約8000年前の完全な状態の子供の埋葬痕跡

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

約8000年前の完全な状態の子供の埋葬痕跡

インドネシアのアロール島、グア・マクパンの洞窟の入り口で、8000年前の完全な子供の埋葬が発見されました。埋葬されていた骨の組成分を調査する事により、当時の人々が摂取していたものなどが明らかになり文化を知る事が出来ます。

“Ochre pigment was applied to the cheeks and forehead and an ochre-coloured cobble stone was placed under the child’s head when they were buried,” she said.”Child burials are very rare and this complete burial is the only one from this time period,” Dr Samper Carro said.”From 3,000 years ago to modern times, we start seeing more child burials and these are very well studied. But, with nothing from the early Holocene period, we just don’t know how people of this era treated their dead children. This find will change that.”

参照元:https://www.anu.edu.au/news/all-news/rare-8000-year-old-child-burial-reveals-secrets-of-the-dead

インドネシアのアロール島、グア・マクパンの洞窟の入り口で、8000年前の完全な子供の埋葬が発見されました。

この地域で唯一の埋葬は完新世中期初期のものであり、当時の埋葬慣行に関する重要な洞察を提供します。

オーストラリア国立大学主任研究員のソフィア・サンパー・カロ博士は、4歳から8歳の子供はある種の儀式で休息したと述べた。

サンパー・カロ博士は説明します。

「頬と額には黄土色の顔料が塗られ、埋葬されたときは黄土色の石畳が子供の頭の下に置かれました。子供の埋葬は非常にまれであり、この完全な埋葬はこの期間からの唯一のものです。」

「3000年前から現代にかけて、子供たちの埋葬が増え始め、これらは非常によく研究されています。しかし、完新世初期から何もなかったので、この時代の人々が死んだ子供たちをどのように扱ったかはわかりませんでした。」

特に、子供の腕と脚の骨は埋葬前に取り除かれ、他の場所に処分されました。

サンパー・カロ博士は続けます。

「長骨の欠如は、ジャワ、ボルネオ、フローレスで同様の時期に他のいくつかの埋葬で記録された慣行ですが、子供の埋葬でそれを見たのはこれが初めてです。なぜ長骨の除去が行われたのかはわかりませんが、それはおそらくこの時期に住んでいた人々の信念体系のいくつかの側面です。」

歯に基づく子供の推定年齢は6歳から8歳の子供に相当しますが、骨格は4歳から5歳の子供の骨格です。

サンパー・カロ博士は説明します。

「この小さな骨格が食事や環境に関係しているのか、それとも島で遺伝的に隔離されているのかを調べるために、さらに古健康調査を行いたい。アローからの私の以前の研究は、大人の頭蓋骨も小さいことを示しました。」

「これらの狩猟採集民は主に海洋食を食べており、単一の食物源からのタンパク質飽和が栄養不良の症状を引き起こし、成長に影響を与える可能性があることを示唆する証拠があります。塊茎のような他の陸生資源を食べていた可能性があります。」

「同じ時期に発見した他の成人の埋葬を将来のプロジェクトでこの子供の埋葬と比較することにより、12、000年から7、000年前のこの地域の埋葬慣行の年表と概観を構築したいと考えています。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » 約8000年前の完全な状態の子供の埋葬痕跡

N E W S & P O P U L A R最 新 記 事 & 人 気 記 事

H A P P I N E S S幸 福

M E A L食 事

B R A I N

H E A L T H健 康

人気 (❁´ω`❁)