子供の運動技能と健康は連動していない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

子供の運動技能と健康は連動していない

ユヴァスキュラ大学の研究チームが、子供の運動技能と健康について調査しました。
7〜11歳の332人の子供を調査した研究は、一般的な「運動が得意な子は健康的」という概念を覆し、有酸素運動と運動技能と健康度は連動していない事等が示されています。

This study did not look at the role of exercise in the development of motor skills, but earlier studies have shown that a range of exercise, varying in motor challenges and intensity, contributes to the development of motor skills, regardless of aerobic fitness and body fat content. Higher levels of physical activity and less sedentary behaviour can also protect against the development of excess weight.

参照元:https://www.jyu.fi/en/current/archive/2021/01/clumsy-kids-can-be-fit-too
– ユヴァスキュラ大学 University of Jyväskylä. 19.01.2021 –

不器用な子供たちは、より良い運動技能を持った仲間と同じくらい好気的に健康になることができる、とフィンランドの研究が示しています。

結果は、ユヴァスキュラ大学のスポーツ健康科学部と東フィンランド大学の生物医学研究所で行われた研究に基づいており、トランスレーショナルスポーツ医学に掲載されました。

有酸素フィットネスは運動技能と密接に関係していません。

一般的な認識によると、健康な子供は運動能力も優れていますが、有酸素運動能力が低いことは、運動能力の低下と太りすぎの関連であると考えられています。

この認識は、運動能力の低下や太りすぎの危険因子としての有酸素フィットネスと体脂肪量の役割を区別しない方法の研究に基づいています。

ユヴァスキュラ大学スポーツ健康科学部のエーロ・ハーパラ博士は説明します。

「私たちの研究は、体組成が適切に考慮されている場合、有酸素フィットネスが運動技能に関連していないことを明確に示しました。また、有酸素フィットネスは太りすぎや肥満とは強く関連していませんでした。したがって、運動能力の低下や過剰な体重の危険因子としての有酸素フィットネスの低下の役割は非常に誇張されているようです。」

運動技能の発達をサポートすることができます

この研究では、運動技能の発達における運動の役割については検討していませんでしたが、以前の研究では、有酸素フィットネスや体脂肪に関係なく、運動課題と強度が異なるさまざまな運動が運動技能の発達に寄与することが示されています。

より高いレベルの身体活動とより少ない座りがちな行動もまた、過体重の発生を防ぐことができます。

ハーパラ博士は話します。

「私たちの研究の重要なメッセージは、体調が悪い子供でも運動能力があり、不器用な子供の心は彼女または彼のより熟練した仲間と同じくらい体調が良いということです。さらに、高レベルのさまざまな身体活動と座りがちな行動の減少は、運動技能の発達と子供の頃からの過剰な体重増加の防止の中心です。」

この研究では、7〜11歳の332人の子供を対象に、有酸素フィットネス、体脂肪量、運動能力の関連性を調査しました。

有酸素フィットネスは、最大自転車エルゴメーターテストと生体インピーダンスおよびDXAデバイスを使用した体組成によって測定されました。

運動技能は一般的な方法で測定されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 子供の運動技能と健康は連動していない

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)