死亡や不健康のリスクが高い「短時間睡眠・少運動量の人」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

死亡や不健康のリスクが高い「短時間睡眠・少運動量の人」

睡眠スコアが低いほど、あらゆる原因による死亡、あらゆる種類の心血管疾患による死亡、虚血性脳卒中による死亡のリスクが高いようです。

Both physical inactivity and poor sleep are independently associated with a heightened risk of death and/or cardiovascular disease and cancer.

参照元:https://www.bmj.com/company/newsroom/high-physical-activity-levels-may-counter-serious-health-harms-of-poor-sleep/
– BMJ 29/06/21 –

睡眠の質が最も悪く、運動量が最も少ない人は、心臓病、脳卒中、がんによる死亡リスクが最も高いことが明らかになり、この2つの活動の相乗効果の可能性が示唆されました。

運動不足と睡眠不足は、それぞれ独立して、心血管疾患やがんによる死亡リスクの上昇と関連しています。

しかし、これらが複合的に健康に影響を及ぼしているかどうかは明らかではありません。

そこで、研究チームは、UK Biobank研究に参加している380,055人の中高年(平均年齢55歳)の男女から得られた情報をもとに、この問題をさらに検討しました。

UKバイオバンクは、2006年から2010年にかけて英国内で募集された50万人以上の37~73歳の人々の長期にわたる健康状態を追跡しています。

参加者は、1週間の身体活動量をMET(Metabolic Equivalent of Task)分で測定した情報を提供しました。

MET分とは、1分間の身体活動で消費されるエネルギー(カロリー)の量に相当します。

例えば、1週間に600MET分とは、1週間に150分の中強度の活動、または75分以上の高強度の身体活動に相当します。

身体活動レベルは、世界保健機関(WHO)のガイドラインに基づき、高(1200MET分/週以上)、中(600~1200未満)、低(1~600未満)、中・高強度の身体活動なしに分類されました。

睡眠の質は、年代別(夜型、朝型)、睡眠時間、不眠、いびき、日中の眠気などから、0〜5の睡眠スコアを用いて、健康(4+)、中間(2〜3)、不良(0〜1)に分類しました。

提供された情報から、12種類の身体活動と睡眠パターンの組み合わせが導き出されました。

その後、参加者の健康状態を2020年5月または死亡のいずれか早い方まで平均11年間追跡し、あらゆる原因による死亡、すべての種類の心血管疾患、冠動脈心疾患、脳卒中、すべての種類のがん、肺がんによる死亡のリスクを評価しました。

モニタリング期間中の死亡者数は1万5503人で、そのうち4095人があらゆる種類の心血管疾患、9064人があらゆる種類のがんによるものでした。

このうち、1932人が冠動脈性心臓病、359人が脳出血性脳卒中、450人が血栓性脳卒中、1595人が肺がんで亡くなりました。

約223,445人(59%)が高身体活動群、57,771人(15%)が中程度の身体活動群、39,298人(10%)が低身体活動群、59,541人(16%)が中・高身体活動なし群に属していました。

半数以上(56%)の参加者が健康的な睡眠パターンを持ち、42%が中間的な質の睡眠、3%が質の悪い睡眠と分類されました。(数値は四捨五入しています)。

また、年齢が若く、女性で、痩せていて、経済的に恵まれていて、果物や野菜をよく食べ、1日のうち座っている時間が少なく、精神的な問題がなく、喫煙しておらず、シフト制ではなく、飲酒量が少なく、体をよく動かしている人ほど、健康的な睡眠スコアを持つ傾向がありました。

睡眠スコアが低いほど、あらゆる原因による死亡、あらゆる種類の心血管疾患による死亡、虚血性脳卒中による死亡のリスクが高いことがわかりました。

身体活動量が多い+健康的な睡眠スコアの組み合わせの人と比較して、中・高強度の身体活動がない+睡眠不足の組み合わせの人は、あらゆる原因による死亡のリスクが最も高かった(57%増)。

また、あらゆる種類の心血管疾患による死亡リスク(67%増)、あらゆる種類のがんによる死亡リスク(45%増)、肺がんによる死亡リスク(91%増)が最も高くなりました。

身体活動レベルの低下は、脳卒中を除くすべての健康アウトカムと睡眠不足との間の好ましくない関連性を増幅させました。

本研究は観察研究であり、因果関係を立証することはできないと研究者らは認めています。

また、本研究は自己申告に頼っており、睡眠パターンや身体活動に関する重要な情報は、ある時点でのみ収集されたものであり、職種や世帯規模など、影響を及ぼす可能性のある要因は除外されています。

とはいえ、研究者たちは次のように結論づけています。

「WHOガイドライン(600代謝相当タスク分/週)の閾値以上の身体活動レベルでは、睡眠不足と死亡率との有害な関連性のほとんどが排除されました。」

今回の結果は、健康増進のために身体活動と睡眠の質の両方を目標とする取り組みを後押しするものである、と研究チームは述べています。

研究チームは補足します。

「睡眠と(身体活動)が健康アウトカムに及ぼす相乗効果を支持するエビデンスが出てきているので、将来的には両方の行動を同時に対象とした試験が必要です。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 健康 » 死亡や不健康のリスクが高い「短時間睡眠・少運動量の人」