脂肪の消費を遅らせる農薬「クロルピリホス」

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

脂肪の消費を遅らせる農薬「クロルピリホス」

一般的な農薬のクロルピリホスが肥満問題の原因になっているかもしれない旨の研究が発表されました。
マウスモデルの実験で、クロルピリホスが褐色脂肪組織でのカロリー消費を遅らせることが明らかになりました。

A commonly-used pesticide could be partially responsible for the global obesity epidemic,

参照元:https://brighterworld.mcmaster.ca/articles/common-pesticide-may-contribute-to-global-obesity-crisis/
– マクマスター大学 McMaster University. AUGUST 27, 2021 –

一般的に使用されている農薬が、世界的な肥満の蔓延に一部関与している可能性があることが、マクマスター大学の科学者を中心とした研究により明らかになりました。

研究者たちは、カナダでは食品への使用が禁止されているが、世界の多くの地域で果物や野菜に広く散布されているクロルピリホスが、マウスの褐色脂肪組織におけるカロリーの燃焼を遅らせることを発見しました。

カロリーの燃焼を抑えることは、食事誘導性熱発生と呼ばれるプロセスで、体は余分なカロリーを蓄え、肥満を促進します。

科学者たちは、一般的に使用されている34種類の農薬や除草剤を褐色脂肪細胞で調べ、高カロリーの食事を与えたマウスでクロルピリホスの影響を検証した結果、この発見をしました。

この研究成果は、Nature Communications誌に掲載され、公衆衛生に重要な影響を与える可能性があります。

マクマスター大学医学部教授で、代謝・肥満・糖尿病研究センターの共同ディレクターである上席著者のグレゴリー・スタインバーグ氏は話します。

「褐色脂肪は、カロリーを蓄えるための通常の脂肪とは異なり、カロリーを燃やす体内の代謝炉です。これにより熱が発生し、カロリーが通常の白色脂肪として体に蓄積されるのを防ぐことができます。褐色脂肪は、寒いときや食事のときに活性化することがわかっています。」

「食事や運動などのライフスタイルを変えても、持続的な体重減少につながることはほとんどありません。クロルピリホスによって代謝機能が本質的に低下していることが問題の一つではないかと考えています。」

スタインバーグ氏は、クロルピリホスが褐色脂肪のエネルギー利用を毎日40キロカロリー阻害するだけで、成人の肥満の引き金になるとし、これは1年で5ポンド余分に体重が増えることになると話します。

同氏によると、クロルピリホスを含むいくつかの環境有害物質が人間や動物の肥満率の上昇に関連しているとされているが、これらの研究のほとんどは、体重増加はカロリーの消費ではなく、食物摂取量の増加によるものだとしています。

カナダでは食品へのクロルピリホスの使用は禁止されていますが、輸入農産物にはクロルピリホスが使用されている可能性があります。

スタインバーグ氏は話します。

「今回の結果はまだヒトでは確認されていませんが、重要なことは、可能な限りカナダの地元産の果物や野菜を摂取し、輸入品を摂取する場合は十分に洗浄することです。」

本研究の外部資金は、カナダ健康研究機構から提供されました。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 脂肪の消費を遅らせる農薬「クロルピリホス」