「親子の会話が減る」低所得者層の家族

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

「親子の会話が減る」低所得者層の家族

所得格差を是正すれば、低所得者層の子供の語彙力が向上する可能性があります。
低所得者層の家族は、子供との会話が少なく、また給料日が多く設定されている月末も、子供と会話する回数が減るようです。

Three decades ago, child development researchers found that low-income children heard tens of millions fewer words in their homes than their more affluent peers by the time they reached kindergarten.

参照元;https://news.berkeley.edu/2021/07/16/word-gap-when-moneys-tight-parents-talk-less-to-kids/
– カリフォルニア大学 University of California. JULY 16, 2021 –

30年前、児童発達研究者たちは、低所得層の子どもたちが幼稚園に上がるまでに、家庭内で聞く言葉が裕福な子どもたちに比べて何千万語も少ないことを発見しました。

この「言葉の格差」は、社会経済的な学力格差と関連しており、現在も続いています。

言葉の格差の原因としては、子育ての欠陥が指摘されてきましたが、カリフォルニア大学バークレー校の新しい研究では、子育てが行われる経済的背景、つまり貧富の差が関係していることが明らかになりました。

この研究結果は、学術誌「Developmental Science」に掲載され、経済的に困窮しているときには、親は子供との会話が少なくなる可能性があることを初めて示しています。

カリフォルニア大学バークレー校の心理学教授であるMahesh Srinivasan氏は話します。

「私たちは、親が経済的な欠乏について考えたり、経験したりしたときに何が起こるかに興味を持ち、そのような緊張が子供への話しかけを抑制するという証拠を見つけました。」

「今回の結果は、所得格差という幅広い問題に取り組まずに学力格差を解消するには、子育てのトレーニングだけでは不十分であることを示唆しています。」

本研究の予備的な結果は、アメリカン・レスキュー・プラン(American Rescue Plan)の子どもの税額控除など、貧困家庭に対する補助的な現金支給などの政府の貧困削減プログラムが、発達面や教育面で有益であることを裏付けています。

Srinivasan氏は続けます。

「言葉の格差をなくすための既存の施策は、子育てのスキルを向上させることに重点が置かれてきました。しかし、今回の結果は、現金を直接給付するなどして親の経済的負担を軽減することで、親の子どもとの関わり方を大きく変えることができることを示唆しています。」

最初の実験では、親が子ども(この場合は3歳児)とどのように接するかを観察した。一方、対照群の親には、最近経験した他の出来事を尋ねた。

実験に参加した84人の親のうち、経済的な欠乏の経験を語った実験グループの親は、他の形の欠乏(果物が十分にないなど)について語った親や、資源の不足の経験を思い出させてもらわなかった親に比べて、実験室での観察中に3歳児に話しかける回数が少なかった。

2つ目の実験では、LENA技術を用いて収集した既存のデータを使用しました。

LENA技術とは、子どもたちが身につける小さな「おしゃべり歩数計」で、子どもたちの会話を記録し、子どもたちが聞いたり言ったりした言葉を数えるものです。

分析の結果、研究者の予想通り、月末になると親の子どもとの会話が減ることがわかりました。

この時期は、給料日やその他の収入源を待つために、親がお金に困る時期と重なります。

カリフォルニア大学バークレー校の心理学博士課程に在籍するモニカ・エルウッド=ロウ氏は話します。

「同じ親から月の異なる時期に録音したデータがあったので、実質的に親をコントロールすることができました。これにより、親の個人的な特徴とは別に、経済的な負担が大きいときと小さいときの親の会話パターンの違いを正確に特定することができました。」

「言葉のギャップ」という言葉は、1990年代初頭にカンザス大学の研究者Betty HartとTodd Risleyが、子供の最初の3年間における早期言語発達を研究するために、42の家庭での言葉のやりとりを追跡したときに生まれた言葉です。

研究者たちは、毎日、各家庭での1時間の会話を録音し、その間に子どもたちが聞いたすべての言葉を数えました。

この結果は、1995年に出版された書籍『Meaningful Differences in the Everyday Experience of Young American Children』と、2003年に発表された続報『The Early Catastrophe: “The 30 Million Word Gap by Age 3″に記載されています。

HartとRisleyの方法論を疑問視する声もありますが、基本的な発見は何度も再現されており、格差を縮めるためのアプローチが求められています。

そこで登場したのが、Srinivasan氏と彼の研究チームです。

Srinivasan氏は続けます。

「言葉の格差に関する議論で欠けているのは、貧困やそれに伴う多くの困難な経験が、親の言葉遣いに影響を与えているという可能性だと思いました。予備的な調査結果は、研究者たちの仮説を支持するものでしたが、同時に、お金の心配と親の子どもへの言葉の関わり方との関係をより深く掘り下げることが必要だと考えています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 社会 » 「親子の会話が減る」低所得者層の家族

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)