5歳児頃からの口述能力を高める「乳幼児のビートジェスチャー」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

5歳児頃からの口述能力を高める「乳幼児のビートジェスチャー」

生後14カ月から58カ月の乳児の手を使ったビートジェスチャーは、5歳以降の口述能力をより良くする可能性があります。

The study has shown that beat gestures produced by children aged 14 to 58 months play a very important role in narrative development at later stages

参照元:https://www.upf.edu/en/web/focus/noticies/-/asset_publisher/qOocsyZZDGHL/content/id/246153160/maximized#.YNQ490wp42z
– ポンペウ・ファブラ大学 Universitat Pompeu Fabra. 02.06.2021 –

子どものビートジェスチャーが、その後の口腔能力の発達を予測する

2021年5月21日にChild Development誌に掲載された研究によると、生後14カ月から58カ月の乳児が、保育者との自然な関わりの中で、手を使ったビートジェスチャー(通常、強調に関連するジェスチャーで、音声の意味内容を表さないもの)を早期に作り出すことは、5歳近くになってからの発達において、口述能力の面でより良い結果が得られることを予測します。

著者らは、ビートジェスチャーの予測値を、手のひらのジェスチャーやアイコン的なジェスチャーと比較して分析しました。

しかし、アイコニックジェスチャー(談話の意味内容を視覚的に表現するジェスチャー、例えば「ボール」を表現するために手をボールの形に動かす)や手のフリップジェスチャー(手首をひねって行うジェスチャー、例えば肩を上げて「わからない」という不確かさを表現する)など、他のタイプのジェスチャーを行った場合には、同様の効果は見られませんでした。

この研究は、UPFの韻律研究(GrEP)グループと、シカゴ大学(米国イリノイ州)の翻訳・言語科学科およびゴールディン-メドウ研究室との共同研究の成果であり、Ingrid Vilà-Giménez(UPFおよびUdG)とPilar Prieto(ICREA、UPF)が研究者のNatalie DowlingとSusan Goldin-Meadow(米国シカゴ大学)とÖ. Ece Demir-Lira(アイオワ大学)が参加しました。

本研究では、縦断的な手法を用いて、子どもたちの発達の異なる時点でのデータを分析しました。

このデータは、シカゴ大学が所有する言語発達に関する大規模な縦断的データベースに属しています。

研究者らは、生後14カ月から58カ月の子ども45人を対象に、食事時やゲーム、絵本の読み聞かせなど、保護者とのやりとりの中での発話と3種類のジェスチャーの生成を分析しました。

特に、拍子のあるジェスチャーは、手のひらを返すジェスチャーや象徴的なジェスチャーと比較して、予測能力が高いことがわかりました。

5歳になった同じ子どもたちは、音のない漫画から物語を語るという課題に参加しました。

今回の研究では、14〜58カ月の子どもが作り出すビートジェスチャーが、その後の物語の発達に非常に重要な役割を果たすことが明らかになりました

生後14カ月から58カ月までの子どものビートジェスチャーは、数年後の子どもの口頭能力の向上を予測することができるため、後の段階での物語の発達に非常に重要な役割を果たすことが明らかになりました。

このようなビートジェスチャーが、単に子どもが発話を構成する能力を持っていることを反映しているのか、あるいは、発話の隆起に関連する発話の要素をマルチモーダルにマークしているのか(つまり、強調をマークしているのか)については、研究結果からは実証的な証拠は得られていませんが、研究者らは、このようなジェスチャーが子どもの初期の発話において非常に重要な語用論的役割を果たしていると主張しています。

このような拍子のジェスチャーの語用論的機能は、物語の談話を構造化する機能と関連していることに留意する必要があります。

したがって、本研究の結果が示唆するように、子どもの初期の語りの発話におけるビートジェスチャーの語用論的機能は、子どもの初期の発話の発達に加えて、後の年齢での口頭での語りのスキルの発達にも非常に重要であると言えることを強調しています。

本研究は、同じ研究者の何人かが発表した、5歳と6歳の子どもの口頭能力を向上させるために、ビートジェスチャーを観察したり制作したりする短い介入の効果についての先行実証を強化することに大きく貢献しています(Vilà-Giménez et al., 2019; Vilà-Giménez and Prieto, 2020; see also Vilà-Giménez and Prieto, 2021)。

同様に、他の補完的な研究でも、これらのジェスチャーが、物語の理解など、子どもの他のより複雑な言語能力に好影響を与えることが示されています(Llanes-Coromina et al.2018)。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 5歳児頃からの口述能力を高める「乳幼児のビートジェスチャー」