脳の活動が強いのは端末に各?紙に書く?

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

脳の活動が強いのは端末に各?紙に書く?

東京大学の研究チームは、物理的な紙に書く事と、デジタルデバイスを使用して記録する事の脳活動を調査しました。
結果、物理的な紙に書くことは、1時間後に情報を思い出すとき、より多くの脳活動につながる可能性がある事などが判明しました。

Contrary to the popular belief that digital tools increase efficiency, volunteers who used paper completed the note-taking task about 25% faster than those who used digital tablets or smartphones.

参照元:https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/en/press/z0508_00168.html
– 東京大学 University of Tokyo. March 19, 2021 –

概要:

  • 東京大学の研究
    • 物理的な紙に書く事と、デジタルデバイスを使用して記録する事の脳活動を調査
    • 物理的な紙に書くことは、1時間後に情報を思い出すとき、より多くの脳活動につながる可能性がある
  • 実験:
    • 18〜29歳で、大学のキャンパスまたはNTTのオフィスから採用された合計48人のボランティア
    • ボランティアは、14の異なる授業時間、割り当ての期日、個人的な予定など、近い将来の2か月間の計画について話し合うキャラクター間の架空の会話を読んだ
    • 記憶力、デジタルまたはアナログ方式の個人的な好み、性別、年齢、および他の側面を測定
    • 紙の日付帳とペン、デジタルタブレットとスタイラスのカレンダーアプリ、または大型スマートフォンとタッチスクリーンキーボードのカレンダーアプリを使用して架空のスケジュールを記録
    • 時間制限はなく、ボランティアは、スケジュールを記憶するために余分な時間を費やすことなく、実際のスケジュールと同じ方法で架空のイベントを記録してもらった
    • 休憩とカレンダーについて考えることから彼らをそらすための干渉タスクを含む1時間後、ボランティアは単純な(割り当ての期限はいつですか?)と複雑な(割り当ての早い期限はどれですか?)複数の選択肢の範囲に回答
    • スケジュールの記憶をテストするための質問。彼らがテストを完了している間、ボランティアは脳の周りの血流を測定する磁気共鳴画像法(MRI)スキャナーで脳波を記録
      • これは機能的MRI(fMRI)と呼ばれる手法で脳の特定の領域で観察される血流の増加は、その領域での神経活動の増加の兆候
  • 結果:
    • 物理的な紙に手で書くことに関連する独特で、複雑で、空間的で触覚的な情報が、記憶の改善につながる可能性が高い
    • デジタルツールは効率を高めるという一般的な信念に反して、紙を使用したボランティアは、デジタルタブレットやスマートフォンを使用したボランティアよりも約25%速くメモを取るタスクを完了した
    • タブレットユーザーは14分、スマートフォンユーザーは約16分かかった
    • 個人的な生活でアナログ手法を使用したボランティアは、デジタルツールを定期的に使用するボランティアと同じようにデバイスの使用が遅かったため、研究者は、速度の違いが、脳内の暗記または関連するエンコードに関連していると推測
    • アナログ手法を使用したボランティアは、簡単なテストの質問でのみ他のボランティアよりも高いスコアを獲得した
    • 紙を使用したボランティアは、言語、想像上の視覚化に関連する領域、および海馬(記憶とナビゲーションにとって重要であることが知られている領域)でより多くの脳活動を示した
    • 研究者によると、海馬の活性化は、アナログ手法には、心の目で思い出してナビゲートできる、より豊かな空間の詳細が含まれていることを示している

日本の大学生と最近の卒業生の研究は、物理的な紙に書くことは、1時間後に情報を思い出すとき、より多くの脳活動につながる可能性があることを明らかにしました。

研究者は、物理的な紙に手で書くことに関連する独特で、複雑で、空間的で触覚的な情報が、記憶の改善につながる可能性が高いと言います。

東京大学の神経科学者であり、対応する著者である酒井邦嘉教授は話します。

「行動神経科学のフロンティアに最近発表された研究です。調査は、NTTデータ経営研究所の協力者とともに完了しました。」

デジタルツールは効率を高めるという一般的な信念に反して、紙を使用したボランティアは、デジタルタブレットやスマートフォンを使用したボランティアよりも約25%速くメモを取るタスクを完了しました。

