水は惑星で自然発生していた?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

水は惑星で自然発生していた?

地球上の水は46億年、その量が変動していないという論文を読んだことがあります。地球の水の量は13.86億k㎥で、実にその97.5%が海水です。というのがアカデミック的な常識だったのですが、その説が覆るのかもしれません。

The emergence of life is a mystery. Nevertheless, researchers agree that water is a precondition for life. The first cell emerged in water and then evolved to form multicellular organism. The oldest known single-cell organism on Earth is about 3.5 billion years old.

参照元:https://healthsciences.ku.dk/newsfaculty-news/2020/11/researchers-present-wild-theory-water-may-be-naturally-occurring-on-all-rocky-planets/

生命は水に深く依存していますが、水はどこから来るのでしょうか?

新しい研究に基づいて、研究者はそれが惑星の形成に関連して現れるかもしれないと信じています。

生命の起源は謎です。

それにもかかわらず、研究者たちは水が生命の前提条件であることに同意しています。

最初の細胞は水中に出現し、その後進化して多細胞生物を形成しました。

地球上で最も古くから知られている単細胞生物は約35億年前のものです。ここまでは順調ですね。

しかし、生命が水に現れた場合、水はどこから来たのでしょうか?

コペンハーゲン大学医学部保健学部の星と惑星形成センターのマーティンビザロ教授は説明します。

「水の出現については2つの仮説があります。1つは、水を含む小惑星が問題の惑星に衝突したときに、偶然に惑星に到着するというものです。」

彼はZhengbin Deng助教と一緒に、水の出現についての理論を逆さまにする新しい研究を率いました。

マーティンビザロ教授は説明します。

「もう一つの仮説は、水が惑星の形成に関連して出現するというものです。私たちの研究は、この仮説が正しいことを示唆しています。それが本当なら、水の存在は水の生物産物であることを意味するので、それは非常にエキサイティングです。」

マーティンビザロ教授と鄧小平の理論が正しいことが証明されれば、惑星系での生活は以前に想定されていたよりも発達する可能性が高かったかもしれません。

マーティンビザロ教授は説明します。

「研究は、惑星の存在の最初の9000万年の間火星に水があったことを示しています。最初の仮説によれば、天文学の時代には、これは、水に富む小惑星が地球や火星のような内側の太陽系の惑星に衝突するまでの長い時間です。」

「そして、これは非常にセンセーショナルです。火星の形成とともに水が出現したことを示唆しています。そして、水は惑星で自然に発生している可能性があり、水に富む小惑星のような外部源を必要としないことを示しています。」

この研究は、黒い隕石の分析に基づいています。

隕石は44.5億年前のものであり、若い太陽系に関する貴重な知識が含まれています。

隕石の名前であるブラックビューティーは、元の火星の地殻に由来し、太陽系の形成時の出来事に対する独自の洞察を提供します。

マーティンビザロ教授は話します。

「それは情報の金鉱です。そして非常に価値があります」


モロッコの砂漠で発見された後、隕石は1グラムあたり10,000ドルで販売されました。ZhengbinDeng助教授は補足します。

「資金の助けを借りて、2017年に研究目的で50グラム弱を購入することができました。実験室の隕石で、火星の形成時に液体の水の存在の兆候を示すことができるようになりました。しかし最初に、15グラムの高価な岩を粉砕、溶解、分析しなければなりませんでした。」

「私たちは、火星が幼少期に1つ以上の深刻な小惑星の衝突に見舞われたことを示す新しい技術を開発しました。その衝撃は、大量の酸素を放出する運動エネルギーを生み出したことを明らかにしました。そして、おそらく原因となった可能性のある唯一のメカニズムそのような大量の酸素の放出は水の存在です。」

研究者間のもう1つの論争は、表面温度が低い火星が液体の水にどのように対応できるかということです。

液体の水は、有機分子を組み立てるための前提条件です。

これは、少なくとも35億年前、地球に生命が出現したときに起こったことです。

ブラックビューティーの研究者による分析は、火星への小惑星の衝突が多くの温室効果ガスを大気中に放出したことを示しています。

ZhengbinDeng助教授は説明します。

「これは、CO 2が豊富な大気が温度を上昇させ、火星の表面に液体の水が存在することを可能にした可能性があることを意味します。」

チームは現在、BlackBeautyで見つかった微視的な含水鉱物を調べる追跡調査を行っています。

古くからの水様鉱物は、元の鉱物であり、形成されてから変化していません。つまり、隕石は水の出現そのものを目撃しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 宇宙 » 水は惑星で自然発生していた?