世界で何百万人もの人々が簡単に治療できる目の病気を患っていると専門家が警鐘を鳴らす

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

世界で何百万人もの人々が簡単に治療できる目の病気を患っている

アングリアラスキン大学のボーン教授は、世界で何百万人もの人々が、簡単に治療できる目の病気を患っていると指摘しました。また、それらを放っておく経済的影響は看過せず対策を練ったほうがいいと呼びかけています。

Eye conditions that do not cause vision impairment but have economic and social consequences represent a serious and growing challenge for public health services worldwide, according to a new paper published by The Lancet Global Health Commission.

参照元:http://aru.ac.uk/news/rapidly-rising-levels-of-sight-loss-are-tip-of-the-iceberg
– アングリアラスキン大学 Anglia Ruskin University. 24 February 2021 at 11:00 –

急速に上昇する失明のレベルは「氷山の一角」です
新しい研究記事は、何百万人もの人々が簡単に治療できる眼の状態で生活していることを示しています

ランセットグローバルヘルスコミッションが発表した論文によると、視力障害を引き起こさないが経済的および社会的影響をもたらす目の状態は、世界中の公衆衛生サービスにとって深刻かつ増大する課題を表しています。

アングリア・ラスキン大学(ARU)のルパート・ボーン教授が率いる視力喪失専門家グループの調査によると、緑内障、目の痛み、結膜炎、糖尿病性網膜症などの問題は、2020年に世界中の何億人もの人々に中等度または重度の視力障害、および高齢化は、これらの状態のインスタンスが増加していることを意味します。

英国では、失明や失明を引き起こさない状態が、目の健康に関連する一般開業医の診察の約88%を占めています。

調査によると、世界中で約7600万人が緑内障を患っていますが、800万人未満は中等度から重度の視覚障害または盲目です。

糖尿病性網膜症は、440万人が盲目になるか、中等度から重度の視力障害を引き起こしましたが、約1億6000万人がこの状態にあります。

糖尿病の世界的な有病率は過去20年間で3倍になりました。

視力を損なうことはめったにない他の状態には、結膜炎、目の痛み、またはドライアイが含まれます。

ボーン教授は話します。

「中等度から重度の視力障害を持つ人々は氷山の一角にすぎません。眼科医療サービスを必要とする人はさらに多くいます。目の大きさを測定するための標準的な用語と堅牢な定義があることが重要です。」

「これらの状態が生活の質に与える影響、そして実際にそれらの経済的影響は、医療計画に情報を提供し、目の健康を改善するために厳密に評価する必要があります。」

ボーン教授は、英国全体の感覚健康調査である英国国立眼科健康聴覚研究への支援の呼びかけを主導し、医療サービスに情報を提供するための堅牢なデータを提供しています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 世界で何百万人もの人々が簡単に治療できる目の病気を患っていると専門家が警鐘を鳴らす