「神経因性/炎症性疼痛の有意なリスク要因となる」欧米型の食生活

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

「神経因性/炎症性疼痛の有意なリスク要因となる」欧米型の食生活

オメガ6系多価不飽和脂肪酸を多く含む典型的な欧米型の食生活は、炎症性疼痛と神経因性疼痛の両方の有意なリスク要因となります。

They found that typical Western diets high in omega-6 polyunsaturated fats served as a significant risk factor for both inflammatory and neuropathic pain.

参照元:https://news.uthscsa.edu/western-high-fat-diet-can-cause-chronic-pain-according-to-groundbreaking-paper-by-ut-health-san-antonio-led-team/
– テキサス大学 University of Texas Health Science Center at San Antonio.  June 23, 2021 –

欧米の高脂肪食が慢性的な痛みの原因になるとの研究結果を発表

ヘルスサイエンスセンター・アット・サンアントニオ

典型的な欧米型の高脂肪食は、糖尿病や肥満などの疾患を持つ人々に共通する疼痛性疾患のリスクを高める可能性があることが、テキサス大学サンアントニオ健康科学センター(UT Health San Antonio)を中心とするチームが執筆した画期的な論文で明らかになりました。

さらに、関節炎、外傷、手術などの炎症性の痛みや、糖尿病などの神経障害性の痛みを引き起こす疾患の痛みを、食事を変えることで大幅に軽減、または元に戻すことができる可能性があります。

この新しい発見は、慢性的な痛みを持つ患者の治療に、食事を変えるか、特定の脂肪酸の体内での放出を阻止する薬剤を開発するだけで役立つ可能性があります。

この論文は、UTヘルス・サンアントニオ歯学部のJacob T. Boyd医学博士とPeter M. LoCoco博士を筆頭に、地元の研究者15名が共同で執筆したもので、5年以上の歳月をかけて、6月の学術誌「Nature Metabolism」に掲載されました。

また、共著者のうち11名はUTヘルス・サンアントニオの出身者で、そのうち7名はバイオメディカルサイエンス大学院の在校生または卒業生、3名はテキサス大学サンアントニオ校の化学科、1名はサウステキサス退役軍人健康管理システムの神経科の出身者です。

論文の上席著者であるテキサス大学サンアントニオ校歯内療法学科教授兼学科長のKenneth M. Hargreaves博士は話します。

「この研究は、チームサイエンスの最良の例です。つまり、相補的な専門知識を持つ複数の科学者や臨床医が協力して、より良い生活を実現することができるのです。」

慢性的な痛みは、世界中で身体障害の大きな原因となっています。

しかし、糖尿病、自己免疫疾患、心血管疾患の管理には脂肪を減らすことが推奨されていますが、食事中の脂質(脂肪酸)が痛みの症状に果たす役割については、これまであまり知られていませんでした。

今回の論文では、Boyd博士らが、マウスとヒトを対象に、複数の方法を用いて、痛みの症状における多価不飽和脂肪酸の役割を研究しました。

その結果、オメガ6系多価不飽和脂肪酸を多く含む典型的な欧米型の食生活が、炎症性疼痛と神経因性疼痛の両方の有意なリスク要因となることがわかりました。

オメガ6系脂肪酸は、主に植物油を使った食品に含まれており、効果があります。

しかし、肥満の原因となる欧米の食生活では、コーンチップやオニオンリングなどに含まれるオメガ6系脂肪が、魚や亜麻仁、クルミなどに含まれる健康に良いオメガ3系脂肪よりもはるかに多く含まれているのが特徴です。

一般に、オメガ6系脂肪を多く含む不健康な食品には、加工されたスナック菓子、ファーストフード、ケーキ、脂肪分の多い肉や生肉などがあります。

このような食生活を改め、特にオメガ6系の脂質を減らし、オメガ3系の脂質を増やすことで、これらの痛みの症状が大きく軽減されたことがわかりました。

また、2型糖尿病性神経因性疼痛の患者におけるオメガ6系脂質の皮膚レベルは、報告されている疼痛レベルや鎮痛剤の服用の必要性と強く関連していることが実証されました。

サンアントニオ工科大学の神経学教授であり、国立衛生研究所が指定した南テキサス医療科学者トレーニングプログラムの副学部長兼ディレクターであるJosé E. Cavazos医学博士は話します。

「この論文は、この神経疾患の性質を変える治療法がないため、アンメット・トランスレーショナル・ニーズの高い分野に貢献するものとして注目されています。」

デューク大学の研究者Aidan McGinnisとRu-Rong Ji氏は、論文に添付された論説の中で、「Boydらのこの包括的でエレガントな研究は、新しい臨床試験の基盤となり、最終的には神経障害の臨床治療に新たな道を提供することになるでしょう。」 と述べています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 「神経因性/炎症性疼痛の有意なリスク要因となる」欧米型の食生活

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)

J O B仕 事

人気 (❁´ω`❁)