ユーラシア大陸の遊牧民のゲノムを調査した結果、解った事と増えた疑問

URLをコピーする
URLをコピーしました!

新着記事

Pocket

日本国の高校の学習指導要領で学ぶ世界史だと、ユーラシア大陸にあった遊牧民の話題はあまりにも少ないです。

原因はモンゴル帝国以前の遊牧民の遺伝子情報がほぼ途絶えている事にあります。

そんな中判明したのは、彼ら遊牧民はものすごく機動性が激しい民族だという事と、その機動性が由来してたくさんの人種が混合している集団で暮らしていたこと。

マックスプランク人類史科学研究所の研究者たちのエキサイティングな研究結果をご紹介します。

From the late Bronze Age until the Middle Ages, the eastern Eurasian Steppe was home to a series of organized and highly influential nomadic empires. The Xiongnu (209 BCE – 98 CE) and Mongol (1206-1368 CE) empires that bookend this period had especially large impacts on the demographics and geopolitics of Eurasia, but due to a lack of large-scale genetic studies, the origins, interactions, and relationships of the people who formed these states remains largely unknown.

参照元:https://www.shh.mpg.de/1901683/genetic-history-of-mongolia

マックスプランク人類史科学研究所の研究者たちは、ユーラシアステップ東部の歴史的帝国の形成を取り巻く遺伝的、社会政治的、文化的変化を理解しようとしています。

この研究では、6、000年にわたる214人の古代人のゲノム全体のデータを分析し、匈奴(きょうど)とモンゴルの遊牧民帝国の台頭に先立つ遺伝的および文化的変化について論じています。

青銅器時代後期から中世まで、ユーラシアステップ東部には一連の組織化された非常に影響力のある遊牧国家がありました。

この期間をブックエンドした匈奴(西暦前209年-西暦98年)とモンゴル(西暦916年-1125年)の帝国は、ユーラシアの人口統計学と地政学に特に大きな影響を及ぼしました。

が、大規模な遺伝学的研究が不足しているため、起源は相互作用、およびこれらの状態を形成した人々の関係はほとんど不明のままです。

ステップの歴史的帝国を生み出した人口動態を理解するために、マックスプランク人類歴史科学研究所(MPI-SHH)、モンゴル国立大学、およびモンゴル、ロシア、韓国、米国のパートナー機関の研究者州は、85のモンゴルと3つのロシアのサイトから214人の個人のゲノム全体のデータを生成して分析しました。

紀元前4600年から西暦1400年までの期間にわたって、古代オリエントおよびインナーアジアのゲノムに関するこれまでで最大の研究の1つです。

完新世中期、ユーラシアステップ東部には古代北東アジア(ANA)と古代北ユーラシア(ANE)の祖先の狩猟採集民が住んでいましたが、紀元前3000年頃、アファナシェヴォ文化の拡大を通じて酪農牧畜が導入されました。

アルタイ山脈は、その起源を西に3,000km以上離れた黒海地方のヤムナヤステップ遊牧民にまでさかのぼることができます。

これらの移民はほとんど遺伝的影響を残しませんでしたが、彼らは特大の文化的影響を及ぼし、中期から後期の青銅器時代までに、乳製品の牧畜は東部ステップ全体の人々によって実践されました。

青銅器時代後期と鉄器時代初期には、モンゴル西部、北部、中南部の人口が、地理的に構造化された3つの異なる遺伝子プールを形成しました。

これらの人口は、おそらく乗馬の台頭によって促進された移動性の増加がこの構造を破壊し始めるまで、千年以上の間離散したままでした。

アジアで最初の遊牧国家であるモンゴル中北部での匈奴の形成は、この人口混合と、黒海から中国に至るユーラシア大陸全体からの新しい遺伝子プールの流入と同時に起こっています。

この研究の筆頭著者であり、ソウル国立大学の生物科学教授であるチョンウォン・ジョン博士は話します。

「単純な遺伝的交代や交代ではなく、匈奴の台頭は、何千年もの間遺伝的に分離されていた別個の集団の突然の混合に関連しています。その結果、モンゴルの匈奴は、多くを反映する壮大なレベルの遺伝的多様性を示しています。」

千年後、歴史上最大の隣接帝国の1つであるモンゴル帝国の個人は、匈奴、チュルク、ウイグルの初期の個人と比較して、東ユーラシアの祖先の著しい増加を示し、古代北ユーラシアの匈奴帝国以前から存在していた祖先はほぼ完全に失われました。

政治的構造に対する遺伝的事象の影響に加えて、研究者たちはまた、遺伝学と生存戦略との関係を調査しました。

この地域での5、000年以上の乳製品牧畜と、今日の平均的なモンゴルの食事における乳製品の継続的な摂取にもかかわらず、研究者は、乳糖消化を可能にする遺伝形質であるラクターゼ持続性の選択の証拠を発見しませんでした。

この研究の上級著者であり、ハーバード大学の人類学教授であり、MPI-SHHの研究グループリーダーであるクリスティーナワリナー博士は説明します。

「現在および過去の両方でモンゴルの人口にラクターゼ持続性がないことは、乳糖不耐症の現在の医療モデルに挑戦し、乳糖不耐症のはるかに複雑な先史時代を示唆しています。」

研究の共同主任著者であり、国立大学の人類学と考古学の教授であるエルデン・ミャグマー博士は補足します。

「モンゴルの6、000年の遺伝史を再構築することは、この地域の考古学の理解に変革をもたらしました。長年の質問に答えると同時に、新しい質問を生み出し、いくつかの驚きを明らかにしました。この研究がアジアの遊牧民帝国の台頭における祖先、文化、技術、政治の間の豊かで複雑な関係に関する将来の研究に活力を与えます。」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

是非、最新の科学情報を知って頂きたいので シェアをお願いします^^
URLをコピーする
URLをコピーしました!
ホーム » 考古学 » ユーラシア大陸の遊牧民のゲノムを調査した結果、解った事と増えた疑問