他の集団(外集団)に関係する趣味判断などの社会的理由の3つに分類しています。

音楽が嫌いな理由とは別に、嫌いな音楽を前にしたときの具体的な反応も記述されています。

その反応は、感情的、身体的、社会的なものであり、部屋を出て行く、社会的な接触を断つなど、多岐にわたりました。

これまでの研究で、音楽嫌いには重要な社会的機能があることが示されてきたが、本研究では、その理由の範囲を、音楽に関連した理由や個人的な理由にまで拡大しました。

音楽嫌いは、例えば、良い気分を維持するため、アイデンティティの表現を容易にするため、あるいは社会的なグループを区別するのに役立つかもしれません。

このように、音楽的嗜好と同様の機能を持ちながら、よりオープンにならず、より間接的に表現されるのが音楽嫌いです。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 嫌いな音楽は、なぜ嫌い?「音楽が嫌いな3つの大きな構成」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)