ボランティアはペンと紙、またはスタイラスとデジタルタブレットの両方を使って手書きで書いていますが、研究者は紙のノートにはデジタル紙よりも複雑な空間情報が含まれていると言います。

物理的な紙は、具体的な永続性、不規則なストローク、および折りたたまれた角のような不均一な形状を可能にします。

対照的に、デジタルペーパーは均一で、スクロール時に固定位置がなく、アプリを閉じると消えます。

酒井氏は話します。

「私たちの持ち帰りのメッセージは、学習または記憶する必要のある情報に紙のノートを使用することです。」

この研究では、合計48人のボランティアが、14の異なる授業時間、割り当ての期日、個人的な予定など、近い将来の2か月間の計画について話し合うキャラクター間の架空の会話を読みました。

研究者は、すべて18〜29歳で、大学のキャンパスまたはNTTのオフィスから採用されたボランティアが、記憶力、デジタルまたはアナログ方式の個人的な好み、性別、年齢、および他の側面を測定しました。。

次に、ボランティアは、紙の日付帳とペン、デジタルタブレットとスタイラスのカレンダーアプリ、または大型スマートフォンとタッチスクリーンキーボードのカレンダーアプリを使用して架空のスケジュールを記録しました。

時間制限はなく、ボランティアは、スケジュールを記憶するために余分な時間を費やすことなく、実際のスケジュールと同じ方法で架空のイベントを記録するように求められました。

休憩とカレンダーについて考えることから彼らをそらすための干渉タスクを含む1時間後、ボランティアは単純な(割り当ての期限はいつですか?)と複雑な(割り当ての早い期限はどれですか?)複数の選択肢の範囲に答えました。

スケジュールの記憶をテストするための質問。彼らがテストを完了している間、ボランティアは脳の周りの血流を測定する磁気共鳴画像法(MRI)スキャナーの中にいました。

これは機能的MRI(fMRI)と呼ばれる手法であり、脳の特定の領域で観察される血流の増加は、その領域での神経活動の増加の兆候です。

約11分以内にカレンダーに記入された紙の日付帳を使用した参加者。

タブレットユーザーは14分、スマートフォンユーザーは約16分かかりました。

個人的な生活でアナログ手法を使用したボランティアは、デジタルツールを定期的に使用するボランティアと同じようにデバイスの使用が遅かったため、研究者は、速度の違いが、脳内の暗記または関連するエンコードに関連していると確信しています。

アナログ手法を使用したボランティアは、簡単なテストの質問でのみ他のボランティアよりも高いスコアを獲得しました。

しかし、研究者たちは、脳の活性化データが有意差を明らかにしたと言います。

紙を使用したボランティアは、言語、想像上の視覚化に関連する領域、および海馬(記憶とナビゲーションにとって重要であることが知られている領域)でより多くの脳活動を示しました。

研究者によると、海馬の活性化は、アナログ手法には、心の目で思い出してナビゲートできる、より豊かな空間の詳細が含まれていることを示しています。

酒井氏は説明します。

「デジタルツールは、ウェブページのように、均一な上下スクロールとテキストと画像サイズの標準化された配置を備えています。しかし、紙に印刷された物理的な教科書を覚えている場合は、目を閉じて写真を3分の1下まで視覚化できます。左側のページと、下の余白に追加したメモです。」

研究者によると、ハイライト、下線、丸、矢印の描画、余白に色分けされたメモの手書き、仮想付箋の追加、またはその他の種類の独自のマークアップによってデジタルドキュメントをパーソナライズすると、メモリを強化する可能性のあるアナログスタイルの空間エンリッチメントを模倣できます。

彼らは若いボランティアからのデータを持っていませんが、研究者はアナログとデジタルの方法の間の脳の活性化の違いが若い人でより強い可能性が高いと疑っています。

酒井氏は話します。

「高校生の脳はまだ発達していて、大人の脳よりもはるかに敏感です。」

現在の研究は学習と暗記に焦点を合わせていますが、研究者は創造的な追求にも紙を使用することを奨励しています。

酒井氏は話します。

「事前の知識をより強力な学習で保存し、記憶からより正確に取得すれば、創造性がより実りあるものになるのは当然です。芸術、作曲、その他の創造的な作品では、デジタル手法の代わりに紙を使用することを強調します。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 脳の活動が強いのは端末に各?紙に書く?