運動によって誘発されるT細胞が、癌を抑制する

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

運動によって誘発されるT細胞が、癌を抑制する

カロリンスカ研究所が、運動が癌脳抑制に一定の効果がある旨の研究結果を報告しました。癌を患っている運動をしているマウスとしていないマウスの死亡率を調査したところはっきりとした差が出ました。チームは、運動によって誘発されるT細胞の影響ではないかと引き続き調査しています。

People with cancer who exercise generally have a better prognosis than inactive patients. Now, researchers at Karolinska Institutet in Sweden have found a likely explanation of why exercise helps slow down cancer growth in mice: Physical activity changes the metabolism of the immune system’s cytotoxic T cells and thereby improves their ability to attack cancer cells. The study is published in the journal eLife.

参照元:https://news.ki.se/study-shows-how-exercise-stalls-cancer-growth-through-the-immune-system
– カロリンスカ研究所 Karolinska Institutet. October 26, 2020 –

運動をしている癌患者は、一般的に、活動していない患者よりも予後が良好です。

現在、スウェーデンのカロリンスカ研究所の研究者は、運動がマウスの癌増殖を遅らせるのに役立つ理由の可能性のある説明を発見しました。

身体活動は免疫系の細胞傷害性T細胞の代謝を変化させ、それによって癌細胞を攻撃する能力を向上させます。

カロリンスカ研究所の細胞分子生物学科の教授であるランドール・ジョンソン氏は話します。

「運動のプラスの効果の背後にある生物学は、体がどのように健康を維持するかについての新しい洞察を提供するだけでなく、癌に対する治療法の設計と改善に役立ちます。」

以前の研究では、身体活動が不健康を防ぎ、さまざまな形態の癌を含むいくつかの病気の予後を改善できることが示されています。

しかし、特に生物学的メカニズムに関しては、運動が癌に対する保護効果をどのように発揮するかはまだ不明です。

もっともらしい説明の1つは、身体活動が免疫系を活性化し、それによって癌の増殖を予防および阻害する身体の能力を強化するということです。

この研究では、カロリンスカ研究所の研究者は、免疫系の細胞傷害性T細胞、つまり癌細胞の死滅に特化した白血球が運動にどのように反応するかを調べることによって、この仮説を拡張しました。

彼らは癌のマウスを2つのグループに分け、一方のグループを糸車で定期的に運動させ、もう一方のグループは非アクティブのままにしました。

結果は、訓練を受けていない動物と比較して、訓練を受けた動物では癌の成長が遅くなり、死亡率が低下したことを示しました。

次に、研究者らは、訓練を受けたマウスと訓練を受けていないマウスの両方でこれらのT細胞を除去する抗体を注射することにより、細胞傷害性T細胞の重要性を調べました。

抗体は、癌の成長と生存の両方に対する運動のプラスの効果をノックアウトしました。

これは、研究者によると、運動によって誘発される癌の抑制に対するこれらのT細胞の重要性を示しています。

研究者らはまた、腫瘍を有する訓練されたマウスから訓練されていないマウスに細胞傷害性T細胞を移し、訓練されていない動物から細胞を得たマウスと比較して彼らの見通しを改善しました。

運動が癌の成長にどのように影響するかを調べるために、研究者らはトレーニングセッション後にT細胞、血液、組織のサンプルを分離し、運動中に筋肉で生成され血漿に高レベルで排泄される一般的な代謝物のレベルを測定しました。

乳酸などのこれらの代謝物のいくつかは、T細胞の代謝を変化させ、それらの活性を増加させました。

研究者らはまた、運動した動物から分離されたT細胞が、休息している動物からのT細胞と比較して代謝の変化を示したことを発見しました。

さらに、研究者らは、これらの代謝物が人間の運動に応じてどのように変化するかを調べました。

彼らは、30分間の激しいサイクリングの後、8人の健康な男性から血液サンプルを採取し、同じトレーニングによって誘発された代謝物がヒトに放出されていることに気づきました。

カロリンスカ研究所の臨床検査医学部の主任研究員であり、研究の筆頭著者であるヘレン・ルンドクビスト氏は話します。

「私たちの研究は、運動が癌と闘う免疫細胞を活性化し、それによって癌の成長を阻害するいくつかの分子と代謝物の生成に影響を与えることを示しています。これらの結果が、私たちのライフスタイルが免疫系にどのように影響するかをより深く理解し、癌に対する新しい免疫療法の開発に役立つことを願っています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 運動によって誘発されるT細胞が、癌を抑制する

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)