ポジティブな感情を強化、ネガティブな感情を保存「睡眠が感情を処理する仕組み」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

ポジティブな感情を強化、ネガティブな感情を保存「睡眠が感情を処理する仕組み」

睡眠時間と感情については多くの論文が出ています。この度研究者は脳が睡眠中に感情を選別する方法を明らかにしました。

The work expands the importance of sleep in mental health and opens new ways of therapeutic strategies.

参照元:https://www.unibe.ch/news/media_news/media_relations_e/media_releases/2022/media_releases_2022/how_sleep_helps_to_process_emotions/index_eng.html
– ベルン大学 University of Bern. 2022/05/13 –

ベルン大学神経科とベルン大学病院の研究者らは、脳が夢睡眠中に感情を選別し、ポジティブな感情の保存を強化する一方で、ネガティブな感情の保存を抑制する方法を明らかにしました。

この研究により、メンタルヘルスにおける睡眠の重要性が拡大され、新たな治療戦略の道が開かれました。

急速眼球運動(REM)睡眠は、夢の大部分が強烈な感情内容とともに起こるユニークで神秘的な睡眠状態です。

これらの情動がどのように、そしてなぜ再活性化されるかは不明です。

前頭前野は、覚醒時にはこれらの感情の多くを統合していますが、レム睡眠時には逆説的に静止しているように見えます。

ベルン大学生物医学研究科(DBMR)とベルン大学病院インゼルスピタル神経科のアントワーヌ・アダマンティディス教授は話します。

アダマンティディス教授:私たちの目標は、この驚くべき現象の根本的なメカニズムと機能を理解することです。

感情の処理、特に危険と安全を区別することは、動物の生存に不可欠です。

人間では、恐怖反応や不安状態など、過度にネガティブな感情は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの病的状態につながります。

ヨーロッパでは、人口の約15%が持続的な不安や深刻な精神疾患を抱えていると言われています。

今回、Antoine Adamantidisが率いる研究グループは、レム睡眠中に脳がポジティブな感情を強化し、強いネガティブな感情やトラウマを弱める働きがあることを明らかにしました。

この研究は、学術誌『Science』に掲載されました。

二重のメカニズム

研究チームはまず、安全性を連想させる聴覚刺激と、危険性を連想させる聴覚刺激(回避刺激)を認識するよう、マウスを条件付けしました。

次に、マウスの脳内の神経細胞の活動を、睡眠と覚醒のサイクルの間に記録した。

こうして、細胞のさまざまな領域をマッピングし、レム睡眠中に情動記憶がどのように変容するかを明らかにすることができたのです。

神経細胞は、樹状突起から入ってきた情報を統合する細胞体(ソーマ)と、軸索を介して他の神経細胞に信号を送る(アウトプット)部分から構成されています。

その結果、細胞の樹状突起が活性化している間、細胞のソーマは沈黙を保っていることがわかりました。

アダマンティディス教授:これは、2つの細胞区画の分離を意味します。つまり、ソーマは眠っていて、樹状突起は起きているのです。この分離は重要です。樹状突起の強い活動によって、危険と安全の両方の感情が符号化され、一方、レム睡眠中は、体細胞の抑制によって回路の出力が完全にブロックされるからです。つまり、脳は、樹状突起では安全か危険かの識別に有利であるが、感情、特に危険に対する過剰反応をブロックしているのです。

生存のための優位性

研究チームによれば、この2つのメカニズムが共存することは、生物の安定と生存に有利に働くそうです。

DBMRのマティア・アイメ氏は研究の筆頭著者として話します。

アイメ氏:この双方向のメカニズムは、危険な信号と安全な信号の識別を最適化するために不可欠です。ヒトでは、この識別機能が欠落し、過剰な恐怖反応が生じると、不安障害につながる可能性があります。今回の発見は、特に心的外傷後ストレス障害などの病的状態に関連しており、睡眠中に連日、前頭前野にトラウマが過剰に固着してしまいます。

睡眠医学のブレークスルー

今回の発見は、ヒトの睡眠中の情動処理に関する理解を深め、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの外傷記憶の不適応処理とその睡眠依存的な早期統合を治療するための治療標的の新しい展望を開くものです。

また、睡眠中の体性樹状突起の脱離が関与すると考えられる急性・慢性的な精神疾患には、急性・慢性ストレス、不安、うつ、パニック、さらには快感を感じられない無感覚症などがあります。

睡眠研究と睡眠医学は、ベルン大学とベルン大学病院(Inselspital)が長年にわたり注力してきた研究分野です。

アダマンティディス教授:私たちの研究成果が、患者さんだけでなく、広く一般の方にも興味を持っていただけることを願っています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » ポジティブな感情を強化、ネガティブな感情を保存「睡眠が感情を処理する仕組み」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)