ダーウィン「進化論」にDNA安定性(エネルギーコード)を盛り込むべきという主張

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ダーウィンの進化論に盛り込むべき「エネルギーコード」

ラトガース大学は、ダーウィンの進化論にDNAの安定性「エネルギーコード」を盛り込むべきだと研究により主張しています。

Darwin’s theory of evolution should be expanded to include consideration of a DNA stability “energy code” – so-called “molecular Darwinism” – to further account for the long-term survival of species’ characteristics on Earth, according to Rutgers scientists.

参照元:https://www.rutgers.edu/news/genetic-code-evolution-and-darwins-evolution-theory-should-consider-dna-energy-code
– ラトガース大学 Rutgers University. November 16, 2020 –

ラトガースの科学者によると、ダーウィンの進化論は、地球上での種の特徴の長期生存をさらに説明するために、DNAの安定性「エネルギーコード」(いわゆる「分子ダーウィニズム」)の考慮を含むように拡張されるべきです。

ラトガースの共著研究によると、象徴的な遺伝暗号は、熱力学の法則(エネルギーの流れ)に従って進化した「エネルギーコード」と見なすことができ、その進化はすべての生物種にとってほぼ特異なコードになります。

ライナスC.ポーリング大学化学科教授およびラトガース大学ニューブランズウィック校芸術科学部の化学生物学の上級著者のケネスJ.ブレスラウアー氏は話します。彼はまた、ニュージャージーのラトガーズがん研究所にも所属しています。

「これらの啓示は、人間のゲノムとあらゆる生物種のゲノム、生命の青写真を分析するまったく新しい方法を提供するため、重要です。DNA遺伝暗号の進化とすべての生物種の進化の起源は、分子DNAの青写真のさまざまなエネルギープロファイルに埋め込まれています。熱力学の法則の影響下で、このエネルギーコードは天文学的な数から進化しました。」

科学者たちは、このいわゆる「普遍的な謎」を調査し、遺伝暗号が何兆もの可能性から生じたほぼ均一な青写真に進化したという驚くべき観察の起源を調査しました。

科学者たちは、画期的な「適者生存」ダーウィン進化論の基盤を拡大して、「分子ダーウィニズム」を含めました。

ダーウィンの革命的な理論は、「自然淘汰」を通じて特定の環境で生き残ることを可能にする種の物理的特徴の世代間の永続性に基づいています。

分子ダーウィニズムとは、これらの特性をコードする分子DNAの領域が異常に安定しているため、世代を超えて存続する物理的特性を指します。

ブレスラウアー氏によると、異なるDNA領域は、特定の生物学的機能を可能にする生物の物理的構造に有利に働く可能性のある異なるエネルギーシグネチャーを示す可能性があるという。

次のステップには、ヒトゲノムの化学配列を「エネルギーゲノム」に再キャストしてマッピングすることが含まれます。

これにより、エネルギー安定性の異なるDNA領域を物理的構造や生物学的機能と関連付けることができます。

それは分子ベースの治療法のためのDNAターゲットのより良い選択を可能にするでしょう。

ラトガースニューブランズウィック大学化学化学生物学部の准研究教授であるイェンスフォルカーは、ケープタウン大学の筆頭著者であるホルストH.クランプとともにこの研究を共同執筆しました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 生物・自然 » ダーウィン「進化論」にDNA安定性(エネルギーコード)を盛り込むべきという主張