従来考えられていた木星と土星の軌道は、間違いだったのかもしれない

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

従来考えられていた木星と土星の軌道は、間違いだったのかもしれない

従来考えられていた木星と土星の軌道をリバースエンジニアリングにより再現し、6000回シミュレートしても現在の惑星の構成にならないことがわかりました。

In its youth, our Sun was surrounded by a rotating disk of gas and dust from which the planets were born.  The orbits of early formed planets were thought to be initially close-packed and circular, but gravitational interactions between the larger objects perturbed the arrangement and caused the baby giant planets to rapidly reshuffle, creating the configuration we see today.

参照元:https://carnegiescience.edu/news/where-were-jupiter-and-saturn-born

その昔太陽は、惑星から発せられたガスと塵が回転する円盤に囲まれていました。

初期に形成された惑星の軌道は、最初は密集して円形であると考えられていました。

より大きな物体間の重力相互作用が配置を混乱させ、生まれたばかりの巨大惑星を急速に再シャッフルさせていき、今日見られる惑星の構成を作成していったと考えられています。

研究チームのクレメント氏は説明します。

天の川銀河だけでも何千もの惑星があります。しかし、太陽系の配置は非常に珍しい事がわかりました。そこで、リバースエンジニアリングを用いてその構成過程を再現する事にしました。これは、自動車事故を検証する為に状況を再現する作業に似ています。車の破損具合から、車のスピードや衝突の時の方向がわかるように。」

およそ6000ものシミュレートの結果、木星と土星のもとの位置について、予想外の事がわかりました。

まだ幼かった木星は、土星が太陽の周りを2周するごとに、3周すると考えられていました。

しかし、その配置では、今日見られる巨大惑星の構成を十分に説明する事ができませんでした。

そこで、土星が太陽の周りを1周する時、木星が2回周回するようにシミュレートしてみた結果、その軌道で今日の惑星の構成をより一貫して生成することが示されました。

このシミュレートにより、モデルの有効性を確立したので、このモデルを使用して、地球型惑星の形成を調査したり、ほかの場所での同様のシステムを探す能力を知らせたりする事ができる可能性があります。

このモデルはまた、天王星と海王星の位置が、冥王星が最大のメンバーである準惑星と、プラネトイドで構成される太陽系の端の氷の領域であるカイパーベルトの質量によって形作られていることを示しました。

その氷の領域は、太陽系が幼少期の頃に追い出されてしまった事も分かりました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 宇宙 » 従来考えられていた木星と土星の軌道は、間違いだったのかもしれない

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)