「心不全のリスクの可能性を下げる」中程度の運動

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

「心不全のリスクの可能性を下げる」中程度の運動

最近どのような運動をしましたか?中程度の運動は、心不全のリスクを下げる可能性があることが改めて発見されました。

A six-year analysis of more than 94,000 adults in the U.K. Biobank with no history of heart failure at enrollment has found that engaging in moderate or vigorous physical activity may lower the risk of developing heart failure,

参照元:https://newsroom.heart.org/news/boosting-duration-intensity-frequency-of-physical-activity-may-lower-heart-failure-risk?preview=21e1
– 米国心臓協会 American Heart Association. August 29, 2022 –

英国バイオバンクに登録された心不全歴のない成人94,000人以上を対象とした6年間の分析により、中等度または活発な身体活動を行うことで心不全発症リスクが低下する可能性があることが、本日米国心臓協会の主要誌であるCirculationに発表された新しい研究により明らかにされました。

この研究は、心不全リスクの推定に客観的に測定された活動レベルを使用した初めての研究の一つです。

この結果は、毎週150〜300分の中等度の運動または75〜150分の激しい運動を行うことで、心臓発作や脳卒中の発生を抑えることができるというこれまでの研究結果と一致しています。

心不全は、心臓が血液や酸素を必要とする身体機能に追いつくために十分な血液を送り出すことができなくなったときに発症する、慢性かつ進行性の疾患で、疲労や呼吸困難などの症状を引き起こします。

米国心臓協会によると、心不全は米国で600万人以上の成人に影響を与え、2019年には86,000人以上の米国人が心不全で亡くなっています。

同協会は、成人が少なくとも週150分の中強度または週75分の強度の有酸素性身体活動を行うことを推奨しています。

本研究の共同主執筆者で、スコットランド・グラスゴー大学の公衆衛生学講師であるFrederick氏は話します。

Frederick氏:定期的な身体活動が心不全の発症リスクを下げる可能性は多くあります。例えば、身体活動は、心不全の危険因子である高血圧や2型糖尿病などの体重増加や心代謝系疾患の予防に役立ちます。また、定期的な運動は、心筋を強化し、ひいては、心不全の発症を予防する可能性があります。

研究者達は、英国バイオバンク–国民保健サービスを通じてケアを受けた50万人の成人の健康情報を登録・収集した英国の大規模研究データベース–の37~73歳の成人94,739人の健康記録を分析しました。

英国バイオバンクの参加者は、2006年から2010年にかけて、スコットランド、イングランド、ウェールズ全域でデータベースに登録されました。

この研究のためのデータは、2013年から2015年の間に集められました。

その期間中、94,739人の参加者のサブセットは、U.K. Biobankに提供した電子メールアドレスを通じて、研究への登録を無作為に招待されました。

参加者は登録時の平均年齢が56歳、57%が女性、96.6%が白人の成人でした。

参加者の募集、登録、解析の時点では、心不全と診断されたことも、心臓発作を起こしたこともなかった。

各参加者は、1日24時間、連続7日間、手首に加速度計を装着し、身体活動の強度と持続時間を測定しました。

登録後、病院記録と死亡記録をリンクさせてデータを収集しました。

身体活動測定が行われた後、中央値で6.1年のフォローアップ期間中に、解析の結果、以下のことが判明しました。

  • 1週間に150〜300分の中等度の身体活動を行った成人では、心不全のリスクが63%減少した。
  • 1週間に75-150分の活発な身体活動を行った人は、中等度または活発な身体活動をほとんど行わなかった参加者と比較して、心不全のリスクが66%減少すると推定されました。
  • 推定されたリスク低減は、年齢、性別、民族、教育、社会経済条件、喫煙、アルコール摂取、食事要因で調整されています。

Ho氏:これらの結果は、すべての身体運動が重要であることを示しています。10分程度のゆったりとした散歩は、座って何もしないよりもよいでしょう。そして、可能であれば、少し速く歩くようにすると、運動の強度と潜在的な効果が高まります。

Ho氏によると、今回の研究結果は、AHAが推奨する適度な運動以上の運動をすることで、心不全をより予防できる可能性があることを示唆しています。

Ho氏:中等度の運動は、各個人に適した500分/週までなら、心血管リスクを高める効果が期待できることがわかりました。

心不全の危険因子として、BMIが過体重または肥満の基準を満たし、高血圧、グルコースまたはコレステロールの上昇がある人は、身体活動を増やすことで特に効果が期待できると、Ho氏らは述べています。

Ho氏:医療従事者は、患者の現在のライフスタイルや健康状態に応じて、身体活動を増やすよう勧めることができます。一般的に、中程度の身体活動は日常生活に取り入れやすく、一般的に安全です。活発な身体活動は、時に最も時間効率がよく、忙しい人に適しているかもしれません。しかし、怪我や急性有害事象(以前座っていた人が激しい運動プログラムを始めた場合の心臓発作など)を防ぐために、新しい身体活動レジメンを始めるときは、すべての人に注意が必要です。

この観察研究では、身体活動の量や強度と心不全発症のリスクとの因果関係を証明することはできません。

英国バイオバンクの参加者は圧倒的に白人が多いため、これらの結果が、健康の社会的決定要因を経験する可能性のある多様な背景を持つ人々に適用されることを確認するためには、さらなる研究が必要です。

本研究の上席著者であるNaveed Sattar氏は話します。

Sattar氏:今回の結果は、わずかな量の定期的な身体活動を維持するだけでも、心不全を含む様々な慢性疾患の発症を予防できることを示唆する、圧倒的な数の他の証拠に追加されます。

Sattar氏は、グラスゴー大学循環器・医科学研究所の代謝医学の教授です。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「心不全のリスクの可能性を下げる」中程度の運動

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)