臨死体験の年代別傾向

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

臨死体験の年代別傾向

臨死体験に順番が存在する。そのような傾向があるかもしれない旨の研究結果が発表されました。
ある人は明るい光を見たり、ある人は安らぎを感じたり。

ともすれば、スピリチュアルに分類されるような話題に科学のメスが入りました。

No one really knows what happens when we die, but many people have stories to tell about what they experienced while being close to death. People who have had a near-death-experience usually report very rich and detailed memories of the event. Although such experiences can take many different shapes, some of the well-known phenomena include seeing a bright light, experiencing a feeling of peace, having an out-of-body experience and perceiving a tunnel. New research, published in Frontiers in Human Neuroscience, examines how frequently and in what order these different aspects of self-reported near-death-experiences occur.

参照元:https://neurosciencenews.com/near-death-experience-7180/
– フロンティア Frontiers. July 26, 2017 –

新しい研究では、自己申告による臨死体験のさまざまな側面が発生する頻度と順序を調べています。

研究者たちは、臨死体験について書かれた直接の説明を分析することにより、これらの体験の特定の側面が異なる人々に対して同じ順序で発生する傾向があるかどうかを調べました。

彼らは、いくつかのイベントがより一般的であり、いくつかは互いに続く可能性が高いにもかかわらず、臨死体験は年代学の点で個人に固有である傾向があることを発見しました。

私たちが死んだときに何が起こるかは誰にもわかりませんが、多くの人は死に近い間に経験したことを語る物語を持っています。

臨死体験をしたことがある人は、通常、その出来事の非常に豊かで詳細な思い出を報告します。

そのような経験はさまざまな形をとることができますが、よく知られている現象には、明るい光を見たり、安らぎを感じたり、体外離脱を経験したり、トンネルを知覚したりすることが含まれます。

Frontiers in Human Neuroscienceに発表された新しい研究では、自己申告による臨死体験のこれらのさまざまな側面がどのくらいの頻度で、どのような順序で発生するかを調べています。

臨死体験中に遭遇する特定の現象学的特徴をよりよく理解するために重要な研究努力がなされてきましたが、臨死体験の時間的構造に関する科学文献はまだかなり限られています。

あまり研究されていない研究分野の1つは、臨死体験に時間的な規則性があるかどうかです。

言い換えれば、人々は特定の順序でさまざまな現象を経験する傾向がありますか?

著者のシャーロット・マーシャルl氏(リエージュ大学およびベルギーのリエージュ大学病院)は話します。

「私たちの知る限り、NDEの機能が固定された順序または分布に従うかどうかを正式かつ厳密に調査した研究はありません。私たちの研究の目的は、これらの特徴の頻度分布を、グローバルに、そして物語の特徴の位置に従って、そしてさまざまな臨死体験の特徴の最も頻繁に報告された一時的なシーケンスに従って調査することでした。」

さまざまな臨死体験の頻度分布と年表を調べるために、研究者は臨死体験を経験した154人の個人から書面による報告を収集して分析しました。

彼らは、各物語に存在する特定の臨死体験に注目し、次に各物語のさまざまな現象の出現順序を調べました。

彼らは、平均して、臨死体験の間に人が約4つの異なる現象を経験することを発見しました。

最も頻繁に報告された特徴は、平和感(参加者の80%)、明るい光の観察(69%)、精神/人との出会い(64%)でしたが、最もまれな2つの経験は、思考のスピードアップ(5%)と予知ビジョン(4%)でした。

年代学の観点から、彼らは、被験者の3分の1(35%)が臨死体験の最初の特徴として体外離脱体験を経験し、最も頻繁な最後の特徴は体に戻ることであった(36%)ことを発見しました。

シャーロット・マーシャルは話します。

「これは、臨死体験が定期的に肉体からの分離感によって引き起こされ、身体に戻ったときに終了するように見えることを示唆しています。」

全体として、最も一般的に共有された経験された出来事の順序は、体外離脱、トンネルの経験、明るい光の観察、そして最後に平和の感覚でした。

この一連のイベントは、参加者の6人(22%)によって報告されました。

異なるタイプの体験の間のペアワイズ接続は、それらが時系列で互いに続く可能性の観点から見出されましたが、この物語のサンプルではイベントの普遍的なシーケンスを確立できませんでした。

シャーロット・マーシャル氏は話します。

「私たちの調査結果は、臨死体験がすべての要素を備えているわけではなく、要素が一定の順序で表示されていないように見えることを示唆しています。」

「臨死体験は普遍的な性格を持っているため、属するのに十分な共通の特徴を示す可能性があります。同じ現象にもかかわらず、報告された特徴の分布内に時間的変動が見られました。これは、臨死体験の特定の側面が普遍的であると見なすことができるかどうかについて重要な疑問を提起します。」

「これらの違いと、それらの体験の内容が彼らの期待と文化的背景を反映する正確な範囲を調査するには、さらなる研究が必要です。臨死体験の根底にある神経生理学的メカニズムと同様に。」

これらの発見は、さまざまなタイプの臨死体験が発生する順序が非常に個別である可能性があることを示唆しています。

しかし、マーシャル氏と彼女の同僚は、さまざまな現象が互いにどのように関連しているかを調査することで、臨死体験全体のより厳密な定義とより良い科学的理解につながることを望んでいます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » スピリチュアル » 臨死体験の年代別傾向

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事