ナルシズムが「自己満足のような不快な行動」をする悲しい理由

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

ナルシズムが「自己満足のような不快な行動」をする悲しい理由

ニューヨーク大学の研究チームは、ナルシズムが自己満足のような不快な行動をとる理由を調査しました。
ナルシストは大げさではなく、むしろ不安を抱えており、このようにして不安に対処している事などが判明しました。

Narcissism is driven by insecurity, and not an inflated sense of self, finds a new study by a team of psychology researchers. Its research, which offers a more detailed understanding of this long-examined phenomenon, may also explain what motivates the self-focused nature of social media activity.

参照元:https://www.nyu.edu/about/news-publications/news/2021/march/narcissism-driven-by-insecurity–not-grandiose-sense-of-self–ne.html
– ニューヨーク大学 New York University. Mar 25, 2021 –

概要:

  • ニューヨーク大学の研究
    • ナルシズムが自己満足のような不快な行動をとる理由を調査
    • ナルシストは大げさではなく、むしろ不安を抱えており、このようにして不安に対処している事が判明
  • Tips:
    • ナルシストは不安を抱えている、その不安に対処するために柔軟性を発揮する
    • そうすると、長期的には他人からの好感度が下がり、その結果、自分の不安感をさらに悪化させてしまう
    • フレックス行動の悪循環に陥る
  • 調査:
    • 女性が約6割、男性が約4割の約300人の参加者
    • 中央値20歳、151の質問にコンピューターで回答
    • 調査対象は、自己愛が強すぎるとされる自己愛性人格障害(NPD)
      • 「誇大性自己愛」と「脆弱性自己愛」の2つのサブタイプに分類した
    • 関連疾患であるサイコパシーも、誇大な自己意識の特徴
    • これらの症状がどのように関連しているのか、の調査
    • 手法:
      • PRISN(Performative Refinement to soothe Insecurities about SophisticatioN)という測定方法
      • FLEX(perFormative seLf-Elevation indeX)という測定方法
        • FLEXは、印象管理として現れ、自己高揚傾向につながる、不安に駆られた自己概念化を捉える
      • PRISN尺度は、
        社会的望ましさ(「誰と話していても、私は聞き上手だ」)
        自尊心(「全体として、私は自分に満足している」)
        サイコパス(「私は反省しない傾向がある」)
      • またFLEXは、
        印象管理(「機会があれば目立ちたがり屋」)
        社会的承認の必要性(「重要なイベントで見られることが重要」)
        自己高揚(「絶妙なセンスを持っている」)
        社会的優位性(「他の人よりも知っていることが好き」)
  • 結果:
    • FLEXとナルシシズムとの間には高い相関関係が見られた
    • が、サイコパスとの間には相関は見られなかった
  • 結果のいくつかの例
    • FLEXの指標である「社会的承認の必要性」は、脆弱なナルシシズムの特徴である「演技的な自己顕示」を行う傾向と相関していた
    • 自尊心の高さなどのサイコパシーの指標は,脆弱なナルシシズムとの相関が低く,不安感の欠如を示していた
  • 最終的な結果:
    • 本物のナルシストは不安を抱えており、脆弱なナルシズムのサブタイプであることを示している
    • 一方、壮大なナルシズムは、サイコパスの症状かもしれない

ナルシシズムは、誇大な自己意識ではなく、不安によって引き起こされることが、心理学の研究チームによる新しい研究で明らかになりました。

この研究は、長年検討されてきたこの現象をより詳細に理解するもので、ソーシャルメディアでの活動が自己中心的であることの動機も説明できるかもしれません。

ニューヨーク大学心理学部の臨床准教授であり、学術誌「Personality and Individual Differences」に掲載された論文の上席著者であるパスカル・ワリッシュ氏は話します。

「ナルシストが自己満足のような不快な行動をとる理由は、長い間、不明でした。これは、ソーシャルメディアの時代に非常によく見られるようになった行動で、『フレッシング』と呼ばれています。」

「我々の研究により、これらのナルシストは大げさではなく、むしろ不安を抱えており、このようにして不安に対処しているようであることが明らかになりました。」

論文の主執筆者であり、研究当時、ニューヨーク大学の大学院生であったMary Kowalchyk氏は補足します。

「より具体的には、この結果は、自己価値の低さを克服してカバーするための代償適応として、ナルシシズムがよりよく理解されることを示唆しています。」

「ナルシストは不安を抱えており、その不安に対処するために柔軟性を発揮します。そうすると、長期的には他人からの好感度が下がり、その結果、自分の不安感をさらに悪化させてしまい、フレックス行動の悪循環に陥ってしまうのです。」

今回の調査では、女性が約6割、男性が約4割の約300人の参加者が、中央値20歳で、151の質問にコンピューターで回答しました。

調査対象となったのは、自己愛が強すぎるとされる自己愛性人格障害(NPD)で、「誇大性自己愛」と「脆弱性自己愛」の2つのサブタイプに分類されます。

また、関連疾患であるサイコパシーも、誇大な自己意識を特徴とする。研究チームは、これらの症状がどのように関連しているのかを解明しようとしました。

そのために、PRISN(Performative Refinement to soothe Insecurities about SophisticatioN)と呼ばれる新しい測定法を考案し、FLEX(perFormative seLf-Elevation indeX)を作成しました。

FLEXは、印象管理として現れ、自己高揚傾向につながる、不安に駆られた自己概念化を捉えています。

PRISN尺度には、

  • 社会的望ましさ(「誰と話していても、私は聞き上手だ」)、
  • 自尊心(「全体として、私は自分に満足している」)、
  • サイコパス(「私は反省しない傾向がある」)を調査するための一般的な尺度が含まれています。

またFLEXは、

  • 印象管理(「機会があれば目立ちたがり屋」)、
  • 社会的承認の必要性(「重要なイベントで見られることが重要」)、
  • 自己高揚(「絶妙なセンスを持っている」)、
  • 社会的優位性(「他の人よりも知っていることが好き」)の4つの要素から構成されていることが示されました。

その結果、FLEXとナルシシズムとの間には高い相関関係が見られたが、サイコパスとの間には見られませんでした。

例えば、FLEXの指標である「社会的承認の必要性」は、脆弱なナルシシズムの特徴である「演技的な自己顕示」を行う傾向と相関していました。

一方,自尊心の高さなどのサイコパシーの指標は,脆弱なナルシシズムとの相関が低く,不安感の欠如を示唆していました。

これらの結果は、本物のナルシストは不安を抱えており、脆弱なナルシズムのサブタイプであることを示唆しています。

一方、壮大なナルシズムは、サイコパスの症状として理解するのがよいかもしれない。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » ナルシズムが「自己満足のような不快な行動」をする悲しい理由