生まれる前から、女の子より厳しい男の子

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

生まれる前から、女の子より厳しい男の子

妊娠中の男児は、胎盤を通じてより多くの栄養と酸素を母親に要求し、成長が早い事がわかりました。
これらを予測することは妊娠障害の治療の方針を決める上で重要なことです。

Finding out the sex of a baby during pregnancy could lead to better life chances, a new Cambridge study has discovered.

参照元:https://www.joh.cam.ac.uk/boys-are-more-demanding-girls-they-are-born-according-scientists
– ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ St John’s College, University of Cambridge.  26/4/2022 –

妊娠中に赤ちゃんの性別を見つけることは、より良い人生のチャンスにつながる可能性があります、新しいケンブリッジの研究が発見されました。

男性の赤ちゃんの妊娠は合併症を引き起こす可能性が高いです。

おそらく、子宮内での成長が早く、胎盤を通じて母親から供給されるよりも多くの栄養と酸素を必要とするためです。

このたび科学者たちは、実験用マウスの妊娠を研究した結果、胎児の性別が、食事による母親の肥満やストレスなどの要因とともに、胎盤の実際の機能に影響を与える可能性があることを突き止めました。

妊娠中の女性の約10人に1人が、胎児発育不全や子癇前症(母子ともに生命を脅かす高血圧)などの妊娠障害の影響を受けていますが、これらを予測し治療することは困難です。

この新しい研究によると、生まれてくる赤ちゃんの性別に基づいて、個別の治療計画を立てたり、妊婦にライフスタイルの変化を促したりすることは、子供にとって生涯にわたる健康上の利点となり、男の子か女の子かを知るために生まれるまで待つという伝統に終止符を打つ可能性があることが示唆されています。

セントジョンズカレッジのフェローであるAmanda Sferruzzi-Perri博士は話します。

Perri博士:赤ちゃんの性別を知りたくないと思う親は多いものです。我々は、子癇前症や胎児成長制限といった妊娠中のいくつかの症状が、女性よりも男性を妊娠した女性に多く見られることを知っているからです。
その理由は100%わかっていませんが、男性の赤ちゃんが子宮内で速く成長することと関係があるのかもしれません。そのため、胎盤を通して母親から供給される栄養と酸素の需要が制限されやすく、男性の赤ちゃんが本当に望むものをすべて受け取ることができず、能力を十分に発揮できない可能性があります。妊娠中のストレスや劣悪な環境に対する回復力が、要求の少ない女性よりも低いかもしれません。

Perri博士の研究チームは、その研究結果を、雑誌「Biology of Reproduction」に発表しています。

また、世界中の研究機関の研究者たちとの共同研究により、食事による母親の肥満が胎盤の構造を変化させ、胎児の成長に影響を与えることを証明した2つ目の研究が、『Acta Physiologica』誌に掲載されました。

胎児の成長は胎盤の機能に依存しており、胎盤はミトコンドリア(食物から摂取したエネルギーを細胞が燃料として使用できるようにするための細胞内の特殊な区画)からのエネルギーを必要とします。

研究者らは、マウスの正常な妊娠において、胎盤が支える胎児が女性か男性かによって反応が異なり、最も体重の軽い女性胎児の方が、最も体重の重い男性胎児よりもよく機能することを発見しました。

Perri博士:胎盤は、その形や機能を変化させる素晴らしい技術を持っています。これは、胎盤の細胞の形成方法、遺伝子やタンパク質、ミトコンドリアまで、さまざまなレベルで見ることができます。これらは全て、糖分や脂肪分の多い食事を摂っている母親や、複数の赤ちゃんがいる時に兄弟間でライバル関係にある妊娠など、様々なタイプの合図に反応して変化することができますが、おそらく最も新しい側面は、胎盤の適応方法が、赤ちゃんの女性か男性かに依存しているらしいことです。

この研究は、胎盤不全と胎児の成長異常に対する、性差に応じた治療法の設計と、肥満妊婦に対する個別的な生活習慣介入や治療法の設計の重要性を示しています。

Perri博士:研究室で得られたデータは、妊娠をモニターする際に、赤ちゃんの性別を考慮しなければならないことを如実に示しています。ですから、赤ちゃんの性別に基づいて治療法を調整すべきかもしれません。

科学者たちは、2型糖尿病や心血管系疾患などの病気のリスクが性別に依存していることを既に知っています。

Perri博士:このリスクの一部が、幼少期の暴露に起因するものであるかどうかは、私や他の研究者が熱心に取り組んでいる重要な分野です。都市化によって、女性が以前よりも糖分や脂肪分の多い食事にアクセスしやすくなっている発展途上国も含めて、世界的に広まっています。

英国では、妊婦の半数以上が健康的な範囲を超える肥満度を持っています。

母親の肥満は、流産、妊娠糖尿病、子癇前症、死産などの妊娠合併症のリスクを高めるため、これは懸念されることです。

また、出生時体重の異常は、小児期には神経発達障害や免疫異常、成人期には肥満、糖尿病、心臓病などの原因になる可能性があります。

Perri博士:現在、妊娠中の母親の体格指数、成長、妊娠期間中の体重、さらに胎児の性別など、何を測定すべきかについて、より多くのエビデンスが構築されつつあります。なぜなら、胎児の性別は、胎児の成長を決定する重要な要素だからです。しかし、胎児の性別が母体の環境や妊娠の経過とどのように関わっているのか、これまであまり知られていませんでした。ですから、私たちの研究は、臨床医が妊娠をどのように管理するかについて、より多くの情報を提供するものです。
男性の赤ちゃんを妊娠している女性は、女性の赤ちゃんを妊娠している女性とは異なる生活様式を採用する必要があるかもしれません。

現在、妊娠合併症のある女性を治療する方法は、ベッドレスト、食事アドバイス、早期出産以外には、ほとんどありません。

なぜなら、薬が胎盤を通過して、非常に敏感な胎児の個々の器官に影響を与える危険性があるからです。

科学者たちは今、胎盤を通過するだけの治療法を設計する方法を考えようとしています。

Perri博士:これらの治療法は、胎盤の機能、発達の仕方、さらにはミトコンドリアのレベルで、胎児の成長をサポートするためのエネルギーを生産する方法を増やすでしょう。
胎盤が健康な妊娠経過の基礎となること、そして胎児の性別が重要であることは、こうした基礎研究の積み重ねによって明らかにされてきました。しかし、様々な種類の遺伝子、タンパク質、細胞メカニズムを見ることで、バイオマーカーのような、母親と赤ちゃんの転帰を改善するために胎盤を特にターゲットとするようなターゲットを特定できるかもしれません。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 生まれる前から、女の子より厳しい男の子

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)