唾液が手がかり?「赤ちゃんが信頼できる人を探すシグナル」

URLをコピーする
URLをコピーしました!
Pocket

唾液が手がかり?「赤ちゃんが信頼できる人を探すシグナル」

生まれたての赤ちゃんにとって、信頼できる人をいち早く探すのは死活問題です。
では、赤ちゃんはどのようにして信頼できる人を探すのでしょうか?一つの答えは「唾液」にありそうです。

In a new study, the researchers showed that babies expect people who share saliva to come to one another’s aid when one person is in distress, much more so than when people share toys or interact in other ways that do not involve saliva exchange.

参照元:https://news.mit.edu/2022/babies-relationships-saliva-0120
– マサチューセッツ工科大学 Massachusetts Institute of Technology. January 20, 2022

社会的な関係をうまく操ることは、人間社会で生きていくために不可欠なスキルです。

赤ちゃんや幼い子どもにとって、それは自分の世話を頼める人を学ぶことを意味します。

MITの神経科学者たちは、このたび、幼児や赤ん坊でさえも、2人の人間が強い関係を持ち、互いに助け合う義務があるかどうかを判断するのに用いる特定のシグナルを特定しました。

それは、その2人がキスをするか、食べ物を分け合うか、その他唾液の共有を伴う相互作用を行うかどうかというシグナルです。

このたびの研究で、研究者らは、おもちゃを共有したり、唾液の交換を伴わない他の方法で交流したりする場合よりもはるかに、赤ちゃんが、ある人が困っているときに唾液を共有する人々が互いに助けに来てくれると期待することを明らかにしました。

今回の発見は、赤ちゃんがこうした合図をもとに、周囲の誰が最も助けを申し出てくれそうかを判断できることを示唆している、と研究者らは述べています。

MITマクガバン脳研究所に所属する脳・認知科学部門のJohn W. Jarve教授で、この新しい研究の主執筆者のレベッカ・サクセ氏は話します。

「赤ちゃんは、どの人間関係が親密で、道徳的な義務を負うものなのかを事前に知ることはできません。ですから、自分の周りで起こることを見て、それを学ぶ何らかの方法が必要なのです。」

MITのポスドクであるアシュリー・トーマス氏は、本日Science誌に掲載されたこの研究の主執筆者です。

ハーバード大学大学院生のBrandon Woo氏、ニューカッスル大学行動科学教授のDaniel Nettle氏、ハーバード大学心理学教授のElizabeth Spelke氏も、この論文の著者です。

唾液の共有

人間社会では、一般的に「濃い」関係と「薄い」関係を区別しています。

厚い関係とは、通常、家族間に見られるもので、強い愛着、義務、相互反応性を特徴としています。

また、人類学者は、濃厚な関係にある人々は、唾液などの体液を共有することに積極的であることを観察しています。

トーマス氏は話します。

「そのため、乳幼児がそのような人間関係を見分けることができるのか、また、唾液の共有がそれを認識するための良い手がかりになるのかという疑問が生まれました。」

研究チームは、これらの疑問を解決するため、幼児(16ヵ月半から18ヵ月半)と乳児(8ヵ月半から10ヵ月)が人間と人形とのやりとりを見ている様子を観察しました。

最初の実験では、人形が一人の役者とオレンジを分け合い、次に別の役者とボールを投げ合います。

子どもたちはこの最初のやりとりを見た後、パペットが2人の俳優の間に座って苦痛を示したときの子どもたちの反応を観察しました。

研究者らは、霊長類に関する以前の研究から、赤ちゃんは助けてくれると思っている人をまず見るだろうと仮定しました。

この研究では、サルの赤ちゃんが泣くと、群れの他のメンバーがその赤ちゃんの親の方を見ることが示されており、まるで親が介入してくれることを期待しているかのようでした。

しかし、MITの研究チームは、人形が苦しんでいるとき、おもちゃを分け与えた俳優ではなく、食べ物を分け与えた俳優のほうを見る傾向があることを発見しました。

2つ目の実験では、唾液に注目し、指を口に含んで人形の口に入れたり、指を額に置いて人形の額に当てたりしました。

その後、役者が2体の人形の間に立って苦痛を表現すると、ビデオを見ていた子供たちは、唾液を共有した人形のほうを見る傾向が強かった。

社会的手がかり

この結果は、唾液の共有が、乳幼児が自分自身と周囲の人々との社会的関係を学ぶための重要な手がかりになる可能性を示唆している、と研究者は述べています。

トーマス氏は話します。

「社会的関係を学ぶという一般的なスキルは、非常に有用です。この太いか細いかの区別が、特に幼児、特に他の多くの種よりも長い間大人に依存している人間の幼児にとって重要かもしれない理由の一つは、彼らが生き残るために依存しているサポートを、他の誰が提供できるかを見極める良い方法かもしれないからです。」

研究者たちは、Covid-19のロックダウンが始まる少し前に、家族で研究室にやってきた赤ん坊を対象に、最初の研究を行いました。

その後の実験は、ズームを使って行われました。

研究者たちが見た結果は、パンデミックの前も後も同様で、パンデミックに関連する衛生上の懸念が結果に影響を及ぼさなかったことが確認されました。

サックス氏は話します。

「パンデミックがなければ、結果は同じようなものだったでしょう。突然、誰もが衛生について話すようになったとき、子供たちは唾液の共有について全く違った考え方をするようになったのだろうかと思うかもしれません。そのような疑問に対して、パンデミック前に収集した最初のデータセットがあることは非常に有効です。」

ズームで2回目の研究を行うことで、研究者は、被験者が、通常の勤務時間内にケンブリッジの研究所に来れる家族に限定されないので、より多様な子供達をリクルートすることもできました。

研究者らは今後、家族構成が異なる文化圏の乳幼児を対象に、同様の研究を行いたいと考えています。

また、成人の被験者に対しては、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて、唾液による社会的関係の評価に脳のどの部分が関与しているかを調べる予定です。

本研究は、米国国立衛生研究所、Patrick J. McGovern財団、グッゲンハイム財団、社会科学・人文科学研究評議会博士研究員、MITの脳・心・機械センター、シーゲル財団から資金提供を受けています。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 人体・脳 » 唾液が手がかり?「赤ちゃんが信頼できる人を探すシグナル」

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)